マドリードとバルセロナ間の移動方法を比較! 最も快適なのはどれ?

マドリードとバルセロナ間の移動方法を比較! 最も快適なのはどれ?

スペインを旅行するうえで欠かせない都市といえばマドリードとバルセロナの2つ。いずれも見どころが多く、スペイン旅行の定番といえる場所ですが、都市間の移動はどうすればいいのでしょうか。3つの移動方法を比較し、それぞれのメリットをまとめてみました。

マドリードとバルセロナの移動手段は?

マドリードとバルセロナ間は直線距離にしておよそ500km。東京と大阪間が直線距離で400km程度なので、それより少し遠い程度と考えていいでしょう。決して近い距離とは言えませんが、旅行者はもちろんビジネスマンの行き来も多いため、移動手段が豊富で頻繁に離発着しています。特に高速鉄道や飛行機は移動時間も短く、たとえ3泊程度の弾丸ツアーだったとしても2都市を訪れることは十分に可能です。

両都市の移動方法はいくつかありますが、旅行者がよく利用するのは電車、飛行機、バスの3つ。それぞれの移動手段のメリットなどをご紹介します。

手軽に移動できるのは鉄道利用

手軽に移動できるのは鉄道利用

定番の移動手段はやはり鉄道です。スペイン国鉄「renfe」のAVE(スペインの新幹線のような存在)を利用すれば2時間30分〜3時間程度で移動でき、20〜30分に1本と本数も非常に多いのでスムーズに移動できます。海外の鉄道には乗り心地の点で難があるものもありますが、AVEは揺れも日本の新幹線並みに少なくインターネットも利用可能。さらに車内販売や簡易的なカフェもあり非常に快適です。

ただ、料金はツーリストクラスの最も安いもので往復120ユーロほどと決して安くはありません。バカンスシーズンはもちろん、シーズンオフでも日にちが近くなると安いチケットから売り切れてしまうので、旅行の日程が決まったら早めに予約しておくことをおすすめします。チケットは「renfe」のサイトから予約できます(英語にも対応しています)。

時間を短縮したいなら飛行機移動がおすすめ!

時間を短縮したいなら飛行機移動がおすすめ!

移動時間が短いという点では飛行機もおすすめの移動方法です。マドリードとバルセロナ間はブエリング航空やエア・ヨーロッパ、イベリア航空などいくつかの航空会社が路線を持っていますが、いずれも1時間20分前後と鉄道の半分程度の時間で移動できます。

ただ、当然ですが市内から空港までの移動に時間がかかることは加味しておく必要があります。マドリードもバルセロナも空港から市内まではそれほど遠くありませんが、空港バスでも鉄道でも30分程度の時間がかかります。また、料金は最安で往復80〜100ユーロほどと鉄道より安いのですが、これも予約のタイミングや時期によるため一定しません。トータルでの所要時間や料金を把握したうえで、鉄道と比較しながら選ぶのがいいでしょう。

とにかく安く移動するなら長距離バス

とにかく安く移動するなら長距離バス

時間はかかってもいいから安く移動したい、そんな時は長距離バスの利用をおすすめします。所要時間は7〜8時間と長いものの、往復45〜60ユーロほどで移動できるのは大きな魅力。また夜行バスの運行もあるので、体力に自身のある方はその分時間を節約することもできます。

よく利用されるのはALSAというバス会社で、マドリード側は空港の第4ターミナル(Madrid Aeropuerto T4)、アメリカ通り(Madrid Interc. Av América)、マドリード南停留所(Madrid Estación Sur)の3カ所、バルセロナ側はサンツ駅(Barcelona Estación Sants)、バルセロナ北停留所(Barcelona Estación Nord)の2カ所に停車します。ホームページから予約できるので、こちらも旅行の日程が決まり次第おさえたほうがいいでしょう。

スペイン旅行するなら、マドリードとバルセロナは外せない都市

首都であるマドリードには王宮やマヨール広場、バルセロナには世界遺産に登録された建造物などがあり、スペインを旅行するならいずれも見逃せない場所ばかり。上手に計画して、しっかりと楽しんでくださいね。

バルセロナのホテルを探す

バルセロナへの航空券を探す

バルセロナの旅行・ツアーを検索