ホットワインを片手にブラブラ歩き!イタリア・クリスマスマーケットの楽しみ方

ホットワインを片手にブラブラ歩き!イタリア・クリスマスマーケットの楽しみ方

12月になるとヨーロッパの多くの都市で開催されるクリスマスマーケット。街の中心にある広場には大きなクリスマスツリーが立ち、屋台が並ぶなど一気にクリスマスモードになります。カトリックの本場イタリアから、クリスマスマーケットの楽しみ方をご紹介します!

クリスマスマーケットってどんなイベント?

最近では日本でも各地で開催されるようになったクリスマスマーケット。気軽に本場のクリスマス気分を味わえるとして多くの人で賑わっていますが、もともとはどのようなイベントなのでしょうか。

クリスマスマーケットの起源は、実はドイツのドレスデンにあります(フランクフルトという説もあります)。もともと、ドイツでは市民が街の広場に集まり、クリスマスを迎えるのに必要なものを物々交換する習慣がありました。それが14世紀ごろには市場へと姿を変え、クリスマス前の風物詩としてヨーロッパ全土へ広まっていったのです。


photo by suzukikei

こうした歴史もあってか、クリスマスマーケットで売られているのはクリスマスに関連したものが中心です。生ハムやサラミ、チーズ、ワインなどクリスマスを迎えるための食品はもちろん、部屋をクリスマスらしく飾るためのリースや置物、キャンドルなど。また、子供用のおもちゃや、ちょっとしたアクセサリーなども売られています。サンタクロースグッズも充実、いちいち可愛らしいので目移りしてしまいそう。イタリアのクリスマスには欠かせないお菓子、パネットーネも登場!

パネットーネ
photo by suzukikei

観光で訪れるなら「ホットワイン片手にブラブラ」が正解!


photo by suzukikei

12月のミラノはとても冷えます! クリスマスマーケットの楽しみ方は人それぞれですが、ぜひおすすめしたいのが屋台で売られているグリューワイン(オレンジピールやシナモンなどの入ったホットワイン)を片手にブラブラと歩くことをおすすめします。。寒い冬でも体をポカポカと温めてくれますし、何よりクリスマスを間近に控えた人々の楽しそうな雰囲気の中に混ざっていると、それだけで少しそわそわするような、幸せな気分にさせてくれます。

また、クリスマス用の置物やオーナメントは持ち運びやすく値段も2〜5ユーロほどと手頃なので、ちょっとしたお土産にもぴったり。イタリアで手に入れたオーナメントを自宅に飾っておけば、それだけでちょっと特別な気分のクリスマスを迎えることができるかもしれません。

クリスマス用の置物
photo by suzukikei

クリスマスにちなんだ置物や飾りはお土産にも最適ですよ。

ローマとミラノのクリスマスマーケットに行こう

ローマとミラノのクリスマスマーケット
photo by suzukikei

クリスマスマーケットはイタリアの各都市で開催されていますが、その中でも規模が大きく、アクセスの良さなどから多くの観光客で賑わうのがローマ(ナヴォーナ広場)とミラノ(ドゥオモ広場)のクリスマスマーケットです。

12月になるとミラノのドゥオモ広場はクリスマス一色、10メートルもある巨大なツリーも登場します。いずれも街の中心地にあるというだけでなく、四大河の噴水やドゥオモなど歴史的な建造物のすぐそばに屋台が並ぶので、雰囲気は言うまでもなく抜群。まるで中世にタイムスリップしたかのような気分を味わえます。
マーケット自体は1日中開催されていますが、もし時間が許すのであれば周囲が美しくライトアップされる夜に訪れるのがおすすめ。イタリアといえど12月はとても寒いので、しっかりと防寒をしてお出かけください。

ローマのクリスマスマーケット(Mercatino di Natale di piazza Navona)
住所:Piazza Navona, Rome Italy
時間:月〜金曜10〜翌1時、土日祝10〜翌2時
開催期間:2017年12月2日〜2018年1月6日

ミラノのクリスマスマーケット(Mercatino di Natale in piazza Duomo)
住所:Piazza Duomo, Milan Italy
時間:9〜21時
開催期間:2017年12月11日〜2018年1月8日

ミラノのクリスマスマーケット、ライトアップされたドゥオモのすぐ隣で開催されています!


photo by suzukikei

年が明けてからもマーケットは続く!


photo by suzukikei

クリスマスマーケットの開催期間はその国やマーケットにより差がありますが、イタリアの場合、ほとんどは12月25日を越えて翌年1月6日頃まで開催されています。

実はこの1月6日はエピファーニャ(公現祭)と呼ばれる祝日で、イタリアでは12月25日から1月6日までの12日間を聖誕節(いわゆるクリスマス)としてイエスの誕生を祝う習慣があります。12月25日以降も街中はクリスマス気分のまま、当然ながらマーケットもそのまま継続して開催されているというわけです。カトリックのイタリア人にとってクリスマスは一年で一番大切な日、クリスマスマーケットも多くの人で賑わいます。

日本ではクリスマスをすぎればすぐお正月という認識ですが、イタリアでは年が明けてもしばらくはクリスマスモード。お正月にイタリア旅行を計画中の人も十分間に合います。本場の雰囲気を味わいに、ぜひクリスマスマーケットを訪れてみてはいかがでしょうか。

ローマのホテルを探す

ローマへの航空券を探す

ローマ旅行・ツアーを検索