サグラダファミリアのチケット予約方法を徹底解説!

サグラダファミリアのチケット予約方法を徹底解説!

スペインを代表する観光地として有名な、バルセロナのサグラダファミリア。世界中から観光客が押し寄せるだけに、入場チケットは事前に予約しておくことをおすすめします。チケットの予約方法と、その際に知っておきたいことをまとめてご紹介します。

インターネット予約方法

1. 公式サイトにアクセス

サグラダファミリアのチケットは、インターネットで購入するのが手軽でおすすめ。まずは公式サイトにアクセスしましょう。

2. チケットの種類を選ぶ

サイトにアクセスしたら、まずは以下の6つから購入するチケットの種類を選び、「BUY」をクリックして次のページに進みます。(以下、この記事では一番人気の高い「SAGRADA FAMILIA WITH TOWERS」を例に紹介します)

  • SAGRADA FAMILIA WITH TOWERS(32ユーロ):サグラダファミリア内部の見学、生誕/受難のファザードへのエレベーター、オーディオガイド付き(言語はカタルーニャ語、スペイン語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、中国語、日本語、ポルトガル語、ロシア語、ハンガリー語、韓国語、スウェーデン語、フィンランド語、ポーランド語、オランダ語から選択可)
  • SAGRADA FAMILIA AND GAUDI HOUSE MUSEUM(27ユーロ):サグラダファミリア内部の見学、オーディオガイド、ガウディ博物館の入場チケット付き
  • SAGRADA FAMILIA WITH GUIDED TOUR(26ユーロ):サグラダファミリア内部の見学、ガイド付き(言語はカタルーニャ語、スペイン語、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語から選択可)
  • SAGRADA FAMILIA(25ユーロ):サグラダファミリア内部の見学、オーディオガイド付き
  • SAGRADA FAMILIA BASIC TIKET(17ユーロ):サグラダファミリア内部の見学のみ
  • GAUDI HOUSE MUSEUM(5.5ユーロ):ガウディ博物館の入場チケットのみ

3. 購入するチケットの日付と枚数を選択

画面左にあるカレンダーで入場日を、右画面で購入するチケットの枚数を選択します。6歳未満の子どもは、たとえ大人と一緒でも塔には上れません。特に子連れで旅行の際は注意しておきましょう。

  • General:大人(32ユーロ)
  • Student:学生(30ユーロ)
  • Children under 11 years old:11歳未満(無料)
  • Senior:66歳以上(26ユーロ)
  • Under 30 years old:11歳以上30歳未満(30ユーロ)

4. 塔への入場時間を選択

①Tower on the Passion facade(受難のファザード)もしくはTower on the Nativity facade(生誕のファザード)のどちらかを選択
②希望する入場時間帯を選択
③希望する入場時間を選択(時間の右側に残りのチケット枚数が表示されます)

5. 入場時間の確認

塔への入場時間を選択すると、以下のようにサグラダファミリアへの入場時間を確認する画面が出てきます(サグラダファミリアへの入場時間は、塔へ入場する15分前に自動的に設定されます)。問題なければ「OK」→「ADD TO CART」の順にクリックします。

6. オーディオガイドの言語の確認

「ADD TO CART」をクリックすると以下のような画面が出てくるので、オーディオガイドの言語を選択します(日本語も選択可、11歳未満の場合オーディオガイドの貸出はありません)。2人以上で予約している場合はそれぞれ別の言語で予約することも可能です。

7. 入力内容の確認

画面右に表示されているチケット内容や時間、金額を確認し、問題がなければ「COMPLETE PURCHASE」をクリックし、次に進みます。

8. 個人情報とカード情報の入力

氏名やメールアドレス、電話番号などの個人情報と、カード情報を入力して、購入手続きを進めます。この画面が出てから26分以内に購入を完了しないと時間切れとなり、最初から入力し直すことになるのでご注意ください。(残り時間は画面右上に表示されています)無事に決済が完了するとチケットのダウンロード画面が表示されるので、プリントアウトして当日持参しましょう。

購入したチケットの変更、キャンセルはサイト上からは手続きできず、サグラダファミリアのチケット事務所へメール(customer@sagradafamilia.org)で直接問い合わせる必要があります。いずれもかなりの手間を要するので、チケット購入前には十分に確認するようにしましょう。

当日はサグラダファミリアに向かって右にある生誕の門側からの入場になります。向かって左の受難の門側の行列は、当日券を求める人の列なのでご注意ください。

生誕のファザードと受難のファザード、どっちがおすすめ?

生誕のファザードと受難のファザード、どっちがおすすめ?
© Basílica de la Sagrada Família Pep Daudé

チケット購入時に「TOP VIEWS」を選択した場合は、生誕のファザードと受難のファザードのどちらかを選んで上ることになります。一般的にはガウディが生きている間に建造された生誕のファザードのほうに人気がありますが、実際にはどちらがおすすめなのでしょうか。

生誕のファザードに上った場合は、主にバルセロナの東側の景色を見ることができます。見晴らしのいいバルコニーもあるため、開放感のあるパノラマを楽しむことができるでしょう。ただ、塔に上るのはエレベーターが使えますが、降りるのは階段になるため足に自信のない方は注意が必要です。

受難のファザードに上った場合は、モンジュイックの丘や海を見渡すことができますが、バルコニーがないため、見える範囲が狭くなってしまうことを覚えておきましょう。こちらは上りも下りもエレベーターが使えるため、足に自信のない方でも安心です。
いずれの塔でも、雨天や強風など天候によって運行停止になる場合があります。その場合も、ほかの日にちや時間への振替はなく、どうしても上りたい場合は再度チケットを購入する必要があることを覚えておきましょう(チケットの差額は、後日クレジットカードへ返金されます)。

予約なしでも入場できる?

予約なしでも入場できる?
© Basílica de la Sagrada Família Pep Daudé

サグラダファミリアは一年を通して多くの観光客が訪れるため、基本的には事前に予約することをおすすめします。オフシーズンである冬に訪れる場合や、塔に上らず入場券のみの場合は予約なしでもチケットが購入できたという情報もありますが、必ずしも希望通りの入場時間のチケットが手に入るわけではないので、注意が必要です。(季節にもよりますが、午前中にチケットオフィスに行って、午後のチケットしかないことも珍しくありません)。

もし、何らかの事情でチケットが予約できなかったら、行列に並ぶのを覚悟で受難の門側にある当日チケット売場に行ってみましょう。その場合も、できるだけ希望通りのチケットを取るために、朝一で並ぶことをおすすめします。

サグラダファミリアを訪れるなら、必ずチケットの予約を!

バルセロナ旅行に行くならマストで訪れておきたいサグラダファミリア。時間のロスをなくしてスムーズに観光するためにも、チケットは必ず事前に予約しておきましょう。この記事が、そのお役に立てば幸いです!

バルセロナのホテルを探すバルセロナへの航空券を探すバルセロナの旅行・ツアーを検索

記事公開日:2017/8/17
最終更新日:2019/2/19