到着したらまずはここ! バルセロナ観光はランブラス通りから始めよう

到着したらまずはここ! バルセロナ観光はランブラス通りから始めよう

スペインでも有数の観光地として有名なバルセロナ。サグラダ・ファミリアをはじめとするガウディの作品群やカタルーニャ音楽堂など見どころも多く、またパエリヤやバルのピンチョスなど、グルメにも事欠かない街です。世界中の人々から絶大な支持を集めるのもうなずけますよね。

このように観光地として十分すぎるほどの実力を持つバルセロナですが、あまりに見どころが多いため目移りしてしまうのが悩ましいところ。今回の記事では、そんな「バルセロナどこに行ったらいいの?」と悩んでいる人のために、到着して最初の街歩きで訪れてほしい「ランブラス通り」の魅力をご紹介しましょう。

ランブラス通りってどんなところ?

ランブラス通りは、カタルーニャ広場から港までまっすぐに続くバルセロナのメインストリート。全長1.2kmほどの通りには朝から夜遅くまで人の往来があり、道の脇には大道芸人や似顔絵描きの姿も見られるなど、ただ歩いているだけでも賑やかで楽しい雰囲気の場所です。

旅行者にとってのランブラス通りの魅力は、なんと言ってもスペインのエッセンスがぎゅっと詰め込まれていることにあります。通り沿いにはお土産物を探すのに便利な市場やスーパー、バルやレストラン、フラメンコショーが観られるダブラオなどのお店が立ち並んでいて、正直この通りをじっくりと眺めているだけでもバルセロナ観光が完結してしまいそうなほど。あまりの楽しさに、次の予定を忘れてついつい長居してしまう観光客の姿も多いようです(私のことですが……)。

ランブラス通りはバルセロナを代表する観光スポットからのアクセスもよく、スペインの街の雰囲気を味わえる絶好の場所です。バルセロナに到着したら、まずは街の雰囲気を掴むためにもランブラス通りを歩いてみるといいでしょう。

ぶらぶら歩きの途中で立ち寄りたい、バルセロナの見どころは?

ランブラス通りはバルセロナの中心ということもあり、ストリートの周辺にはたくさんの見所があります。ぶらぶら歩きの途中で立ち寄りたい観光スポットをご紹介しましょう。

サン・ジュセップ市場

サン・ジュセップ市場

ランブラス通りの中ほどに位置し、地元の人には「ボケリア」という名前で知られているバルセロナの台所。その起源はなんと、13世紀に城壁外に立てられた肉市場にあるというから驚きです。

現在はバルセロナ市民の胃袋を支える市場であると同時に、観光客も楽しめるようバル・レストランが並ぶ新しい観光スポットとして注目されています。ランチやディナーのほか、観光の合間にちょっとした休憩をかねて見学するのもおすすめです。

サン・ジョセップ市場(Mercat de la Boqueria)

サン・ジョセップ市場(Mercat de la Boqueria)
住所:La Rambla 91, 08001 Barcelona
電話番号:(+34) 933-182584
営業時間:8:00〜20:30(日曜、祝日休業)※店舗により営業時間が異なる場合あり。

リセウ大劇場

リセウ大劇場

1847年に建てられたバルセロナのオペラ劇場。ミラノのスカラ座やパリのオペラ座にも匹敵する実力派の劇場として知られ、世界中のオペラファンが憧れる場所でもあります。特に人気の高い演目のチケットは発売と同時に完売になるほどの人気です。45分でコンパクトに劇場内を見学できるツアーもあるので「雰囲気だけでも味わいたい」という人でも気軽に楽しむことができます。

リセウ大劇場(Gran Teatre del Liceu)
住所:La Rambla, 51-59, 08002 Barcelona
電話番号:(+34) 934-85-9900
営業時間(見学ツアー):月〜金曜14:00〜17:00まで1時間おきスタート、土曜11:00〜17:00まで1時間おきスタート
入場料金(見学ツアー):9ユーロ(7歳以下の小人は無料)

グエル邸

グエル邸

スペインを代表する建築家アントニ・ガウディが、自身のパトロンでもあったエウセビ・グエル氏の依頼により設計した邸宅。初期の作品ということもありサグラダ・ファミリアほどのインパクトはありませんが、それでも邸宅内部や屋上の煙突は独特の世界観そのもの。カサ・ミラやカサ・バトリョなど晩年の作品と合わせて見学し、ガウディ作品の変遷を楽しんでみるのもいいかもしれません。

グエル邸(Palau Güell)
住所:Carrer Nou de la Rambla, 3-5, 08001 Barcelona
電話番号:(+34) 934-725775
営業時間:夏季10:00〜20:00、冬季10:00〜17:30(いずれも月曜定休)
入場料金:大人12ユーロ、小人5ユーロ(10〜17歳)、10歳未満の小人は無料、事前にホームページから予約することをおすすめします。

願いを込めて、カナレタスの泉に行こう

肩越しにコインを投げ入れると、またその場所に帰ってこれる。これはローマのトレビの泉にまつわる有名な言い伝えですが、実はバルセロナにも同じような逸話がある場所があります。それがランブラス通りにあるカナレタスの泉です。

願いを込めて、カナレタスの泉に行こう

一見するとヨーロッパでよく見かける街中の水飲み場といった風情ですが、実はここの水を飲むとまたバルセロナに戻ってこれるという言い伝えがあり、周囲には写真を撮ったり水を飲んだりする観光客の姿が絶えません。ランブラス通りを観光するなら、ぜひカタレナスの泉に立ち寄って願いを込めてみましょう。

ちなみに衛生的には問題ありませんが、スペインの水は他のヨーロッパの国々と同様に石灰分を多く含むため、それが体に合わずお腹を壊してしまう人もいます。心配な場合は軽く口に含むくらいにしておくほうがいいでしょう。

バルセロナ観光はランブラス通りからはじめる

ランブラス通りはバルセロナの主要な観光スポットへのアクセスもよく、グルメもショッピングも楽しめるなど、観光客にとっては最高の場所といえるでしょう。バルセロナ観光で行き場所に悩んでいる人は、まずランブラス通りとその周辺の散策から始めてみるといいでしょう。

バルセロナのホテルを探すバルセロナへの航空券を探すバルセロナの旅行・ツアーを検索