北欧最大の国、スウェーデン。その土地の多くは湖や森林など、絵画になりそうな美しい自然が溢れています。国民が“幸せな国”という調査では常に上位にランクインするスウェーデン。一度は行ってみたいですよね。今回はスウェーデンのビール事情をご紹介します!

酒税が高い!スウェーデンのビール事情

スウェーデンの酒税はとても高いことで知られています。ビールはアルコール度数によりクラス分けされ、酒税や取り扱うお店も異なります。まずアルコール度数2.25%までの「lättöl」、ライトビールという位置づけで販売に規制がないためどこのお店でも買うことができます。続いてアルコール度数3.5%未満までが「folköl」。ライセンスのあるスーパーマーケット等で購入が可能です。そして3.5%以上のものが「starköl」、“強いビール”と呼ばれ国営の酒専門店「Systembolaget」でのみ購入することが可能です。同じブランドのビールでも、異なる度数で展開されているのが一般的。飲みたいビールがある人は要チェックです。

スウェーデンの人気ビールとは?

スウェーデンで飲めるビールはクラスだけではなく種類も豊富で、“定番”をチョイスするのは難しいのですが、人気のビールをいくつかご紹介しましょう。まず、スウェーデンでポピュラーなビールブランドとして欠かせないのが、隣国デンマークの大手ビールメーカー“Carlsbarg(カールスバーグ)”のもの。オリジナルの「Carlsberg(カールスバーグ)ビール」に加えて、現在はカールスバーグ・スウェーデンが展開している「Eriksberg(エリクスバリ)」や「FALCON(ファルコン)」なども長くスウェーデンで愛されるビールです。スウェーデンのレストランで最も飲まれているビールは「Mariestads(マリエスタード)」。バランスの良いマイルドな味わいで、素朴な味付けのスウェーデン料理にもピッタリです。また最近では小規模の醸造所で作られるクラフトビールも人気を集めています。ぜひ、スウェーデンのお気に入りを探してみてくださいね。

スウェーデン風ミートボールをおつまみにいかが?

日本でもすっかり定着したビュッフェスタイルの食べ放題を、“バイキング”と呼びますが、これはスウェーデンの“スモーガスボード”という食事のスタイルが元になっていると言われています。さてスウェーデン料理と言うと、ミートボールを思い浮かべる人も多いでしょう。これは“ショットブッラール”という名前で、合いびき肉を使った肉団子。マッシュポテトとコケモモのジャムを添えていただくのがスウェーデン流。一口サイズでおつまみにもGOOD!スウェーデンの代表料理をおつまみにいかがでしょうか。

スウェーデン風ミートボール ショットブッラール

スウェーデンの家庭料理“ヤンソンの誘惑”

スウェーデン ヤンソン
もう一つ、スウェーデンを訪れたらぜひ食べて欲しいのが“ヤンソンの誘惑”。名前からして魅惑的ですが、これはアンチョビの入ったポテトグラタン。日本でいただくグラタンとは異なりホワイトソースは使いません。ニシンの一種であるスプラットというアンチョビの塩辛さが決め手で、このアンチョビと、ジャガイモ、炒めた玉ねぎを交互に重ね、最後にチーズをたっぷりかけて焼き上げます。スウェーデンでは大変家庭的な料理で、クリスマスに食べられることも多いのだとか。生クリームとチーズのまろやかさとアンチョビの塩辛さがなんとも言えないハーモニーを生み出し、美味!ビールもすすみますよ。

それではみなさん、スコール(乾杯)!

ストックホルムのホテルを探す

ストックホルムへの航空券を探す

ストックホルムの旅行・ツアーを検索