イギリス伝統料理サンデーローストが10ポンド前後!ロンドン市内の厳選3軒

イギリス伝統料理サンデーローストが10ポンド前後!ロンドン市内の厳選3軒

日曜日にイギリスに滞在している方はラッキー! なぜって、イギリス名物「サンデーロースト」が召し上がれるからです。ローストビーフやローストチキンなど、お好きなものをリーズナブルにお楽しみください。

サンデーローストとは? イギリス人にとって特別な料理なの?

サンデーローストとは

イギリス人が「大好き!」と口を揃えるのがサンデーロースト。鶏や牛、豚、羊など、何らかのお肉をローストしたもの。日本で人気のイギリス料理「ローストビーフ」は、このサンデーローストのうちのビーフ版を指します。付け合わせとして、ローストしたじゃがいもやにんじん、ブロッコリーなどの各種野菜がワンプレートに盛られています。さらにヨークシャープディングと呼ばれる甘くないパイが付くことが多く、全体にグレイビー(肉汁から作られたソース)がかけられます。最近ではベジタリアン向けに、お肉を使わずに構成されたヘルシーなサンデーローストもお目見え。

子ども時代から家族で楽しんできたこの料理はあたたかい記憶に包まれ、イギリス人の心の中でも特別な位置を占めています。イギリス人にとって家族で過ごす特別な日であるクリスマスのご馳走も、まさにこのサンデーローストと同じようなロースト料理。ただし、クリスマスには主にターキー(七面鳥)が使われます。「イギリスでサンデーローストを食べたよ。おいしかった!」と言えば、喜ばないイギリス人はいないでしょう。

サンデーローストはいつ、どこで食べられる?

サンデーローストはいつ、どこで食べられる

伝統的には日曜日のお昼に家庭で食べるものでしたが、今では日曜日になるとレストランやパブでもサンデーローストに出会えます。メニューには「サンデーランチ」「サンデーディナー」と表記されていることも。日曜日以外でも提供しているお店もありますが、数は多くありません。

郊外や地方では10ポンド(約1,500円)ほどで食べられることが多いメニューですが、物価の高いロンドン中心部では、高級レストランでサンデーローストを注文すると30~50ポンド(約4,400~7,300円)します。そういったお店では目の前でお肉を切ってくれたり火の通り具合が絶妙だったりしてたしかに豪華なのですが、今回は「サンデーローストを気軽な値段で試してみたい」という方向けに、10ポンド前後でリーズナブルに楽しめる3軒をご紹介。どこも立地が便利で、もちろん味もお墨付き! 1人でもふらっと気軽に寄れるお店ばかりです。 日曜日にロンドンにおいでの方はぜひお試しください!

1.女性1人でも入りやすいパブ「クラウン&アンカー」で大満足のローストチキン

① 女性1人でも入りやすいパブ「クラウン&アンカー」

ユーストン駅のちょっと裏手に位置しているため、観光客であふれかえることのない貴重なパブです。丁寧に調理された料理のおいしさと気持ちよいサービスでリピーターが多数。

① 女性1人でも入りやすいパブ「クラウン&アンカー」

パブでありながら、昼間なら女性1人でも入りやすい雰囲気も嬉しいところです。
開放的なテラス席のほか、店内には大小のテーブルが並びます。店の奥の方には暖炉や、モダンなデザインを施したパネルなどがあるので、ぜひぐるっと歩いてみてください。

① 女性1人でも入りやすいパブ「クラウン&アンカー」

ココが魅力
・開放的な店内で、気持ちよいサービスが受けられる
・ランチなら女性1人でもOKな雰囲気
・ボリュームたっぷりで付け合わせも多種類

ローストチキンはリーズナブルな値段ながら、運ばれてきた途端に「わぁ!」と声が出るボリューム。味もとても良く、柔らかくてジューシーなお肉にうっとりしてしまいます。ポットでついてくるグレイビーをたっぷりとかけてお召し上がりください。

ここのサンデーローストの魅力は付け合わせの種類が多く、1つ1つがおいしく丁寧に作られていること。ヨークシャープディングに、ピッグズ・イン・ブランケット(毛布の中の豚)と呼ばれるソーセージのベーコン巻き、ジンジャーブレッドやベーコンなどを使ったお団子、じゃがいもやにんじん、パースニップ(セリ科の根菜)のロースト、蒸し煮にした赤キャベツ、写真では隠れていますがグリーンピースも。「これぞイギリス料理!」と言いたくなる、家庭的なおいしさがこの1皿に凝縮されています。

ローストポーク(13.75ポンド)、ローストビーフ(15.75ポンド)、ベジタリアン向けのサンデーロースト(13.25ポンド)もありますので、お好みでお選びください。

クラウン&アンカー

クラウン&アンカー(The Crown & Anchor)
公式サイト(英語):https://www.thecrownandanchornw1.co.uk/
営業時間:月曜~土曜12:00~23:00、日曜12:00~22:00
電話番号:020 7383 2681
住所:137 Drummond Street, London, Greater London, NW1 2HL
最寄り駅:ユーストン駅
価格:ローストチキン13.75ポンド、フィーバーツリー・エルダーフラワー・トニックウォーター1.90ポンド

2.駅近のパブ「ヴィクトリア」でローストビーフを気軽に楽しんで

駅近のパブ「ヴィクトリア」でローストビーフを気軽に楽しんで

ターミナル駅であるヴィクトリア駅のすぐ近くという絶好のロケーション。店内は広々としており、観光客よりも地元っ子が多いため、とても落ち着いた雰囲気で飲食が楽しめます。開いているお好きな席を選んで、テーブル番号を確認。バーカウンターで注文と支払いをし、テーブル番号を告げましょう。
必見は、写真と共に壁にかけられたイギリス王室の家系図。

イギリス王室の家系図

取材時にはシャーロット王女とメーガン妃の写真はまだ入っていませんでした。のんびりなお国柄のイギリスらしいかも!? この2人の写真が仲間入りしているか、ぜひ確かめに行ってくださいね。

ヴィクトリア(The Victoria)

ココが魅力
・地元っ子も多く通う、ゆったりとした雰囲気のパブ
・リーズナブルな値段でローストビーフが注文できる
・サンデーローストにしては程よいボリューム(とは言え十分な量!)

ここのサンデーローストの魅力は、なんと言ってもローストビーフが手ごろな値段で楽しめること。ローストチキン(12.99ポンド)の他、ローストチキンとビーフの両方が載ったメニュー(14.99ポンド)や、ベジタリアン向けのサンデーロースト(12.49ポンド)も選べます。

うっすらとピンクを残して調理されたローストビーフにはホースラディッシュの辛みがとてもよく合います。グレイビーソースと絡めて食べれば、思わず笑顔になるおいしさ。付け合わせは人気のものをしっかり押さえ、ヨークシャープディングとローストポテト、にんじん、ブロッコリー、カリフラワーとまさに王道、定番のローストビーフです。

ヴィクトリア(The Victoria)

ヴィクトリア(The Victoria)
公式サイト(英語):https://www.greeneking-pubs.co.uk/pubs/greater-london/victoria/
営業時間:毎日10:00~20:30
電話番号:020 7730 8069
住所:1 Lower Belgrave Street, Victoria, SW1W 0NR
最寄り駅:ビクトリア駅
価格:ローストビーフ13.99ポンド、ダルストンズ・チェリーエイド3.35ポンド

3.10ポンド以下!地下の荘厳な「カフェ・イン・ザ・クリプト」で味わうロースト・ガモン

③ 10ポンド以下!地下の荘厳な「カフェ・イン・ザ・クリプト」で味わうロースト・ガモン

ナショナル・ギャラリーのすぐ横にあるセント・マーティン・イン・ザ・フィールズ教会。その左横に地下の「クリプト」へ向かう階段とエレベーターがあります。ここは、ロンドンっ子の多くが知っている穴場スポット。セルフサービス形式のレストランがあり、食事やケーキ&紅茶が気軽な値段で楽しめます。クリプトとは地下聖堂のことで、聖人や殉教者の遺骨が納められる場所。

カフェ・イン・ザ・クリプト(Café in the Crypt)

床には亡くなった人々の名前が刻まれ、天井はレンガ造りで雰囲気たっぷり。そんな秘密めいたところで食事をするのは、まさにロンドンらしい風変わりな体験。

カフェ・イン・ザ・クリプト(Café in the Crypt)

ココが魅力
・セルフサービス形式なので1人でも利用しやすい
・待ち時間がないのでさっと食べたいときも◎
・サンデーローストとしては群を抜いた安さ!

“抜群の立地”“セルフならではの気軽さ”“驚きの安さ”と三拍子そろい、ここのサンデーローストは個人的なイチオシ! 注意点としては、非常に人気があるため、早めに行くこと。サンデーローストの提供は日曜12時から。午後2~3時を過ぎると売り切れになることがよくありますのでご注意ください。

塩漬けして熟成させた豚肉であるガモンがたっぷり! ガモンはかなりしょっぱめですが、噛みしめるほどにあふれる旨みに驚かれるはず。バランスを取るため、付け合わせ野菜にはほとんど味がついていません。付け合わせは季節によって変わりますが、ローストポテトは定番。この日はブロッコリーと、にんじんとパースニップのマッシュがつきました。ちなみにベジタリアン向けのサンデーロースト(8.95ポンド)もあります。

カフェ・イン・ザ・クリプト(Café in the Crypt)

カフェ・イン・ザ・クリプト(Café in the Crypt)
公式サイト(英語):https://www.stmartin-in-the-fields.org/visit/cafe-in-the-crypt/
営業時間:月曜・火曜10:00~20:00、水曜10:00~22:30、木曜~土曜10:00~21:00、日曜11:00~18:00
電話番号:020 7766 1158
住所:Trafalgar Square, London WC2N 4JH
最寄り駅:チャリング・クロス駅
価格:サンデーロースト9.95ポンド、ハートリッジ・クランベリージュース2.95ポンド

いかがでしたか? イギリスでは日曜日にはミュージアムやショップは時短営業のところが多く、「することがない!」とおっしゃる方もいるのですが、「サンデーローストが食べられる!」という特別なお楽しみの日でもあります。ぜひ思い出づくりに、ボリュームたっぷりの一皿をお召し上がりください。この国民食を体験されれば、イギリスという国にさらに愛着が感じられるはずです。

ロンドンのホテルを探すロンドンへの航空券を探すロンドン旅行・ツアーを検索