イタリアのチップ事情ってどうなの? ?ホテル、レストラン、タクシー編?

イタリアのチップ事情ってどうなの? ?ホテル、レストラン、タクシー編?

海外旅行をする際に日本人を悩ませるのが「チップ」の存在です。イタリアでは基本的にチップは義務ではないので、旅行中一度も渡さなかったとしても問題はありません。ただ、素敵なサービスへのお礼としてスマートに渡すと、次からも良いサービスを期待できたり、コミュニケーションのきっかけとなったりするため、渡し方を覚えておいて損はないでしょう。そんなイタリアでのチップの渡しどころと、金額の相場をご紹介します。

ホテルでの渡しどころは?

ホテルでの渡しどころは?

ホテルでの渡しどころは主にポーター、ベッドメイキング、ルームサービスの3ヶ所。それぞれの金額の相場と、渡す際の注意点をご説明しましょう。

ポーター

ポーターへ渡すチップは、荷物1つあたり1ユーロを目安にしましょう。2個なら2ユーロですが、4個なら5ユーロ札、人数が多く荷物がたくさんなるなら10ユーロ札など、その時にあわせて臨機応変に、端数にならないように渡すとスマートな印象になります。荷物を運び終わったタイミングで渡してください。

ベッドメイキング

ベッドメイキングへのチップ(いわゆる枕銭)はそれほど一般的ではありませんが、渡したい場合は1人あたり1ユーロを目安に枕の上に置いておきましょう。ただ、シーツ交換の際に気づかずに巻き込まれたり、窃盗と勘違いされないよう手をつけないメイドさんもいたりします。「Grazie!(ありがとう)」と書いたメモを一緒に置くなど、チップとわかりやすい工夫をしておきましょう。

ルームサービス

ルームサービスに渡すチップは、注文するメニューにもよりますが、1〜5ユーロが目安です。簡単な軽食と飲みものだけなら1ユーロ、複数人でのディナーであれば5ユーロ、といった感じでしょうか。いずれの場合も料理を運び終わったあとに渡します。

レストランでは渡し方に注意!

レストランでは渡し方に注意!

外食した際のチップも日本人にとっては悩ましいところ。渡す金額は店のグレードにもよりますが、トラットリアやピッツェリアなどカジュアルなお店であれば1人あたり1〜2ユーロ程度を目安にしましょう。

本格的なレストラン(リストランテ)の場合は会計金額の10%程度が目安とされていますが、この場合も会計が55ユーロならチップは5ユーロ、会計が88ユーロならチップは10ユーロといった感じで、端数がないように渡したほうがスマートです。

いずれの場合も、チップはそこで働く従業員への感謝の気持ちとして渡すもの。できる限りレジで支払うのではなく、席を離れる際にテーブルに現金で残すようにしましょう。レジでチップ込みの金額を払ってしまうと、オーナーの総取りになってしまう可能性もあるため要注意……! クレジットカードで支払いをする場合も、チップだけは現金で直接テーブルに残したほうが喜ばれます。

タクシーは端数をチップに

タクシーは端数をチップに

タクシーの運転手へのチップは、端数をそのまま渡すのが一般的。例えば13.80ユーロならチップ込みで15ユーロを、18ユーロなら20ユーロを支払うといった感じでしょうか。人によっては最初からチップとみなしてお釣りを返さない人や、最初からチップ込みで多めの金額を請求してくる運転手もいます。

もちろん、気持ちよくタクシーに乗れたのであれば言われた金額通りに払ってもいいのですが、あまりサービスに満足できず、チップを払いたくないと思った場合は「Mi da resto?(ミ・ダ・レスト?/お釣りをもらえますか?)」とはっきり告げたほうがいいでしょう。

渡し方と金額さえわかっていれば、躊躇せず渡せる!

日本にはチップ文化がないため、渡す際に躊躇したり、会計以外にお金を支払うことに抵抗を覚えたりする人もいるかもしれません。ただ、スマートにチップを渡せると、自分にとっても気持ちのいい体験ができる場面が多々あります。これも海外旅行の体験のひとつとして、ぜひ挑戦してみてくださいね!

ローマ旅行・ツアーを検索

ミラノ旅行・ツアーを検索

フィレンツェ旅行・ツアーを検索