日本では定番のお菓子として人気のバームクーヘン(バウムクーヘン)。

ドイツ語でバームは木、クーヘンはケーキという意味の通り、年輪のような層を持つお菓子。バームクーヘン誕生の地・ドイツで、日本とは一味違う本場の味と歴史に触れてみませんか。

ドイツのバームクーヘンはピリッとスパイスが効いている

ドイツのバームクーヘンはピリッとスパイスが効いている

日本のバームクーヘンはふんわりとした優しい甘さと食感で、世代を問わず多くの人に愛されている人気お菓子。その愛されっぷりは贈答品からコンビニスイーツまで大活躍!身近にあるお菓子といえるでしょう。

しかしドイツのバームクーヘンは、19世紀前半の誕生以来、訓練を積んだ職人のみが作ることを許されている特別なお菓子なのです。街で見かけるコンディトライ(ドイツ語でケーキ屋さんの意味)にはほとんど置いてなく、購入できるお店が限られているんです。

砂糖、バター、卵、小麦粉、マルチパン(アーモンド入りの甘い練り菓子)などの基本的な材料に加え、シナモンやカルダモンといったスパイスやラム酒が使われ、お店によって違いがありますが、ピリッと刺激のある深い味わいがドイツのバームクーヘン。表面は、乾燥を防ぐために糖衣やチョコレートでコーティングされているのが一般的です。

カフェスペースがあるお店でバームクーヘンを注文すると、横に薄く削ぎ切りした形で出てきます。

ドイツのバームクーヘンはピリッとスパイスが効いている

日本人には馴染みが無いためビックリ!ですよね。でもドイツでは、食感の柔らかさを守るためにこれが正しい切り方です。

特別なお菓子なので食べたことがないドイツ人もそこそこいます。しかし、長い歴史の中で伝統のレシピを守り続け、ブナやシラカバを用いた芯棒に巻かれた生地を丁寧に焼く様は銘菓の貫禄十分。バームクーヘンはケーキの王様と呼ばれるにふさわしいでしょう。

美味しいお店はどこ?バウムクーヘンの名店で食べ比べ!

どれも美味しそうでお店選びに迷っちゃう…そんなアナタの気持ち、わかります。

バームクーヘンの名店として名高く、観光客にも訪れやすいクロイツカム、ハイネマン、ライジーファーの3店の魅力に迫ってみましょう!

Kreutzkamm(クロイツカム)

Kreutzkamm(クロイツカム)

1825年ドレスデンで創業したクロイツカムは、第二次世界大戦での戦火を乗り越え、伝統のレシピを大切に継承している人気店です。現在はドレスデンの他にミュンヘンに2店舗あります。バニラと砂糖でコーティングされたバームクーヘンは、ほんのりスパイスが効いて甘さ控えめ。日本のバームクーヘンでは甘すぎると思っていた方に是非とも試してもらいたい大人の味が魅力です。

Kreutzkamm(クロイツカム)店内画像

お土産用は200g8ユーロ、500g21ユーロ前後の値段で、チョコレート、バニラ+砂糖でコーティングされた2種類があります。一番お土産に手頃な300gはプラスティックの容器入りで約13ユーロ。その他の大きさでも、プレゼント用の箱(50セントで販売)を利用して、形を崩さずに日本へ持ち帰ることができます。家族やお友達の顔を思い浮かべながら、バームクーヘンの大きさを選んでみてください。

Kreutzkamm(クロイツカム)
公式サイト(英語):http://shop.kreutzkamm.de/en/home/

カフェクロイツカム(Café Kreutzkamm)マッファイ通り店<ミュンヘン>
住所:Maffeistraße 4, 80333 München
営業時間:月曜-金曜8時-19時 土曜9時-19:00時 日曜、祝日12時-18時(9月28日-5月13日のみ開店)
上記期間以外の日曜、祝日は定休日
行き方:マリエンプラッツ駅からヴァイン通り(Weinstraße)を3分ほど進むと左手にマッファイ通りが見えてきます。本場の味をまず味わってみたいという人は、併設のカフェを利用してみるのがおすすめ。

Heinemann(ハイネマン)

Heinemann(ハイネマン)

メンヒェングラットバッハで1932年に創業したハイネマンは、ケーキ作りに情熱を注ぎ細部に至るまで注意を払う徹底ぶりで、今ではドイツ全土にその名を轟かせる人気店です。

品質管理に重点を置いているため、カフェを併設した店舗はメンヒェングラットバッハやデュッセルドルフ近郊に集中していますが、ミュンヘンではお土産用商品の一部を購入することができます。バームクーヘンは、充分な甘さと少量のアルコールにしっとりスポンジがリンクして舌をとろけさせ、クセが少なくふんわりと甘いその味は日本人に一番人気なのも頷けます。

ホワイトチョコレートでコーディングされたタイプはより甘めに作られています。

Heinemann(ハイネマン)

お土産用は500g24ユーロ前後で、希望すればプレゼント用の箱を無料でつけてくれます。職場など多くの人達へのお土産なら「Baumkuchen Ecken」がおススメ!Eckeはドイツ語で角を意味し、バームクーヘンの形を整える際に切り落とした部分をチョコレートでコーティングしてあり、甘さが濃厚で一息入れたい時にピッタリ! 実に美味です。一箱に約12個入りで7.5ユーロほど。甘いものが得意でない方は、ビター味もありますよ。

Heinemann(ハイネマン)
公式サイト:https://www.konditorei-heinemann.de/

ハイネマン フェラインスバンク パッサージュ店<デュッセルドルフ>
住所:Martin-Luther-Platz 32 , Dusseldorf (Vereinsbank-Passage内)
営業時間:月~金曜9時-19時 土曜9時-18時30分 日曜、祝日10時-18時
行き方:Uバーン(ドイツの地下鉄)Steinstr./Königsallee駅からブルーメン通り(Blumenstraße)を2分ほど進むと左側にフェラインスバンク パッサージュ店が見えてきます。近くのバーン通り(Bahnstraße)にもカフェを併設した店舗があり、他にもデュッセルドルフ市内と近郊に数店舗あります。

Leysieffer(ライジーファー)

ライジーファーのお土産用バームクーヘン

1909年オスナブリュックで創業したライジーファー。現在はベルリン、デュッセルドルフ、ハンブルク、ミュンヘンなどに店舗を構えるチョコレートの名店です。可能な限り添加物を控えとことん品質にこだわっています。それゆえ、バームクーヘンにコーティングされているチョコレートは絶品で、リキュールが香る生地と絶妙にマッチし、名店と呼ばれる所以を思う存分堪能することができます。コーティング無しのバームクーヘンは優しい甘さで、日本のバームクーヘンにとても近い味です。両方食べくらべるのももちろんアリですよ!

ライジーファーのお土産なら、何といっても缶入りバームクーヘン(170g約12ユーロ)です。缶が何ともシックで上品、大切な人へのお土産に相応しいでしょう。また、オレンジやティラミス味もある100gの小サイズバームクーヘンは5ユーロで前後とってもお得!家族やお友達に配ったら喜ばれること間違いなしです。

Leysieffer(ライジーファー)

主要空港内に出店していますが、空港によっては軽食メインのカフェになっておりバームクーヘンを置いていない場合がありますのでご注意ください。

Leysieffer(ライジーファー)
公式サイト:http://www.leysieffer.de/englisch/home.html

ライジーファー フリードリッヒ通り店<ベルリン>
住所:Friedrichstraße 68 Berlin
営業時間:月~金曜8時30分-20時 土曜10時-20時 日曜10時-18時(9月-5月のみ開店)
上記期間以外の日曜は定休日
行き方:Uバーン(ドイツの地下鉄)Stadmitte駅を出ると目の前がフリードリッヒ通りで、すぐに「The Q」という商業施設が見えてきます。「The Q」のなかにカフェを併設したライジーファーがあります。ベルリンには他に3店舗ありますが、そのうち2店舗はお土産用商品のみを取り扱っています。

バームクーヘンをお土産にしよう!知っておきたいポイント

バームクーヘンをお土産にしよう!知っておきたいポイント

お土産用バームクーヘンの賞味期限はいずれも約1ケ月ですので、安心して日本に持ち帰れます。通常は常温保存ですが、夏の暑い時期ではコーティング部分のチョコレートが溶けてしまうおそれがあるので、保管場所にはお気を付けください。

また、プレゼント用の箱を希望する場合は「bitte eine Box(ビッテ アイネ ボックス)」または「bitte eine Geschenkbox(ビッテ アイネ ゲシェンクボックス)」と尋ねましょう。

バームクーヘン誕生の国だからきっと空港でもお土産用を売っているはず、とついつい思ってしまいがちですが、空港で売っていることはほぼありません。観光に忙しくてバームクーヘンを買い損ねちゃった…ということがないように、時間を見つけて事前にお店で購入しましょう。

日本とは少し味が異なる本場ドイツのバームクーヘン。ドイツ旅行のお土産にぜひ購入してみてはいかがでしょうか?

ミュンヘンの旅行・ツアーを検索

ベルリンの旅行・ツアーを検索

フランクフルトの旅行・ツアーを検索