パリから日帰りで世界遺産の町「プロヴァン」へ。中世にタイムスリップ!

パリから日帰りで世界遺産の町「プロヴァン」へ。中世にタイムスリップ!

北欧、東欧、オリエントやアフリカをつなぐ街道の交差点として、”シャンパーニュ大市”が定期的に開催されるなど、12世紀から13世紀頃にかけてヨーロッパ有数の商業都市として繁栄していたシャンパーニュ地方の町「プロヴァン」。その後、商業用街道のルート変更、宗教戦争や疫病の流行の影響で町は衰退しましたが、逆に発展し続けなかったことで、現在でも中世の雰囲気を町に色濃く残しています。2001年には世界遺産にも登録され、世界中の観光客がより訪れるようになった「プロヴァン」。日本語の地図付きガイドも用意されており、じっくりと歴史を学びながら回ることができます。

「プロヴァン」駅に着いたら、日本語の観光マップを入手

「プロヴァン」は、城壁に囲まれた歴史ある旧市街(Ville Haute)エリアと新市街(Ville Basse)エリアに分かれており、パリからSNCF国鉄Transilien線で降り立つプロヴァン(Gare de Provins)駅は、東側の新市街にあります。駅の隣の観光案内所にある日本語のプロヴァン観光案内マップを手に入れるとおおよその地理がわかり大変便利。「プロヴァン」の主要4箇所に入れる”共通パス(Pass Provins)”は、大人10,40€、子供(5~12歳)7,20 €となっており、それぞれ払うよりお得です(セザール塔、グランド ディーム、地下道と施寮院、プロヴァン博物館 Le musée de Provins et du Provinois)。

中世の町にタイムスリップしたかのような旧市街エリア

シャテル広場(Place Chatel)

旧市街地にある「シャテル広場(Place Chatel)」は、十字架と13世紀から残る井戸が目印。かつて貨幣の取引所として栄えた場所で、十字架は、”両替の十字架”や”勅令の十字架”と呼ばれています。広場の周りには、伝統的な木組みの建物が多く、地元の名産物が買えるお土産ショップ、カフェやレストランとして賑わっています。また、広場の東側には地元職人の作品を展示している「地方と職人の館(La Maison du Terroir et de l’Artisanat)」もあります。

シャテル広場(Place Chatel)
最寄り駅:SNCF国鉄Transilien線のプロヴァン(Gare de Provins)駅から徒歩21分

数あるビストロ、クレープリーの中でも特に注目なのは、ミュランの三つ星レストラン「オ・ヴュー・ランパール(Aux Vieux Remparts)」。通りからも、おしゃれで開放的な人気のテラス席が見えます。

グランジュ・オ・ディーム(La Grange aux dîmes)

「プロヴァン」の古くからある典型的な家屋を再現しているのが、「グランジュ・オ・ディーム(La Grange aux Dimes)」。かつてトゥールーズの商人が”シャンパーニュ大市”で定期的に利用していた場所で、複数の搬入口が今も残っているほか、美しいアーチ型天井の地下広間では、当時の市の様子が再現されています。「シャテル広場(Place Chatel)」から西の城壁に向かう途中にあります。

グランジュ・オ・ディーム(La Grange aux dîmes)
公式ホームページ(英語・フランス語):https://www.provins.net/sites-incontournables-de-provins-tourisme/histoire-et-monuments/cite-medievale-de-provins/la-grange-aux-dimes/
アクセス:シャテル広場(Place Chatel)から徒歩1分
開館日時:(1/2〜3/29)月〜日曜日14:00〜17:00、(3/30〜9/1)月〜日曜日10:00〜18:00、(9/2〜11/3)10:00〜18:00、(11/4〜12/31)月〜日曜日14:00〜17:00、(12/14・15)11:00〜17:00
閉館日:1/1、12/25
住所:3 rue Saint-Jean, 77160 Provins

城壁とサン・ジャン門(Les Remparts et La Port St Jean)

旧市街エリアを囲む城壁は、プロヴァンの領主であったシャンパーニュ伯の指示により13世紀に造られました。中世には5kmほど続いていた城壁も、残念ながら現在は1.2kmしか残されていませんが、高さ25m以上もある城壁からは今でも迫力を感じられます。

中世時代、城壁には10個の門が造られていました。その一つ旧市街地の西の端にある「サン・ジャン門(La Port St Jean)」は、パリへ続く旧街道に通じており、「プロヴァン」を訪れる人々に町の力を示すための装飾が施されました。「サン・ジャン門(La Port St Jean)」と、北の方にある「ジュイ門(La Porte de Jouy)」からは、左右にのびる城壁に登れ、町を高台から見下ろすことができます。

城壁(Les Remparts)、サン・ジャン門(La Port St Jean)、ジュイ門(La Porte de Jouy)
公式サイト(英語・フランス語):https://www.provins.net/sites-incontournables-de-provins-tourisme/histoire-et-monuments/cite-medievale-de-provins/les-remparts/
アクセス:サン・ジャン門(La Port St Jean)はシャテル広場(Place Chatel)から徒歩5分、ジュイ門(La Porte de Jouy)はシャテル広場(Place Chatel)から徒歩6分
※城壁には、サン・ジャン門(La Port St Jean)かジュイ門(La Porte de Jouy)から登ることができます。
開館日時:年中
閉館日:なし
※無料

サン・ジャン門(La Port St Jean)を抜けたところには「プロヴァン観光案内所(Provins Tourisme)」があり、日本語のガイドマップがもらえたり、”共通パス(Pass Provins)”も購入できたりします。案内人にどんなルートで回ったら良いか等の詳細を相談することもできます。

プロヴァン観光案内所(Provins Tourisme)
公式サイト(英語・フランス語):https://www.provins.net/
最寄り駅:SNCF国鉄Transilien線のプロヴァン(Gare de Provins)駅から徒歩28分、9番線バスで「Office de Tourisme」下車、シャテル広場(Place Chatel)から徒歩8分
営業日時:(3/31〜11/12)月〜金曜日9:00〜18:30、土・日曜日9:30〜18:30、(11/13〜3/30)月〜金曜日9:00〜17:00、土・日曜日9:30〜17:00
定休日:1/1、12/25
住所:4 Chemin de Villecran, 77160 Provins

セザール塔(La Tour César)

シャンパーニュ伯の権力を示し、「プロヴァン」の繁栄の象徴であった「セザール塔(La Tour César)」は12世紀に建てられ、監視塔、刑務所、鐘楼などの複数の役割を果たしてきました。

町の最も高台に建つ「セザール塔(La Tour César)」。最上階まで登ると、「プロヴァン」の町を一望できます。

セザール塔(La Tour César)
公式ホームページ(英語・フランス語):https://www.provins.net/sites-incontournables-de-provins-tourisme/histoire-et-monuments/cite-medievale-de-provins/tour-cesar/
アクセス:シャテル広場(Place Chatel)から徒歩4分
開館日時:(1/2〜3/29)月〜日曜日14:00〜17:00、(3/30〜11/3)月〜日曜日10:00〜18:00、(11/4〜12/31)月〜日曜日14:00〜17:00
閉館日:1/1、12/25 ※2019年は、3/2、3/3、12/14、12/15も休み
住所:Rue de la Pie, 77160 Provins

サン・キリアス参事会管理聖堂(La Collégiale St Quiriace)

「セザール塔(La Tour César)」からの景色の中でも一際目立つ、ドーム状屋根を持つ建物は「サン・キリアス参事会管理聖堂(La Collégiale St Quiriace)」。12世紀に建築が開始されながらも、資金難のため現在でも未完成のままだそう。ドームは17世紀に完成したもので、美しいステンドグラスもあります。

サン・キリアス参事会管理聖堂(La Collégiale St Quiriace)
公式ホームページ(英語・フランス語):https://www.provins.net/sites-incontournables-de-provins-tourisme/histoire-et-monuments/visite-guidee-ou-petit-train/provins-ville-de-voire-medievale/
アクセス:シャテル広場(Place Chatel)から徒歩5分
開館日時:(3/30〜11/3)週末・祝日14:30にプロヴァン観光案内所(Provins Tourisme)発のガイド
閉館日:11/4〜3/29 ※2019年は7/15・16、8/25、9/21・22も休み
住所:Place Saint-Quiriace, 77160 Provins

地下道と施寮院(Les souterrains)

「プロヴァン」には、元採石跡の地下道がいくつもあります。石の採掘が行われなくなった後は、ワインのカーヴ、”プロヴァン大市”の専売所、その他会合場所等とさまざまな用途で利用されてきました。現在、その貴重な地下道を見学できるのは、施寮院として使われていた地下道で、ガイドの解説を聞きながら入り組む地下道を探検することができます。

地下道と施寮院(Les souterrains)
公式ホームページ(英語・フランス語):https://www.provins.net/sites-incontournables-de-provins-tourisme/histoire-et-monuments/cite-medievale-de-provins/souterrains/
※ツアーの予約もこちらから
最寄り駅:SNCF国鉄Transilien線のプロヴァン(Gare de Provins)駅から徒歩12分、シャテル広場(Place Chatel)から徒歩9分
開館日時:(1/2〜3/29)月〜日曜日14:30、15:30、16:30、(3/30〜7/5)月〜日曜日10:30〜17:30 6/15・16 10:30〜16:00、(7/6〜9/1)月〜日曜日10:30〜17:30、(9/2〜11/3)月〜日曜日10:30〜17:30、(11/4〜12/15)月〜日曜日10:30〜17:00
閉館日:1/1、12/25
住所:3 rue Saint-Thibault, 77160 Provins

「プロヴァン」のイベント・スペクタクル

「プロヴァン」では毎年3月末から9月にかけ、屋外の会場を使ったさまざまなイベント・スペクタクルが開かれ、子供から大人まで楽しめます。

騎士伝説(LA LÉGENDE DES CHEVALIERS)

中世の戦いや生活の様子がわかる、シャンパーニュ伯の騎士伝説を描いた馬を使ったアクション時代劇です。言語がわからなくても楽しめる、王子、姫、悪人がでてくるシンプルな内容です。

騎士伝説(LA LÉGENDE DES CHEVALIERS)
公式サイト(英語・フランス語):https://www.provins.net/grands-rendez-vous/la-legende-des-chevaliers/
料金:大人11,40€、子供(5~12歳)6,90€、5歳未満幼児は無料
開演:(3/29~9/29)月〜金曜日14:30~、土・日曜日・祝日15:45~(6/8~9は特別追加上演あり。7/6~8/31の月〜金曜日は15:00~)、(10/1~11/2)土・日曜日・祝日15:45~
上映時間:45分

その他、ユネスコの無形文化遺産にも登録されている”鷹使いショー”では、鷹使いと鷹との素晴らしいコンビネーションが間近で見られ、また、中世の武器等について学べるイベントも開かれています。

「プロヴァン」の名産物をお土産に

「プロヴァン」はバラの町としても有名です。これは、13世紀に十字軍遠征に参加したシャンパーニュ伯チボー4世(Thibaud IV/1201-1253)が、ダマスカスのバラを持ち帰ったことが由来だとされています。現在はバラの栽培に加え、バラを用いたコスメやシロップ・キャラメルをはじめとする食材などの名産品も盛んに作られています。

「プロヴァン」の名産品などは、旧市街地にあるレストラン、お土産物屋や「プロヴァン観光案内所(Provins Tourisme)」で買えます。中世の騎士のコスプレやグッズも売られています。

川の流れる賑やかな新市街

新市街エリアに流れる、デュルタン川とヴルジー川の川沿いには綺麗な花のデコレーションがされていて、のどかで華やかな雰囲気が漂います。
新市街の中心は、コルドネリコルドネリ通り(rue de la Cordonnerie)で、市庁舎のある「ジェネラル・ルクレール広場(Place du General Leclerc)」から「サン・タユール広場(Place st-Ayoul)」にかけて続いており、ショップが立ち並ぶ賑やかな通りです。

「プロヴァン」で最初に市が開かれたという「サン・タユール広場(Place st-Ayoul)」に面するのは、現代的な造りで一風変わった見た目の「サン・タユール教会(l’Eglise St.Ayoul)」。11世紀より数世紀にわたり造られた新市街地の象徴的な教会です。素晴らしい門の彫刻は、現代彫刻家ジョルジュ・ジャンクロ氏によるものです。

サン・タユール教会(Eglise St.Ayoul)
公式ホームページ:なし
最寄り駅:SNCF国鉄Transilien線のプロヴァン(Gare de Provins)から徒歩10分
住所:2 Cour des Bénédictins, 77160 Provins

「プロヴァン」へのアクセス

パリ市内から「プロヴァン」へは、パリ市の東(Gare de l’Est)駅からSNCF国鉄Transilien線のプロヴァンProvins行きに乗車し、約1時間半の旅で、電車は1時間に1本程度運行しています。旧市街地までは徒歩か、または、駅にあるバス停から9番のバスでアクセスできます。

個人旅行でパリからの長距離電車に乗るのは、少し緊張感が高いかもしれません。しかし、「プロヴァン」はパリの東駅から乗り換えなしの終点までの乗車なので比較的アクセスしやすく、パリからの個人日帰り旅行初心者の方にもおすすめの行き先です。

パリのホテルを探すパリへの航空券を探すパリ旅行・ツアーを検索