旅の途中でのんびり散歩。緑の街イギリス、ロンドンのパーク大特集!!

旅の途中でのんびり散歩。緑の街イギリス、ロンドンのパーク大特集!!

イギリスの首都ロンドンは、大都市でありながら非常に緑が多いことで有名。王立公園をはじめ沢山の美しく大きな公園が町中あちこちに点在します。大都会の忙しさとは反対に、ロンドンの自然豊かな公園は、静かで旅の癒しに最適の隠れたスポットです。大英博物館やタワーブリッジなど見所いっぱいのロンドンですが、イギリスに訪れた際には絶対に見逃してほしくない、おすすめのロンドンのパークをご紹介します。

イギリス式自然の魅力

12-22_photo2
まず、その美しい木々や、自然の景観美を追求したイギリス式庭園の広大な風景に、誰もが魅了されること間違いありません。日本とは違ったイギリス風の四季折々の絶景も楽しめます。春にはイギリスらしい上品な色の、可愛い花壇が並び、夏にはきれいに手入れされた柔らかい芝生がみずみずしく茂ります。秋には大きな落ち葉が印象的なイギリス式紅葉が必見です。野生のリスとたわむれることもできます。

また冬には霧が、大きく大胆な木々のシルエットを包み込む光景が幻想的。まるで、ファンタジーの世界へ訪れたかのような気分にさせてくれるでしょう。

大都会の中にあるオアシス

12-22_photo3
ロンドン市内全体には、多くの美しい公園が限りなくあります。ロンドンの中心部だけで3つ。いくつかは全部を歩くのに1日はかかるほどの広さを持ちます。ほとんどの公園は無料で開放されています

ハイド・パーク(Hyde Park)

中心部で一番大きなハイドパークは、ロンドンに8つ存在する王立公園の1つ。1851年、世界初の万国博覧会であるロンドン万博の会場となり、1969年7月にはローリング・ストーンズのギタリストリーダーであったブライアン・ジョーンズの追悼コンサートがここで開かれています。ロバート・ルイス・スティーヴンソンの小説『ジキル博士とハイド氏』のなかで、ハイドが死を迎えた公園でもあります。ロンドンの中心街から歩いて行くことができるので訪れるのも簡単。

ハムステッド・ヒース(Hampstead Heath)

ロンドン北部に位置するロンドン最大の自然公園。320ヘクタールの広大な広さを持ちます。ロマン主義の画家ターナーも風景画を描いたと言われる、手つかずの自然風景と丘からの眺めは言葉を失うほど美しい絶景です。壮大な森の中を散歩し、1日中のんびり過ごすのも新鮮かも。カール・マルクスの墓で有名なハイゲイト墓地もこのハムステッド・ヒース近辺の名所です。

キューガーデンズ(Kew Gardens)

ユネスコ世界遺産にも登録されている王立植物公園。世界で最も多くのコレクションを有していることで知られています。ヴィクトリア時代に建てられたガラス張りの温室は当時の豪華さを象徴。日本庭園や十重の中国風パゴダなども見られます。入場料15ポンド。

忙しいときこそリラックス

予定でいっぱいの海外旅行。時にはその厳密なスケジュールにストレスを抱えてしまうことも。特にロンドンのような大都市では、その人ごみだけでも随分圧倒されてしまいます。ロンドンのパークは、そんな旅行者の憩いの場でもあるのです。古い町並みとモダンなビルの真ん中に突如現れる大自然。ロンドンの公園は、ストレスの多い現代人の緊張感をリラックスさせる癒しの空間です。
12-22_photo4

ロンドン流リラックス法

  1. 芝生に思い切って寝転がる(汚れても良い服を着るか、ピクニックマットのような物を用意)
  2. ヨガまたは瞑想
  3. 深呼吸(車の通りが見えなくなる場所ですると、効果的)

一見どこでもできそうなことですが、大都会の真ん中では忘れがちなこと。自然に囲まれるとその効果も倍になります。自然のエネルギーからの充電は、あなたの旅をより充実したものにしてくれることでしょう。旅の途中に一息いれて、パークでゆっくりした静かな時間を過ごしませんか? 「ロンドンの癒し」体験ができます。

 

ロンドンのホテルを探す

ロンドンへの航空券を探す

ロンドン旅行・ツアーを検索

photos by Momoko Nishizono