2015年2月17日は、ロンドンのパンケーキの日!

2015年2月17日(火)はロンドンの「シュローブ・チューズデイ」、別名「パンケーキの日」。シュローブ・チューズデイとは、キリスト教の「告解の火曜日」で、イギリスやアイルランドではパンケーキを食べる習慣がある。

そんなパンケーキの日にちなんで、ロンドン各地では、片手にフライパンを持ち、パンケーキをひっくり返しながら走るという「パンケーキレース」が行われる。中でも有名なのが、ロンドンから約2時間の場所にあるバッキンガムシャー、オルニー村で開催されるパンケーキレース。こちらは、なんと1445年から行われている伝統行事。コースは415ヤード(380メートル)で、エプロンとスカーフを身につけた村の女性住民が参加する。短時間のレースでありながら、15世紀から続いている歴史あるイベントだけに、レース当日にはイギリス各地からわざわざ足を運ぶ人も少なくない。

勿論、このようなパンケーキレースに参加できなくても、せっかくのパンケーキの日なので、ロンドンに旅行中の方はぜひパンケーキが美味しいと言われているお店を訪ねてみてはいかがだろうか。お勧めは、コヴェントガーデン駅近くにある「The Delaunay」、ガレット風のパンケーキを始め、塩キャラメルとバニラアイスのパンケーキやイチゴ、マスカルポーネ、バルサミコのパンケーキなどが楽しめるショーディッチの「Shutterbug Creperie& Bar」、ロンドンブリッジ店など数店舗を構える「The Breakfast Club」、オックスフォードサーカス駅から徒歩数分の「Riding House Café」など。メニューの詳細などは各レストランのウェブサイトにてご確認を。