オルチャ渓谷のピエンツァは、法王も愛した「理想の街」だった

オルチャ渓谷のピエンツァは、法王も愛した「理想の街」だった

トスカーナの古都シエナからローカルバスに乗って1時間とちょっと。丘陵地帯を抜けた先にはピエンツァという小さな街があります。日本での知名度はまだまだですが、世界遺産にも登録されているオルチャ渓谷の絶景に包まれ、さらにローマ法王ゆかりの地でもあることから多くの人が訪れる場所です。

大都会の喧騒をはなれ、トスカーナの田舎で一味違ったイタリアの空気を感じてみたい。ピエンツァはそんな方にぜひおすすめしたい街です。その楽しみ方や見どころなどをまとめてお伝えしましょう。

ルネッサンス期にローマ法王が建造した「理想の街」

トスカーナ州の州都フィレンツェから南東におよそ120キロ、ワインで有名なモンテプルチャーノとモンタルチーノの中間地点に位置するのがピエンツァです。人口2,000人ほどの小さな街ですが、その歴史はとても古く15世紀にまでさかのぼります。

ピエンツァの街
ピエンツァの街はオルチャ渓谷の小高い丘の上にあります

もともとこの土地には、コルシ二ャーノという名前の小さな村落があるだけでした。ところが、1458年にこの村出身のピウス2世がローマ法王に就任したことで、街の歴史は大きく変わります。彼は自らの故郷を「理想の街」とするべく建築家ベルナルド・ロッセリーノを呼び寄せ、豪華な建造物を次々と作らせました。

現代でも有力政治家の出身地が急に開発されることがありますが、そのもっと顕著な例といえばわかりやすいでしょうか。残念ながらピウス2世は1464年に逝去したため、彼の理想郷が完成の日を迎えることはありませんでした。しかし、この時に建造された大聖堂やピオ2世広場、ピッコロミニ宮はルネサンス期の貴重な建造物として遺され、1996年には「ピエンツァ市街の歴史地区」としてユネスコの世界文化遺産に登録されました。

理想の街
さっと写真を撮るだけで、どこか絵になる街です

こうした逸話があるためか、ピエンツァはトスカーナの小さな田舎町にもかかわらず、いつも多くの人で賑わっています。また、オルチャ渓谷(こちらも世界文化遺産に登録されています)の小高い丘の上にあるため、トスカーナらしい丘陵地帯の絶景が楽しめる場所としても有名な場所です。

小さな街の中に、たくさんの見どころが詰まったピエンツァ

ピエンツァは小さな街ですが、その内外にギュッと魅力がつまっています。中でも代表的なものをご紹介しましょう。

理想郷の中心地となる「ピオ2世広場」

ピエンツァの一番の見どころは、街の中心にある「ピオ2世広場」です。この街が生まれるきっかけになったピウス2世の名前を冠した広場で、大聖堂やピッコロ‐ミニ宮など主要な見どころが集まっています。

サンタ・マリア・アッスンタ大聖堂
ロッセリーノ通りの中ほどにあるピオ2世広場

広場正面にある大聖堂は街の規模からすると大きなもので、ピウス2世がこの場所に本気で理想郷を作ろうとしていたことを伺わせます。ただ、内部は簡素な作りになっており、フィレンツェやシエナの大聖堂のような豪奢な装飾はありません。このあたりは、彼の死により理想郷の建造が頓挫してしまったことと無関係ではないのかも。

大聖堂の左側にあるピッコロ‐ミニ宮は、この地の領主であったピッコローミニ家の邸宅で、現在は博物館として公開されています。内部は食事の間や音楽の間などに分かれており、当時の貴族の生活の様子を見ることができます。ちなみに、この邸宅の主であったピッコロ‐ミニ家は、ピウス2世を排出した一族としても知られています。

大きな邸宅
ピッコロ‐ミニ宮も、街の規模に対してかなり大きな邸宅です

サンタ・マリア・アッスンタ大聖堂(La Cattedrale dell’Assunta di Pienza)
住所:Piazza Pio II, 2, 53026 Pienza
電話番号:(+39)0578-71951
営業時間:8:30~13:00、14:30~19:00
料金:入場無料

ピッコロ‐ミニ宮(Palazzo Piccolomini)
住所:Piazza Pio II, 2, 53026 Pienza
電話番号:(+39)0578-286300
営業時間:10:00〜18:30(火曜定休、冬季10月16日〜3月14日は10:00〜16:30、1月7日〜2月14日と11月16日〜11月30日は休館)
料金:7ユーロ

中世イタリアの雰囲気が感じられる「ロッセリーノ通り」

ロッセリーノ通り(Corso il Rossellino)は旧市街地にあるムレッロ門からチーリオ門までをつなぐ東西300メートルほどの通りです。真っ直ぐ歩くと5分ほどで終点まで歩けてしまいますが、中ほどには先に紹介したピオ2世広場があり、他にも名産品を扱うショップやレストランが並ぶため、いつも多くの人通りがあります。

メインストリート
メインストリートながら、落ち着いていて歩きやすい雰囲気です

ピエンツァはピオ2世広場と、このロッセリーノ通りを中心とした旧市街地の散策が主な観光スポットになります。街が建造された当時のイタリアの雰囲気を残したとても趣のある通りなので、路地裏に迷い込みながらじっくりと散策するのがおすすめ。中世イタリアの雰囲気を楽しんでみてください。

世界遺産にも登録された絶景「オルチャ渓谷」

ピエンツァを訪れたら、街の周囲に広がるオルチャ渓谷も見ておきたいスポットのひとつです。ピエンツァは小高い丘の上に築かれた街で、大聖堂の裏手にあるカステッロ通りからは渓谷の美しい景色が一望できます。

丘陵地帯とアミアータ山
丘陵地帯とアミアータ山のコントラストが美しい

広々とした丘陵地帯はトスカーナを代表する風景で、街よりもこの絶景を見にピエンツァを訪れる人も珍しくありません。カステッロ通りにはベンチもあるので、近くのお店でパニーノ(サンドイッチ)などをテイクアウトして、贅沢な景色を眺めながらランチするのもおすすめです。

ピエンツァでは羊のチーズを手に入れたい

雰囲気のある中世の街並みと美しい絶景を堪能したら、お土産物探しをしてみるのはいかがでしょうか。実はピエンツァは羊のミルクで作られたペコリーノ・チーズの名産地として知られており、メインストリートであるロッセリーノ通りにはいくつかのチーズ専門店があります。

日本ではあまり馴染みのないチーズなので使いみちに困る方もいるかもしれませんが、小さく削ってそのままワインのあてにしたり、パルミジャーノのようにすりおろしてパスタに振りかけたりと、意外と万能に使えます。ちなみに日本でも人気のあるカルボナーラは、このペコリーノを使用するのが本場のレシピです。

珍しいチーズ
イタリアでもなかなか見かけない珍しいチーズが並びます

ペコリーノには、熟成期間や方法によりいくつもの種類があります。もし迷ったときは遠慮せずに「試食できる?」と聞いてみましょう。イタリアのチーズ専門店は基本的にどこでも試食ができるので、いろいろと味見して自分の好みの味を見つけてみてください。ペコリーノは保存食なので基本的に常温で持ち帰れますが、可能であれば真空パックにしてもらうことをおすすめします。

※イタリア語で「試食できる?」は「ポッソ・アッサジャーレ?(Posso assaggiare?)」、また真空パックは「ソット・ヴォート(Sottovuoto)」といいますが、いずれも英語でも問題なく通じると思います。

今回取材させていただいたお店:
マルスコ・エ・マリア(Marusco e Maria)
住所:Corso Rossellino, 21, 53026 Pienza
電話番号:(+39) 0578-748222
営業時間:9:00〜19:00(冬季11月〜3月頃は9:00〜13:00、15:00〜19:00)

アクセスはちょっとだけ難しい、ピエンツァへの効率的な行き方は?

ピエンツァは旅行者にとっても魅力的な街ですが、少しアクセスが悪いのが悩ましい点です。これはピエンツァに限ったことではなく、トスカーナの田舎は山間地帯が多いため、どうしても公共交通機関が少なくなってしまうのです。

一番簡単な行き方はTiemme社が運行しているシエナからの直通バスですが、行きは14:25着が始発、また帰りは14:41発が最終となっており、ピエンツァに1泊しない限り現実的ではありません。

Tiemme社の時刻表はこちら
シエナ→ピエンツァ
ピエンツァ→シエナ

Tiemme社の112番のバス
Tiemme社の112番のバスがピエンツァーシエナ間を運行しています

そのため、公共交通機関を利用するのであれば、シエナから途中にあるヴォンコンベント(Buonconvento)までは電車を利用し、そこからはTiemme社のバスを利用する方法がおすすめです。ヴォンコンベントからピエンツァまでの路線も上記リンクのものと同様です。

ただ、いずれの方法にせよバスの運行時間の制限が大きく、日曜日は運休しているため、スムーズに移動したいのであればフィレンツェやシエナでレンタカーを借りることも検討してみてください。人数が多い場合はヴォンコンベントから直接タクシー(60〜80ユーロほどが目安です)を利用するのもおすすめです。

ピエンツァは中世の街並みと絶景が楽しめる、フォトジェニックな街

ピエンツァは中世の街並みと、オルチャ渓谷の絶景が楽しめる美しい街です。カステッロ通りから渓谷を眺めていると、ピウス2世がこの地を理想郷にしたいと考えたのもうなずけます。フィレンツェやシエナなど、トスカーナの街を訪れることがあれば、ぜひこのピエンツァにも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

シエナのホテルを探すシエナへの航空券を探すシエナの旅行・ツアーを検索