イタリアの自然遺産、ドロミテ街道で幻想的な絶景を巡る旅

イタリアの自然遺産、ドロミテ街道で幻想的な絶景を巡る旅

地中海の青い海やトスカーナの丘陵地帯など、絶景と呼ばれる場所はイタリア国内にも数多くありますが、山が美しい場所と言われればドロミテ山塊を上げないわけにはいかないでしょう。独特の雰囲気を持った険しい山々が連なり、ヨーロッパでも随一の景勝地と言われる場所です。今回の記事では、ドロミテ街道を中心にした山歩きを楽しむための情報をまとめました。

険しく荒々しい、独特の景観を見せてくれるドロミテ

ドロミテはヨーロッパを横断するアルプス山脈の一部で、イタリア北東部のトレンティーノ・アルト・アディジェ州、ヴェネト州、フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州の3州にまたがる広大な山岳地帯です。そこには山塊と呼ばれる岩山のほか、湖や渓谷など雄大な自然が広がっており、数々の絶景が見られます。

険しく荒々しい、独特の景観を見せてくれるドロミテ

これはドロミテ街道にあるポルドイ峠の上から撮ったものですが、雰囲気がおわかりいただけますでしょうか。
険しく荒々しい岩山と、いくつもの深い渓谷で構成されるドロミテの自然。その光景を一言で表すのはちょっと難しく、大自然が織りなす美しさへの感動と、世界の果てに来てしまった怖さが混じったような、複雑な感情に包まれる場所です。

同じヨーロッパの山岳地帯でも、スイスの風景は優雅で穏やかなのに対し、ドロミテは岩肌がむき出しで荒々しく、自然の厳しさを感じさせるような印象があります。そして、それがドロミテらしい独特の景観を作っている要因とも言えるでしょう。
日本ではハイキングや登山のスポットとして有名なドロミテですが、その他にも自転車やバイクでのツーリングやキャンプ、巨大な岩壁に取り付いてロッククライミングをするなど、さまざまな楽しみ方ができる場所です。また冬にはスキーリゾート地としても有名です。

まさに絶景の宝庫、ドロミテ街道のおすすめスポットは?

ドロミテの自然を楽しむなら、やはりおすすめのスポットはボルツァーノからコルティーナ・ダンペッツォに続くドロミテ街道です。街道と言っても実際には東西100キロ以上も続く広大な山岳地帯のため、見どころを一つ選択してその周囲をハイキングするのが一般的な楽しみ方です。その中でも定番と言われているスポットと、簡単なアクセス情報をまとめました。

鏡面反射する岩山と湖のコントラストが美しい「カレッツァ湖」

カレッツァ湖
水は透明度が高く、湖面に反射する景色が美しい

ドロミテを手軽に楽しめる場所として、まずおすすめしたいのはカレッツァ湖です。ボルツァーノの南東25キロほどの場所に位置する小さな湖ですが、ラテマール山が湖に鏡面反射する美しい光景が見られるため、多くの人が訪れます。
湖まではボルツァーノからバスで1時間ほどと、比較的簡単にアクセスできるのもおすすめできるポイントの一つ。湖の周囲には1周30分ほどのハイキングロードが整備されており、ちょっとした山歩きを楽しむこともできます。

カレッツァ湖 展望台
展望台は鏡面反射の写真を狙う人でいつも賑わっている

アクセス:ボルツァーノから180番のバスで約1時間、カレッツァ湖(Lago di Carezza)下車すぐ

頂上はまるで別世界が広がる「ポルドイ峠」

岩山の頂上
岩山の頂上からは最高のパノラマが楽しめる

岩山が連なるドロミテの景色をパノラマで楽しみたいなら、おすすめはこのポルドイ峠です。峠道を上りきった地点にロープウェイが整備されていて、2950メートルの岩山の頂上に直接アクセスすることができます。

最初の段落でも紹介しましたが、ポルドイ峠頂上の景色はまるで別世界です。眼下に広がる岩山は荒涼として険しく、まるでこの世のものとは思えないほど。自然は雄大なんてありきたりな感想ですが、ほんとうにそのスケールの大きさを感じさせてくれる場所です。

山歩きを楽しみたい人は、ロープウェイを使わずに頂上まで徒歩で登ることも可能です(所要時間は片道1時間程度)。ただ、頂上付近は滑りやすい箇所があるため、靴底がしっかりとしたトレッキングシューズを用意することをおすすめします。

ロープウェイ乗り場
ロープウェイ乗り場には駐車場やレストランも整備されている

アクセス:カナーツェイからB130番のバスで約30分、ポルドイ峠(Passo Pordoi)下車すぐ

戦時中は激戦区でもあった「チンクエトーリ」

チンクエトーリ
チンクエトーリはロッククライミングのメッカでもある

イタリア語で「5つの塔」を意味するチンクエトーリもおすすめしたいポイントの一つ。大きなもので約120メートルの奇岩が立ち並ぶ光景は壮観の一言で、ドロミテらしい景色を見ることができます。

この周辺は戦争時に激戦区だったこともあり、塹壕がいたるところに残されています。中には当時の様子を再現した展示もあるので、ハイキングの合間にのぞいてみるのもいいでしょう。トレッキングルートの定番はチンクエトーリの周囲を1周するコースで、所要時間は1時間ほどです。

チンクエトーリ リフト
こちらもポルドイ峠と同様、頂上付近までリフトでアクセスできる

アクセス:コルティーナ・ダンペッツォから30番のバスで約25分、チンクエトーリ(Cinque Torri)下車、リフト乗り場まで徒歩約5分

本格的なトレッキングを楽しめる「トレチーメ」

トレチーメ
「3つの頂上」の名前通り3つの巨岩で構成されるトレチーメ

トレッキングをしっかりと楽しみたい本格派におすすめなのは、こちらのトレチーメです。最大で標高2999メートルにも達する巨大な岩山群で、ドロミテに数あるスポットの中でもひときわ異彩を放つ光景と言えるでしょう。

周囲にはいくつかのハイキングルートがありますが、やはり定番はトレチーメを1周するコースです。約4時間ほどのコースで、角度によって表情を変える巨大な岩壁はもちろん、途中の山道ではドロミテらしい岩山の景色を楽しめるでしょう。ルート途中には山小屋もあり、レストランや売店なども併設されています。

トレチーメだけでなく、コース途中の風景も楽しみの一つ
トレチーメだけでなく、コース途中の風景も楽しみの一つ

また、トレチーメに行く場合は途中ミズリーナ湖でバスを乗り換えますが、この湖もドロミテ街道の見どころの一つです。透き通った湖とドロミテの山々のコントラストがとてもきれいなので、時間に余裕があればぜひ周囲を散策してみてください。

ミズリーナ湖
正面の黄色い建物は呼吸器疾患を患った子供のための療養施設

アクセス:コルティーナ・ダンペッツォから30番のバスで約35分、ミズリーナ湖で31番のバスに乗り換えて約25分、下車後アウロンツォ小屋(Rif. Auronzo)までは徒歩約5分

ドロミテにはツアーじゃないと行けない?

ユネスコの自然遺産にも登録されていることもあり、毎年シーズンには多くのハイカーが訪れるドロミテ街道。ただ、イタリアとオーストリアの国境近くとかなり奥地に位置することもあり、いずれもアクセスが難しいのが悩ましいところです。

インターネットで情報収集しようとしても、出てくるのはツアー情報がほとんど。そのため、個人旅行したいけれどあきらめ半分……なんて方もいるかもしれません。
個人でドロミテ街道のハイキングを楽しめるかどうかですが、実際に現地に行って確認した限りでは十分可能だと思います。ハイキングルートや山小屋などもしっかり整備されており、シーズン中は人も多いので安心して楽しむことができるでしょう。

ハイキングルートには頻繁に標識があり、迷う心配はない
ハイキングルートには頻繁に標識があり、迷う心配はない

ただ、拠点となる街から現地へ向かう路線バスの本数はそれほど多くないため、事前に時刻を確認し、しっかりと予定を立てておくことをおすすめします。バスの本数は路線にもよりますが、ハイシーズンで1日10〜15本程度といったところ。バスの待ち時間やハイキングにかかる時間を考慮すると、基本的には1日1カ所が限界です。

また、どこに行くかによって拠点となる街(路線バスが発着する街)が異なるので、複数のスポットを回りたい場合はそれを考慮して日程を組む必要があります。もしも効率的にいくつかのスポットを回りたい場合は、路線バスの時刻に左右されずに動けるレンタカーを検討するのもいいでしょう。

ルートは整備されているけど、相応の装備は必要

ドロミテ街道の観光スポットは基本的にしっかりと整備されており、コースを指し示す標識や地図も用意されています。また要所には山小屋やレストラン、売店などもあるため歩いていて困ることはないでしょう。
必要な装備はどこに行くかによって変わります。例えば今回紹介した4カ所のうち、カレッツァ湖は普段履きのスニーカーやTシャツで問題ないでしょう。実際、湖の周囲を回るハイキングコースにはベビーカーを押しながら歩いていた人もいたほどです。ポルドイ峠も、ケーブルカーに乗って頂上まで上るだけなら同様です。

ただ、チンクエトーリやトレチーメは歩く時間も長く、途中滑りやすい箇所もあるためしっかりしたトレッキングの用意が必要です。シューズや帽子のほか、行動食、雨具、ストックなど2000メートルを超える山を歩ける準備をしておきましょう。
基本的にルートは整備されているが、部分的に歩きにくいところもある
基本的にルートは整備されているが、部分的に歩きにくいところもある

また、拠点となる街に比べると標高はかなりあがるため、どの観光スポットに行くにせよ防寒着は必須です。参考までに、トレチーメの7〜8月の最高気温は13度程度。行動時は薄めのマウンテンジャケットとインナーでちょうどいいくらいでした。

一生心に残る、印象的な光景が見られる場所

歴史的な街並みや教会建築など、一般的なイタリアのイメージとは大きく異なる一面を見せてくれるドロミテ。特に山歩きが好きな人にとっては、一生の思い出に残るような感動的な光景が見られるでしょう。美しい湖やそそり立つ岩山、そしてどこまでも続く広大な渓谷を見に、ドロミテを訪れてみてはいかがでしょうか。

ミラノのホテルを探すミラノへの航空券を探すミラノ旅行・ツアーを検索