バルセロナの治安はどう? 安心して旅行するために知っておきたいこと

バルセロナの治安はどう? 安心して旅行するために知っておきたいこと

世界的にも有数の観光地として知られるバルセロナ。スペインを訪れるなら外せない場所ではありますが、治安に関して不安を感じるという方もいるのではないでしょうか。観光する上で気になる治安情報や、観光客が気を付けるべきポイントをまとめました。

まずはバルセロナの治安事情について知っておこう

バルセロナの治安事情

バルセロナは世界的に見ても比較的安全な都市です。実際に街歩きをしてみるとわかりますが、少なくとも普通に観光する中で危険を感じることはまずありません。ただ、日本の常識は通じない海外ということもあり、万全を期すという意味でも安全情報を確認しておくことをおすすめします。

中でも注意しておきたいのは旅行者を狙ったスリや置き引きなどの犯罪です。ただ、これらは決して身に直接危険が及ぶ犯罪ではありません。そのため、手口を知り自分自身が気をつけることで、未然に防ぐことができます。

また、夜の街歩きも危険を感じることはほとんどなく、よほど遅い時間(区域にもよりますが、夜10〜12時くらいが目安です)や人気のない通りでない限り心配はないと考えて問題ありません。実際、中心街はかなり遅い時間まで、夜遊びが大好きなスペイン人で賑わっています。基本的には、人気がなくなる前にホテルに帰るように気をつけていれば問題ないでしょう。

バルセロナで安全に観光するためのポイントは?

置き引きの手口

バルセロナにおいて、観光客を狙った犯罪として多いのはスリと置き引きの2つです。具体的には、どのようなことに気をつけておけばいいのでしょうか。

スリの手口と対策方法

スリの被害が多いとされているのは地下鉄の駅構内や車内です。よくあるのが地下鉄の乗降時に体を押し付けてきて、そのどさくさに紛れて貴重品を抜き取るという手口(若い女性が体を押し付けてくることが多いようです)。また、エスカレーターで後ろに立っている人にスラれたという話もよく聞かれます。そのほか、地下鉄以外では街中で露店や大道芸人などに気を取られている間にスラれてしまうというのもよく聞くパターンです(特にランブラス通りは要注意!)。

いずれの場合も、携帯電話や財布、パスポートなどの貴重品はファスナーなど口の閉まる鞄(貴重品用の内ポケットがあればさらにベターです)に入れ、体の前でしっかりと抱え持つようにしましょう。ズボンや上着のポケット、トートバッグなど口の閉まらない鞄に貴重品を入れるのはもちろん論外です。

置き引きの手口と対策方法

置き引きの被害が多いのは駅やバスターミナル、空港など。手や目を離した隙に、スーツケースや鞄ごと盗られてしまうケースが多いようです。また、ホテルのロビーでフロントと話をしている隙やファーストフード店の注文時などに被害にあうのもよく聞かれます。

いずれにせよ、公共の場所でほっと一息ついたり、ほかのことに気をとられたりするタイミングは必ず狙われていると考えたほうがいいでしょう。基本的なことですが、荷物からは目を離さないのはもちろんのこと、荷物は必ず体のどこかに触れさせておく、肩掛けカバンやリュックは公共の場では必ず身につけておく(スーツケースの上などに置かない)などの対策を徹底することで被害に合う確率はかなり低減できます。

バルセロナ市内で、特に注意が必要な場所は?

バルセロナ市内で、特に注意が必要な場所

バルセロナの中でも、観光客が集まる場所はスリや置き引きも多く注意が必要です。具体的には以下のような場所を訪れる際は注意するようにしましょう。

ランブラス通り

特別治安が悪いわけではありませんが、常に人通りが多く観光客も集まるエリアなので、スリの数も比例して多くなります。前述のとおりですが、大道芸人の芸を見たり、露店を除いたりする際は荷物をしっかりと持ち、常に周囲に気を付けるようにしましょう。

サクラダ・ファミリア周辺

バルセロナ市内で、特に注意が必要な場所
観光地の中でも特に気をつけておきたいのがサグラダ・ファミリア周辺です。特に写真を撮っているときの手荷物や貴重品には要注意。また、スリはターゲットが貴重品をどこにしまったのかを必ず見ています。食事や買い物などで財布を出す際は、十分に気をつけるようにしましょう。

ゴシック地区

ゴシック地区

ランブラス通りのすぐ側にあるゴシック地区も注意しておきたいエリアのひとつ。石畳が美しくカテドラルなど多くの見どころがありますが、路地になっているためスリやひったくりの多い場所でもあります。夜歩きの際は特に注意するようにしましょう(特にレイアール広場周辺は要注意です)。

基本的には安全なバルセロナ、トラブルを避けて楽しい旅行を!

昼夜を問わず、基本的には安全といえるバルセロナの治安事情。ただ、世界中どこの国を訪れる場合もそうですが、日本の基準で考える安全(犯罪が一切ない)と海外の安全(重犯罪がない)は少し異なるため、それだけは頭の片隅に置いておく必要があります。

旅行者がどのような場面で狙われているのかを事前に知っておくことで、ほとんどのトラブルは防ぐことができます。必要以上に心配しすぎず、でもしっかりと対策して楽しい旅行にしてくださいね!

バルセロナのホテルを探す

バルセロナへの航空券を探す

バルセロナの旅行・ツアーを検索