日曜限定のおいしいイギリス料理、サンデー・ローストを食べに行こう!

日曜限定のおいしいイギリス料理、サンデー・ローストを食べに行こう!

イギリスの伝統料理、サンデー・ローストってご存じですか?

サンデー・ローストとは、日曜日にだけ食べることができるイギリス伝統料理のひとつ。ローストする肉もビーフ、ポーク、チキン、ラム(羊肉)など、いろいろな種類から選ぶことができます。日曜日のランチまたはディナーとして、イギリスでは定番の食事です。

サンデー・ローストは隠れたおいしいイギリス料理。そのおいしさの魅力をお届けします。

日曜日にだけ食べられる、サンデー・ロースト

とにかくでかい、サンデー・ロースト

日曜日にだけ食べられる、サンデー・ロースト
photo by James Whatley

イギリスの日曜日にサンデー・ローストは欠かせません。イギリスの伝統的なパブやレストランは、日曜日だけ通常メニューのほかに、特別メニューとしてこのサンデー・ローストを提供します。

サンデー・ローストの魅力は、まずそのサイズです。ローストした肉はとにかく大きく、ジャガイモ、ヨークシャー・プディング、ファルス、野菜などの付け合わせもまたボリューミー。日曜日に、おなかいっぱい食べられる伝統料理です。

サンデー・ローストはどこで食べられる?

サンデー・ローストはどこで食べられる?
photo by Ewan Munro

イギリスの伝統料理を味わってみたい人におすすめのスポットは「パブ」。

通常、どこのパブも日曜日にサンデー・ローストを提供しています。サンデー・ローストはイギリス人にとって日曜日の定番メニューなため、パブ以外のレストランでもサンデー・ローストを楽しむことは可能です。しかし、レストランの質によっては値段がパブより若干高いお店もあるので、前もって値段をチェックして行くことをおすすめします。サンデー・ローストの平均価格は、12〜40ポンド程度です。

ローストしてもらう肉を選ぼう!

ローストしてもらう肉を選ぼう!
photo by Marjan Lazarevski

サンデー・ローストの魅力は、ローストしてもらう肉が選べることです。ローストとは、じっくり時間をかけオーブンで焼く調理法のひとつ。サンデー・ローストのおいしさの秘密は、この丁寧な焼き方にあるといっても過言ではありません。

濃厚な味わいが好きならビーフ!

イギリス伝統料理のロースト・ビーフとは、このサンデー・ローストのこと。ローズマリーなど香りのよいハーブの風味と、絶妙な焼き加減がジューシーな肉のうまみを引き立てます。ビーフに添えるグレイビーソースは特に濃厚です。

意外においしい、アップルソースとポークの組み合わせ

サンデー・ローストでポークを選べば、グレイビーソースのほか、アップルソースがついてきます。日本人的な味の感覚ではちょっとびっくりする組み合わせ。でも、甘酸っぱいアップルソースの香りと味は、意外とロースト・ポークによく合います。

おなかがすいているならチキンを選ぼう

サンデー・ローストのチキンは最もボリュームがあります。小さい鶏ならまるごと、大きい鶏なら鶏半分がそのままテーブルに現れます。おなかがすいている人におすすめです。お店によってはグレイビーソースのほか、クランベリーソースがついてきます。

クセのある味が予想以上においしいラム

ラムはイギリスでよく食べられる肉のひとつです。イギリスではラムをミントソースで食べる習慣があり、サンデー・ローストではグレイビーソースのほか、ミントソースがついてきます。ラムのクセのある味がミントとよく合い、ビーフよりやわらかいのが特徴です。

そのほかにも、お店や季節によってダック(鴨)やターキー(七面鳥)がメニューに加わることがあります。

ヨークシャー・プディングとグレイビーソースがおいしさを引き立てる!

ヨークシャー・プディングとグレイビーソースがおいしさを引き立てる!
Photo by Ewan Munro

ヨークシャー・プディングは、サンデー・ローストには欠かせない重要なサイドメニュー。ヨークシャー・プディングは、ヨークシャーで生まれたイギリスの伝統料理のひとつです。いわゆる菓子の「プリン(プディング)」ではなく、ふわふわもちもちとしたシュークリームの皮のようなもの。肉をローストするときに出てくる肉汁から作られたグレイビーソースが中にしみ込ませてあり、開けるとジュワッとソースが流れ出ます。

イギリスの伝統料理を味わってみたい人は、サンデー・ローストがおすすめです。日曜日になれば、イギリス中のどこでも食べられます。あなたのお好みのサンデー・ローストを食べ、イギリスの日曜日を満喫しましょう。

ロンドンのホテルを探す

ロンドンへの航空券を探す

ロンドン旅行・ツアーを検索

Cover photo by Jeremy Keith