観光地の情報収集やホテルの予約、マップ機能など、もはや海外旅行の必需品といった感のあるスマートフォン。どうせ使うのであれば、現地でSIMカードを購入してもっと便利に、お得に使いこなしてみましょう。イタリアでSIMカードを購入する際の注意点や方法、キャリアの違いなどをまとめてご紹介します。

頻繁に旅行するなら、SIMフリー携帯+現地SIMがおトク!

海外でスマートフォンを使う場合、日本で普段使っている携帯をローミングしたり、日本の空港でレンタルしたりする方法もありますが、いずれも通信料やレンタル料が高額になるのが悩ましいところ。いくら欠かせないものとはいえ、使い方や期間によっては10,000円を超えることも珍しくありません。「だったらもう少し美味しいものを食べられたのに……」なんて、明細を見ながら考えてしまったことがある人もいるのではないでしょうか。

そんな人にぜひおすすめしたいのが、イタリア国内でSIMカードを購入する方法です。イタリアは日本に比べて携帯の通信料が安く、通常の使い方であればひと月10〜30ユーロもあれば十分にまかなえてしまいます。

また、イタリアのSIMカードを使用するためにはSIMフリーの携帯電話も必要になります。日本で用意できるのであればそれを持ち込んでもいいのですが、最新機種にこだわらなければ、現地の家電量販店などで100ユーロ程度から見つけることもできます。現地で購入する手間は増えるものの、頻繁に旅行する人やイタリアでも気兼ねなく使いたいという人にとっては、魅力的な手段になるのではないでしょうか。

イタリアの携帯キャリアは3つ!どれを選ぶのが正解?

イタリアでSIMカードを使用する場合は、契約書類などの面倒がない旅行者用プランを利用するのがおすすめです。キャリアによってそれぞれ特徴やつながりやすさ、プランが異なるので、行き先や用途にあわせて選ぶようにするといいでしょう。

以下、旅行者用プランを提供している3つのキャリアの特徴と、プランをまとめてみました。(プランの内容は2017年8月現在のもの。いずれのキャリアも頻繁に変更があるため、該当プランがない場合は旅行者用のものを契約したいことを店員に伝えるとスムーズです。)

TIM(ティム)

TIM(ティム)

イタリア最大手のキャリアで利用者も多く、つながりやすさも非常に良好です。店舗数も多く、街中はもちろん空港やターミナル駅などで頻繁に見かけることができます。

旅行者用プラン:TIM for Visitors
料金:20ユーロ
有効期間:30日
プランに含まれているもの:通話100分/インターネット通信4GB

Vodafone(ボーダフォン)

Vodafone(ボーダフォン)

日本でも馴染みの深いボーダフォン。インターネットはホテルのWi-Fiなどを利用して、そのぶん通話をメインに使いたいという人におすすめ。つながりやすさも良好です。

旅行者用プラン:Vodafone Holiday
料金:30ユーロ
有効期間:4週間
プランに含まれているもの:通話300分/SMS300通/インターネット通信2GB

WIND(ウインド)

WIND(ウインド)

コストを重視したい人向けのプラン。ワイナリーツアーに参加するなど農村部に行く場合は一部つながりにくい場面もありますが、都市部ではほぼ問題ありません。

旅行者用プラン:ITALY TOURIST PASS
料金:10ユーロ
有効期間:4週間
プランに含まれているもの:通話100分/インターネット通信2GB

SIMカード購入の際に、注意することはある?

携帯電話のプランは複雑なため、特に海外で契約することに不安を感じる人もいるかもしれません。SIMカードを購入するうえで、最低限注意しておきたいことを説明しましょう。

必要書類は何がある?

SIMカードを購入するうえでまず気になるのが必要書類。ただ、これはそれほど難しいものではなく、各キャリアとも身分証明書としてパスポートがあれば購入可能です。契約の際に滞在先の住所を聞かれることもあるので、念のためホテルの名前と住所をメモしていきましょう。

月契約ではなく、プリペイドであることを確認する

イタリアのSIMカードには、日本でも一般的な月契約のものと、使用した分だけを支払うプリペイドの2種類があります。旅行者用プランは基本的にプリペイドの契約ですが、念のため契約時に確認するようにしましょう。月契約、プリペイドはそれぞれイタリア語で次のように言い表します。

prepagato(プレパガート:プリペイドのSIMカード)
abbonamento(アボナメント:月契約のSIMカード)

支払いはできるだけ現金で

イタリアは良くも悪くもおおらかな国です。日本と異なり、ショップの店員があまりプランに対する知識を持っていないこともあります。旅行者用プランを契約したつもりが、月契約のプランになっていたなんてケースも、ありえないとは言い切れません。

こんな時に備えて、SIMカードはできるだけクレジットカードではなく、現金で購入するようにしましょう。仮にプランを間違えて契約してしまっても、現金で購入しておけば毎月カードから自動で決済されるのを防ぐことができます。

公衆Wi-Fiよりも、SIMカード購入が断然手軽に使える!

イタリアは日本に比べると公衆Wi-Fiの設備も整っていますが、それでもカバーされているのは主要駅や空港と、一部の公共の建物程度。観光中にどこでも自由に使えることを考えると、現地でSIMカードを購入するのをおすすめします。イタリアでSIMカードを手に入れて、快適な旅行を楽しんでくださいね!

ローマ旅行・ツアーを検索

ミラノ旅行・ツアーを検索

フィレンツェ旅行・ツアーを検索