フランスは、イタリア、中国、スペインに続き世界第4位に世界遺産数を誇ります。今回は、特にオススメの世界遺産をご紹介します。

凱旋門とノートルダム大聖堂は、狭い階段がチョッと辛いけど登るべし!

凱旋門

19世紀初頭にナポレオンが戦勝記念として建築を命じた、フランスの象徴「凱旋門」。展望台からは、放射線状に広がる12本の道路が、まるで星の形に見えます。エッフェル塔、キラキラ光るピラミッドのようなルーブル美術館など、フランスを代表する建造物と、時計上に渦巻く街並みが素晴らしいので、ぜひ登ってみて下さいね。

ノートルダム大聖堂

ノートルダム大聖堂

登るパリの世界遺産といえば、ゴシック様式の代表「ノートルダム大聖堂」。「私たちの貴婦人」という名で12世紀から13世紀に聖母マリアのために建造されました。塔に居座っている魔よけのガーゴイルがなんとも摩訶不思議。ノートルダム大聖堂から見る景色には、パリという街の歴史に感動するでしょう。

ヴェルサイユ宮殿とフォンテンブローヌ宮殿の華麗な宮廷文化に酔いしれる!

ヴェルサイユ宮殿

ブルボン王朝の「太陽王」ルイ14世がフランスの威信をかけて造った「ヴェルサイユ宮殿」。ため息が出るほど煌びやかなこの宮殿の「鏡の回廊」は、絶対王政を象徴するために建造されました。今でも時おり使われるこの回廊から覗ける庭園は、宮殿に負けないほど広大で華麗です。

フォンテーヌブロー宮殿

16世紀に建造された「フォンテーヌブロー宮殿」はルネサンス様式の宮殿です。フランソワ1世からナポレオンまで、歴代の当主に愛されたこの宮殿は、ヴェルサイユ宮殿をゴージャスで絢爛に例えるならば、シックで瀟洒。フランス最大の宮殿として、壮大で優美な歴史を感じさせてくれます。王家の狩猟場であったフォンテンブローヌ森も、ぜひ散策してみて下さいね。

シャルトル大聖堂とブールジュ大聖堂のステンドグラスはまるで異空間!

シャルトル大聖堂

パリから約90キロ南西にある「シャトル大聖堂」。13世紀に竣工され、フランスゴシック建築の代表と言われています。「シャルトル ブルー」と呼ばれるスタンドグラスの美しく鮮やかな青が有名です。麦畑に囲まれた美しく歴史あるシャルトルの景観にも心をうたれるでしょう。

ブールジュ大聖堂

「シャルトル大聖堂」と並び、フランスゴシックの傑作といわれるのが、パリから200キロほどの南に位置する「ブールジュ大聖堂」。12世紀末から13世紀にかけて建築されたこの大聖堂の高さは最高でなんと40mもあります。「この大聖堂の中に立つと、キリストになったような不思議な気持ちになる」と文豪スタンダールは語ったといいます。

アミアン大聖堂の壮麗なストーリーでキリスト教の歴史を体感!

アミアン大聖堂

アミアン大聖堂

パリから北へ約130キロ離れたところに、「アミアン大聖堂」があります。13世紀に完成したと言われるゴシック様式の、この大聖堂の外観と内部は、「石の百科全書」と呼ばれる石の彫刻群で装飾されています。彫刻群は人類の誕生から、最後の審判までのストーリーを表しているとか。字を読めなかった民衆にキリスト教を広めるために作られました。その壮大さに、当時のキリスト教の強力さに思い知らされます。

プロヴァン、リヨン歴史地区、カルカッソンヌで中世にタイムスリップ!?

プロヴァン

パリから約90キロ南東に位置する「プロヴァン」は、12世紀から13世紀に最も繁栄しました。その後、街の現代化が進まず、素晴らしい中世の街並みが残っています。城壁に囲まれた旧市街には、街のパノラマを一望できるセザール塔や、石の採掘跡として迷路のように張り巡らされた地下道など、訪れるべき場所がたくさんあります。

リヨン歴史地区

リヨン歴史地区

パリから南へ約460キロ下った「リヨン歴史地区」は、ヨーロッパ随一のルネサンス地区。石畳の街を歩いていると、まるで中世にタイムスリップしたかのよう!星の王子さまの作者であるアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリもここで生まれました。赤い屋根が連なるリヨンの景観も格別です。

カルカッソンヌ

カルカッソンヌ

モンサンミシェルに次ぎ、フランスで2番目に多く観光客が訪れる世界遺産が「カルカッソンヌ」。パリから約770キロ南下したところにあります。3キロの長さの城壁に囲まれた、ヨーロッパで最大級の城塞都市は、しばしば歴史映画のロケ地になるほど、中世の風景が豊かに残っています。夜、ライトアップされた姿は圧巻です。

海に浮かぶ奇跡の修道院!? モンサンミシェル

モンサンミシェル

モンサンミシェル

フランス北部のノルマンディ地方にあるモンサンミシェルは、8世紀に司教オベールが大天使ミカエルのお告げで、海に浮かぶ岩石に聖堂を建てた時から始まります。その後、歴史の大激動と共に、修道院、要塞、牢獄と、姿形を変え、1966年には修道院として復活しました。パリから日帰りの距離ですが、島内に泊まり、朝日、夕日、ライトアップされた景色を楽しむのもオススメです。まさに世界有数の絶景でしょう。

珍しい戦後の世界遺産!ルアーヴル

ルアーヴル

ルアーヴル

フランス北西部屈指の港湾都市「ルアーヴル」。この都市は、第二次世界大戦中、ドイツ軍との激しい戦いで廃墟となってしまいましたが、20世紀を代表するオーギュスト・ペレの革新的な復興計画で、見事に復活。その先鋭的な再生計画とコンクリートを使った近代建築が評価され、戦後の建造物としては珍しく世界遺産に登録されました。サン=ロシュ・スクウェア、オーサン=ジョゼフ教会、アンドレ・マルロー美術館などが名所です。

フランスの世界遺産一覧

フランスで人気の世界遺産

  1. 凱旋門
  2. ノートルダム大聖堂
  3. ヴェルサイユ宮殿
  4. フォンテーヌブロー宮殿
  5. シャルトル大聖堂
  6. プロヴァン
  7. モンサンミシェル
  8. ルアーヴル
  9. アミアン大聖堂
  10. ブールジュ大聖堂
  11. リヨン歴史地区
  12. カルカッソンヌ

フランスのその他の世界遺産

  • サンテミリオン
  • レユニオン
  • サンティアゴ巡礼
  • ミディ運河
  • ロワール渓谷
  • ローマ水道橋
  • セーヌ河岸
  • スタニスラス広場
  • アヴィニョン教皇庁
  • ポルト湾
  • サントマドレーヌ大聖堂
  • ヴェゼール渓谷
  • ニューカレドニアバリアリーフ
  • アルケ スナンの王立製塩所
  • アルビ司教都市
  • アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群
  • ストラスブールのグランディル
  • フォントネーのシトー会修道院
  • アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群
  • ヴォーバンの防衛施設群
  • コースとセヴェンヌの地中海性農牧地の文化的景観
  • サン サヴァン シュール ガルタンプの修道院教会
  • ノールパデュカレー地方の炭田地帯
  • フランス鐘楼群
  • リューヌ港