海外に来たら、まずはローカルグルメを試したいですよね?ロンドンを訪れる方は、100年以上も現地の人たちに愛されてきた、アツアツでおいしく、ボリュームたっぷりのパイ&マッシュをどうぞお試しください!カジュアルなB級グルメなので、お1人でも気軽にお楽しみいただけます。

パイ&マッシュとは?パイの中には何が入っているの?

パイ&マッシュ

「イギリス料理ってフィッシュ&チップスとローストビーフくらいしかないんでしょ?」そんな風に思われがちですが、実はとってもバラエティ豊か。今回ご紹介するのは、その中でも個人的な好物であるパイ&マッシュ(Pie and Mash)。ロンドン生まれの安くておいしいB級グルメです。

卓上のモルトビネガーや塩、コショウ

パイ&マッシュは、サクサクのパイ生地の中に具が詰められて焼かれた甘くないパイにマッシュポテトを添えたもの。伝統的なリカーというパセリを使った緑色のソース、またはグレイビーという肉汁を使った茶色いソースをお好みでかけていただきます。さらに卓上のモルトビネガーや塩を振って食べる人も。

パイの中身

パイの中身はお店や季節によってさまざまですが、定番は牛ひき肉や、ステーク&キドニー(ステーキ肉を細かくしたものと腎臓)、チキン&マッシュルームなど。最近ではベジタリアン向けのきのこパイなどもよく見かけます。

パイ&マッシュの歴史とは?現在はどこで食べられる?

パイ&マッシュのレストラン

パイ&マッシュは19世紀にロンドンで誕生しました。甘くない食事用のパイそのものはそれ以前からイギリスに存在しましたが、たっぷりのマッシュポテトを添え、「簡単、おいしい、おなかがいっぱいになる」と三拍子そろったパイ&マッシュは、ロンドンの労働者階級の間でアッという間に人気を集めたのです。今でもパイ&マッシュはロンドンの誇るグルメとして地元っ子たちに愛されています。

レストランやパブで食べられるパイ&マッシュ

パイ&マッシュは、現在では数多くのレストランやパブで提供されており、中にはこだわりのお肉などを使った20ポンド前後の高級パイも。そういったパイも本当においしいのですが、今回はこの料理の歴史を尊重して、庶民価格の10ポンド(約1,500円)以下のパイ&マッシュに絞ってご紹介します。また、伝統的なパイ&マッシュ店は中心地から外れたロンドン東部や南部に多いのですが、今回は観光のついでに立ち寄りやすい老舗2軒(①②)と、ロンドン中心部に位置する人気店3軒(③④⑤)を選びました。気になるお店を訪れて、アツアツのパイと滑らかなマッシュポテトをぜひご賞味ください!

①100年以上も地元っ子たちに愛され続けてきたM.マンゼ

M.マンゼ

ココが魅力!
・ロンドンの中でも老舗中の老舗のパイ&マッシュ店
・素朴であたたかなサービス
・中心地のお洒落な雰囲気とは違う、ロンドンの下町の顔が垣間見られる

M.マンゼの店内

1892年に創業したM.マンゼは、ロンドンの庶民的なパイ&マッシュをそのまま今日まで伝えています。数店舗ありますが、今回はタワー・ブリッジから徒歩15分ほどのお店をご紹介します。

店内は非常に庶民的で簡易食堂のような雰囲気。カウンターで注文をし、その場で支払いと受け取りを行います(飲み物はテーブルまで運んできてくれます)。有名店のため常に混み合い、カウンターの女性たちも目まぐるしく働きながらもあたたかに接してくれます。1つ1つのテーブルが大きいため、混んでいるときには相席に。ここでは地元のガテン系の若い男性などももりもりとパイ&マッシュを食べており、その食べっぷりに圧倒されてしまうかも!

M.マンゼのパイ&マッシュ

パイはロンドンを代表する平たい形をしたもので、中には挽き肉が入っており、上からリカーをなみなみとかけてくれます。労働者に愛されてきたパイ&マッシュだけあってかなりのボリュームがあるので、ぜひおなかを空かせてどうぞ!

M.マンゼ(M.MANZE)
公式サイト(英語):http://www.manze.co.uk/
営業時間:月曜11:00~14:00、火曜~木曜10:30~14:00、金曜10:00~14:30、土曜10:00~14:45
定休日:日曜、祝日
電話番号:020 7407 2985
住所:87 Tower Bridge Road, London SE1 4TW
価格:1パイ&1マッシュ4.30ポンド+紅茶(マグ)0.90ポンド
最寄り駅:バラ駅(Borough Station)またはロンドン・ブリッジ駅(London Bridge Station)

②1890年創業のゴダーズ・アット・グリニッジで絶品&激安のパイを

ゴダーズ・アット・グリニッジ

ココが魅力!
・伝統的なパイ&マッシュ店の雰囲気が満喫できる
・パイ&マッシュが紅茶付きで4.90ポンドという驚きの安さ
・グリニッジ観光の中心地にあり、立ち寄りやすい

ゴダーズ・アット・グリニッジの店内

グリニッジに位置するゴダーズは、外観も店内もお洒落で清潔で、女性にもおすすめ。観光のついでに1人でふらっと立ち寄るのにもちょうど良い雰囲気です。こちらも注文と支払いはカウンターで行います。

ゴダーズ・アット・グリニッジのパイ&マッシュ

こちらもパイは平たいタイプですが、かなりの大型。驚きなのはこのパイ&マッシュと紅茶のセットがわずか4.90ポンド(約730円)であるという点。ロンドンでの食事としては破格の安さです。パイの中身は伝統的な牛挽き肉の他、唐辛子を加えた牛挽き肉、ビーフ&ベジタブル、チェダーチーズ&オニオン、ベジタリアン対応の大豆&オニオンから選べます。かけるソースも、リカーとグレイビーからお好みで選択が可能。

しかも味も良く、「ここのパイ&マッシュが一番好き」というロンドンっ子も多数。ボリュームは多すぎず、女性でも食べきれる量。紅茶もしっかりとした味で美味です。おなかに余裕のある方はフルーツパイなどのデザート系パイもお試しください。

ゴダーズ・アット・グリニッジ(Goddards at Greenich)
公式サイト(英語):http://www.goddardsatgreenwich.co.uk/
営業時間: 10:00~19:30(金曜・土曜~20:00)
定休日:なし
電話番号:020 8305 9612
住所:22 King William Walk Greenwich, London SE10 9HU
価格:パイ&マッシュと紅茶のセット4.90ポンド
最寄り駅:カティー・サークDLR駅(Cutty Sark DLR Station)

③マザー・マッシュではマッシュもグレイビーも多種類から選べる!

マザー・マッシュ

ココが魅力!
・パイもマッシュも好きなものが選べる
・おしゃれな雰囲気の店内
・リバティ・ロンドンやピカデリー・サーカスから近い

マザー・マッシュの店内

リバティ・ロンドンのすぐ近くの瀟洒なエリアに位置するとあって、店内はレストラン形式。注文もテーブルまで取りに来てくれて、天気の良い日にはテラス席も利用できます。

マザー・マッシュのパイ&マッシュ

このお店ではマッシュとパイ、グレイビーをすべて選択できます(ちなみにパイではなくソーセージにすることも可能)。マッシュはプレーンなクラシックの他、チーズ入り、チーズ&マスタード入り、アイルランド風(チャンプ Champ:と呼ばれていて、牛乳とバター、ねぎが入っています)など全8種類。パイはステーキ肉、チキン&リーク&ベーコン、伝統的な牛挽き肉、地中海風ロースト野菜など全6種類。グレイビーは伝統的なグレイビーの他、リカー、オニオン入り、赤ワインやベーコンを使ったものなど全5種類。クラシックな組み合わせにするも冒険してみるも、お好み次第。

個人的なおすすめは、スイートポテト(さつまいも)のマッシュと、ステーキ肉のパイ、赤ワインやベーコンを使った農夫風のグレイビーの組み合わせです。豊かな旨みがいつまでも記憶に残るはず。

マザー・マッシュ(Mother Mash)
公式サイト(英語):http://www.mothermash.co.uk/
営業時間:8:30~22:00
定休日:なし
電話番号:020 7494 9644
住所:26 Ganton Street, London W1F 7QZ
価格:マッシュ&パイ&グレイビーが選べるマッシュ・ヘヴン(Mash Heaven)9.95ポンド
最寄り駅:オックスフォード・サーカス駅(Oxford Circus Station)

④個人的な一押し、ベジタリアンパイも美味なパイミニスター

パイミニスター

ココが魅力!
・しっかりしたグレイビーが添えられた、定評あるおいしさのパイ
・ベジタリアンパイやグルテンフリーパイなど、バラエティ豊か
・テムズ川沿いにあり、サウスバンクの散策中に立ち寄れる

パイミニスターの店内

個人的に気に入って何度もリピートしているのがこのパイミニスター。イギリス各地に12店舗を有し、パイがスーパーでも販売されている人気のパイ&マッシュ店です。ロンドン市内には2ヵ所ありますが、営業時間が長いこのガブリエルズ・ワーフ店がおすすめ。カジュアルなショップながら、近隣で働くビジネスパーソンや地元っ子がひっきりなしに訪れ、いつも賑わっています。テーブルにも注文を取りに来てくれますが、カウンターで注文した方が早いです。

パイミニスターのパイ&マッシュ

パイの名前がとてもユニークで、ステーキ肉とチョリソーのパイはマタドール(Matador)、山羊のチーズとさつまいものパイはハイジ(Heidi)など。ベジタリアン向けのパイやグルテンフリーのパイなどもあるので、食事制限のある人も利用できます。おすすめはステーキ肉とキドニーのケイト&シドニー(Kate & Sidney)とほうれん草やマンゴーなどが入ったインド風のサグ・パイニール(Saag Pie-neer)。なめらかなマッシュポテトと言い、文句のつけようがないおいしさ!

パイミニスター(Pieminister)
公式サイト(英語):http://www.pieminister.co.uk/
営業時間:10:30~19:00(土曜~20:00、日曜~17:00)
定休日:なし
電話番号:020 7928 5755
住所:Gabriel’s Wharf, 56 Upper Ground, London, SE1 9PP
価格:パイ&1サイド7.00ポンド
最寄り駅:チャンスリー・レーン駅(Chancery Lane Station)

⑤抜群の立地!コヴェント・ガーデン内のバタシー・パイ・ステーション

バタシー・パイ・ステーション

ココが魅力!
・ミニパイや日替わりパイがある
・カジュアルな雰囲気で入りやすい
・ミュージカルの前後にさっと食べるのにも便利な立地

バタシー・パイ・ステーションの店内

ロケーションの面では最強とも言えるパイ&マッシュの店。コヴェント・ガーデンというお洒落なスポットにありながら、どこか庶民的な雰囲気の漂う店内にも好感がもてます。店内にはテーブル席、カウンター席、外には小さなテラスも。注文と支払いをカウンターで済ませると、テーブルまで運んで来てくれます。

バタシー・パイ・ステーションのパイ&マッシュ

あたたかい普通サイズのパイの他に、おやつにちょうど良いサイズのミニパイや、冷たいポークパイなど、幅広いチョイス。さらには日替わりのパイもあり、どれにするか迷ってしまうかも。グレイビーは別添えで出てくるため、自分で好きな量をかけられるのも嬉しいところ。ちなみにテイクアウトにすることもできるため(イートインよりも安い)、天気の良い日にはテイクアウトにして外で食べるのも良いでしょう。

バタシー・パイ・ステーション(Battersea Pie Station)
公式サイト(英語):https://www.batterseapiestation.co.uk/
営業時間:月曜~金曜11:00~19:30、土曜10:00~20:00、日曜11:00~19:00
定休日:なし
電話番号:020 7240 9566
住所:28 The Market, Lower Ground Floor, Covent Garden London WC2E 8RA
価格:ホットパイ各種6ポンド+マッシュポテト3ポンド
最寄り駅:コヴェント・ガーデン駅(Covent Garden Station)

いかがでしたでしょうか?パイ&マッシュは素朴な見た目ながら、一度食べるとやみつきになる魅力があります。召し上がってハマった方は、ぜひ数店で食べ比べてみてください。自分がどのタイプのパイ&マッシュがお好きか、きっと気づかれることと思います。

ロンドンのホテルを探す

ロンドンへの航空券を探す

ロンドン旅行・ツアーを検索

Cover photo by VisitBritain