パリから電車で約3時間。セザンヌも愛した南仏の街「エクス・アン・プロヴァンス」へ

パリから電車で約3時間。セザンヌも愛した南仏の街「エクス・アン・プロヴァンス」へ

パリから新幹線(TGV)で約3時間の南仏プロヴァンスを代表する街「エクス・アン・プロヴァンス」。真っ青で抜けるような空、黄金色の建物…パリとはまったく異なる穏やかで開放的な雰囲気の街は、印象派絵画の巨匠セザンヌが生まれ、生涯を終えた場所としても有名。今回は、「エクス・アン・プロヴァンス」の観光スポットやグルメ等をピックアップしてご紹介します。

黄金色の建物、街中に噴水があふれる街


photo by http://www.photos-provence.fr

紀元前に起源を発する古い街「エクス・アン・プロヴァンス」に降り立つと、パリとはまるで異なる真っ青で明るい空、黄金色の建物のコントラストに目を奪われます。端から端まで徒歩で約10分程度のこじんまりとした市街地内やその周辺に大聖堂、美術館、ワイナリーをはじめとする観光スポットやお買い物スポットがたくさんあります。

また、「エクス・アン・プロヴァンス」は湧き水が多いため、街中で様々な形の噴水を見かけます。旧市街地への西の入り口に位置する「ラ・フォンテーヌ・ド・ラ・ロトンド(Fontaine de la Rotonde)」は、直径32mもある大きな泉で、ギリシャ神話の3美神(Les Trois Grâces レ・トロワ・グラース)にも例えられることもある女性像が象徴的な場所です。

ラ・フォンテーヌ・ド・ラ・ロトンド(Fontaine de la Rotonde)
住所:Place du Général de Gaulle, 13100 Aix-en-Provence
「エクス・アン・プロヴァンス」の歴史・建物・邸宅をより深く見学したいなら、ガイド・ツアーへの参加がおすすめです(毎週水曜日と土曜日の午前10時から)。「ラ・フォンテーヌ・ド・ラ・ロトンド(Fontaine de la Rotonde)」の側にある観光局には、地図やツアー情報がありますので、旅の最初に立ち寄ると便利です。

エクス・アン・プロヴァンス観光局(Office de Tourisme)
公式サイト(日本語・英語・フランス語他):https://www.aixenprovencetourism.com/ja/
最寄り駅:AIX-EN-PROVENCE – Gare TGVからAix-en-Provence – Gare routière駅までLER17線で約30分、その後徒歩7分、街の象徴ともいえるラ・フォンテーヌ・ド・ラ・ロトンド(Fontaine de la Rotonde)のすぐ目の前
営業日時:(1月1日〜3月31日、10月1日〜12月31日)月〜土曜日8:30〜18:00(12月24日・31日は〜17:00)、(4月1日〜9月30日)月〜土曜日8:30〜19:00、日・祝日10:00〜13:00、14:00〜18:00
定休日:(1月1日〜3月31日、10月1日〜12月31日)日・祝日、(4月1日〜9月30日)5月1日
住所:300 avenue Giuseppe Verdi BP 160 13605 Aix-en-Provence Cedex 1

「ラ・フォンテーヌ・ド・ラ・ロトンド(Fontaine de la Rotonde)」から続くのは、プラタナス並木が美しいミラボー通りで、1650年に四輪馬車用の道として造られました。両脇には、かつて由緒ある家柄の貴族が建てた邸宅があり、また、たくさんのカフェやレストランも並び賑わいのある大通りです。土日には、骨董市が開かれることもあり、食器や家具、白い生地の服などの南仏らしい商品が並びます。

貴族の邸宅が今でも多く残るマザラン地区にある「ラ・フォンテーヌ・デ・キャトル・ドファン(La fontaine des Quatre Dauphins)」は特に人気の高い噴水です。オベリスクを持ち上げるように4頭のイルカが配置され、その口から水が流れるバロック様式のモニュメントは、街の拡大を祝うため1667年に建てられました。イルカを見たことがなかった作者は、なんとイルカの胴体に鱗をつけています。

ラ・フォンテーヌ・デ・キャトル・ドファン(La fontaine des Quatre Dauphins)
住所:Place des 4 Dauphins, 13100 Aix-en-Provence、「ラ・フォンテーヌ・ド・ラ・ロトンド(Fontaine de la Rotonde)」から徒歩6分

他にも幸運をもたらすと言われるイノシシ像の噴水や、苔に包まれた噴水など印象的なものも。街中にある噴水には暑い日の街歩きでも爽やかな涼をもたらせてくれます。

イノシシの噴水
住所:5 Place Richelme, 13100 Aix-en-Provence、「ラ・フォンテーヌ・ド・ラ・ロトンド(Fontaine de la Rotonde)」から徒歩5分

セザンヌが生まれ、生涯を終えた「エクス・アン・プロヴァンス」

「ラ・フォンテーヌ・ド・ラ・ロトンド(Fontaine de la Rotonde)」の横には、セザンヌの像があります。『エクスで生まれた者は、それ以上の場所を発見できなくなってしまう』という手紙を知人に送ったというほど、「エクス・アン・プロヴァンス」を愛した画家セザンヌは、銀行家の父親が購入した「エクス・アン・プロヴァンス」の広大な土地に晩年自らのアトリエを建設し、この土地で生涯を終えました。

「エクス・アン・プロヴァンス」の目抜き通り”ミラボー通り”にある「レ・ドゥ・ギャルソン(Les Deux Garçons)」は、豪華なシャンデリア、金や鏡の内装が素敵な老舗ブラッスリーです。セザンヌはブラッスリーの常連で、亡くなる1週間前にも訪れたとか。ピカソやエディット・ピアフなども通ったという超有名ブラッスリーです。

ブラッスリー・レ・ドゥ・ギャルソン(Brasserie Les Deux Garçons)

公式サイト(フランス語):https://les2garcons.fr/
アクセス:「ラ・フォンテーヌ・ド・ラ・ロトンド(Fontaine de la Rotonde)」から徒歩6分
営業日時:月〜日曜日7:00〜1:00
定休日:なし
住所:53 Cours Mirabeau, 13100 Aix-en-Provence

セザンヌのアトリエは、「エクス・アン・プロヴァンス」の中心部から丘を徒歩で20分ほど登ったところにあります。木漏れ日の素敵な庭は散策に気持ち良く、アトリエでは晩年に描かれた静物画や画材を見学できます。

セザンヌのアトリエ(Atelier de Cezanne)
公式サイト(英語・フランス語):http://www.cezanne-en-provence.com/
アクセス:「ラ・フォンテーヌ・ド・ラ・ロトンド(Fontaine de la Rotonde)」から徒歩21分
営業日時:(2月1日〜29日)火〜土曜日9:30〜12:30、14:00〜17:00、(3月1日〜31日)月〜日曜日9:30〜12:30、14:00〜17:00、(4月1日〜5月31日)月〜日曜日9:30〜12:30、14:00〜18:00、(6月1日〜9月30日)月〜日曜日9:30〜18:00、(10月1日〜11月30日)月〜日曜日9:30〜12:30、14:00〜17:00、(12月1日〜31日)月〜土曜日9:30〜12:30、14:00〜17:00
定休日:1月、5月1日、12月25日、(2月1日〜29日)日・月曜日、(12月1日〜31日)日曜日
住所:9 Avenue Paul Cézanne, 13100 Aix-en-Provence

セザンヌのアトリエ前の坂道をさらに登っていくと、晩年の絵画にも頻繁に描かれているサント=ヴィクトワール山が望めます。また、パリのオランジュリー美術館所蔵の”赤い岩”で有名なビベミュスの石切り場も見学できますので、セザンヌファンにはおすすめです。

サン・ソーヴール大聖堂

市街地の北の端にある「サン・ソーヴール大聖堂(Paroisse Cathédrale Saint Sauveur Aix-en-Provence)」は、5世紀から10世紀上もの長年に渡り建設されてきたため、ロマネスク様式、ゴシック様式やローマ時代の建築様式など様々な時代の建築・彫刻がまじわっています。

サン・ソーヴール大聖堂(Paroisse Cathédrale Saint Sauveur Aix-en-Provence)
公式サイト(英語・フランス語):http://www.cathedrale-aix.net/
アクセス:「ラ・フォンテーヌ・ド・ラ・ロトンド(Fontaine de la Rotonde)」から徒歩9分
開館日時:月〜日曜日8:00〜19:30
閉館日:ミサの際は一般客の入場が不可の場合があります。
住所:34 Place des Martyrs-de-la-Résistance, 13100 Aix-en-Provence

プロヴァンスの特産品

「エクス・アン・プロヴァンス」をはじめとするプロヴァンス地方には、カリソン、ワイン、ラヴェンダー関連の特産品があります。

“カリソン”とはアーモンドが原料の葉っぱの形をしたプロヴァンス地方の伝統菓子です。有名店「ル・ロワ・レネ(Le Roy René Aix-en-Provence, centre-ville)」の”カリソン”は、白いお砂糖コーティングがされた一般的な”カリソン”の他に、フルーツ、お花のフレーバーなど、カラフルなものもあります。9月の第1日曜日は、街でカリソンの祝福祭が行われ、仮装行列に演奏やダンスなどで賑わいます。

ル・ロワ・レネ(Le Roy René Aix-en-Provence, centre-ville)

公式サイト(英語・フランス語):https://www.calisson.com/
アクセス:「ラ・フォンテーヌ・ド・ラ・ロトンド(Fontaine de la Rotonde)」から徒歩7分
営業日時:月〜木・日曜日10:00〜13:00、14:00〜19:00、金・土曜日10:00〜19:00
定休日:なし
住所:11 Rue Gaston de Saporta, 13100 Aix-en-Provence

「ラ・フォンテーヌ・ド・ラ・ロトンド(Fontaine de la Rotonde)」から徒歩6分ほどの場所にある市庁舎前のリシェルム広場では、毎朝マルシェが開かれており、ラヴェンダーやオリーブ、タプナードなどのプロヴァンスの特産品を買うことができます。

プロヴァンスのラヴェンダーやハーブの製品といえば、日本にも店舗がたくさんある「ロクシタン(L’OCCITANE)」が有名。プロヴァンスのライフスタイルを取り入れた自然派(オーガニック)のコスメティックブランドは、もちろん「エクス・アン・プロヴァンス」の市街地にもあります。

ロクシタン(L’OCCITANE EN PROVENCE)
公式サイト(フランス語):https://fr.loccitane.com/
アクセス:「ラ・フォンテーヌ・ド・ラ・ロトンド(Fontaine de la Rotonde)」から徒歩3分
営業日時:月〜水曜日10:00〜19:00、木曜日10:00〜19:30、金・土曜日9:30〜19:30、日曜日11:00〜18:00
定休日:なし
住所:21 Rue Espariat, 13100 Aix-en-Provence

「パニエ・デ・サンス(Panier des Sens)」には、南仏の植物から抽出された天然成分使用したキャンドル、ハンドクリーム他コスメ商品が揃います。柑橘系のフルーティな香りが特に人気なのだとか。

パニエ・デ・サンス(Panier des Sens)

公式サイト(英語・フランス語・ドイツ語):https://fr.panierdessens.com/fr/
アクセス:「ラ・フォンテーヌ・ド・ラ・ロトンド(Fontaine de la Rotonde)」から徒歩6分
営業日時:月〜土曜日10:00〜19:00、日曜日11:00〜18:00
定休日:なし
住所:24 Place de l’Hôtel de ville, 13100 Aix-en-Provence

マルセイユからも近い「エクス・アン・プロヴァンス」でも、マルセイユ石鹸などの石鹸やオイル商品をお土産などに買うことができます。

レ・サボネリーズ・デュ・ソレイユ(Les Savonneries Du Soleil – Savon De Marseille – Aix En Provence)
公式サイト:なし
アクセス:「ラ・フォンテーヌ・ド・ラ・ロトンド(Fontaine de la Rotonde)」から徒歩7分
営業日時:月〜日曜日10:00〜19:00
定休日:なし
住所:10 Rue Gaston de Saporta, 13100 Aix-en-Provence

「エクス・アン・プロヴァンス」のグルメ

「ラ・フロマージュリー・デュ・パッサージュ(La Fromagerie du Passage)」は、1階がチーズ屋、2階がレストランの店。南仏産をはじめとして数多くのチーズが揃っています。

ワインと生ハム、チーズを気軽に食べられるテラス席もあります。「ラ・フロマージュリー・デュ・パッサージュ(La Fromagerie du Passage)」のあるパッサージュの入り口は大変狭いので、”PASSAGE AGARD”とかいてある石のアーチをお見逃しなく。

ラ・フロマージュリー・デュ・パッサージュ(La Fromagerie du Passage)

公式サイト(フランス語):http://lafromageriedupassage.com/
アクセス:「ラ・フォンテーヌ・ド・ラ・ロトンド(Fontaine de la Rotonde)」から徒歩6分
営業日時:(レストラン)火〜金曜日12:00〜14:00、19:00〜22:00、土曜日12:00〜14:30、19:00〜22:30、(ブティック)火〜土曜日10:00〜23:00、日曜日10:00〜14:00
定休日:月曜日(レストランのみ日曜日も休み)
住所:55 Cours Mirabeau, Passage Agard, 13100 Aix-en-Provence

グルテンフリーのメニューが揃い、ベジタリアンやビーガンも集う街のおしゃれカフェ「メゾン・ノッシュ(Maison Nosh)」。ホットドッグやパンケーキも人気です。

メゾン・ノッシュ(Maison Nosh)

公式サイト(フランス語):http://www.maison-nosh.com/
アクセス:「ラ・フォンテーヌ・ド・ラ・ロトンド(Fontaine de la Rotonde)」から徒歩4分
営業日時:月〜金曜日8:30〜17:00、土曜日9:00〜18:00、日曜日10:00〜15:30
定休日:なし
住所:32 Cours Mirabeau, 13100 Aix-en-Provence

旅の疲れを癒す温泉スパ

南仏の開放的な雰囲気の中で、旅の疲れを癒したり、デトックスしたりが希望なら「テルム・セクスティウス(Thermes Sextius)」へ。ミネラルたっぷりの温泉スパには、選べる施術メニューも多数あり、屋外にはプールもあります。

併設のホテル(Hôtel Aquabella)には、スパの客以外でも利用できるレストランがあります。プールのある広い芝生のテラス席でゆったりとした食事が楽しめます。

テルム・セクスティウス(Thermes Sextius)

公式サイト(フランス語):https://www.thermes-sextius.com/
アクセス:「ラ・フォンテーヌ・ド・ラ・ロトンド(Fontaine de la Rotonde)」から徒歩8分
営業日時:月曜日10:30〜17:30、火〜土曜日8:00〜20:00
定休日:日曜日
住所:55 Avenue des Thermes, 13100 Aix-en-Provence

ワイナリーへ足を伸ばす

フランスのワイン産地の中で最も古い歴史のあるプロヴァンス地方は、フランス最大のロゼワインの産地で、生産量の約90%がロゼワインです。個人でも「エクス・アン・プロヴァンス」の市街地から車(タクシー)で行けるワイナリーもあります。

市街地から車で約20分にある「シャトー・ラ・コステ(CHATEAU LA COSTE)」は、なんと安藤忠雄によって建てられたシャトーのワイナリー。ワイン畑、美術館、レストランもいくつかの見所・食べ所の多いワイナリーです。

スタイリッシュな建物のすぐそばには、広大なぶどう畑が広がります。より詳しくワイナリーを知りたい方向けには、ぶどう畑を歩いて回るツアーも開催されています。

シャトー内ショップには、「シャトー・ラ・コステ(CHATEAU LA COSTE)」のワインの他に、オリジナルのグッズも販売されています。エコバッグやノートなど洗練されたデザインで他では手に入らないのでお土産にも喜ばれそうです。

テラス席のあるレストランでは、「シャトー・ラ・コステ(CHATEAU LA COSTE)」のワインとともに、太陽をいっぱいうけたプロヴァンスの野菜や果物をふんだんに使った料理を堪能できます。

シャトー・ラ・コステ(CHATEAU LA COSTE)
公式サイト(英語・フランス語):https://chateau-la-coste.com/
アクセス:「ラ・フォンテーヌ・ド・ラ・ロトンド(Fontaine de la Rotonde)」から車で20分
営業日時:(ワイナリーツアー・テイスティング)月〜日曜日11:00と15:00はフランス語、13:00は英語 ※各レストランの営業時間はホームページでご確認ください。
定休日:なし
住所:2750 Route De La Cride, 13610 Le Puy-Sainte-Réparade

「エクス・アン・プロヴァンス」へのアクセス

パリ市内から「エクス・アン・プロヴァンス」へは、パリ市のリヨン (Paris – Gare de Lyon パリ-ガール・ド・リヨン)駅から新幹線TGVで約3時間の旅です。エクス・アン・プロヴァンス TGV(Aix-en-Provence TGV)駅からは車で約30分、または、ナヴェット(シャトルバス)40番線で約30分の道のりです。

<TGVの購入方法>
SNCF(フランス国鉄)
予約ページ(英語・フランス語他):https://www.oui.sncf/billet-train

レイルヨーロッパ
予約ページ(日本語):http://www.raileurope-japan.com/
※新幹線(TGV)のチケットは駅構内でも購入できますが、インターネットで早い時期に購入するとより低価格で手に入れられます(2ヶ月前から販売開始)。

夏のイメージが強い「エクス・アン・プロヴァンス」ではありますが、6月には普段は一般開放されない庭やアトリエを見学できるイベントや7月にはオペラ・フェスティバル、12月の短編映画祭、伝統的なクリスマスなど、1年を通して楽しめます。南仏らしいゆったりとした時を過ごすならできれば2・3泊滞在するのをおすすめします。

パリのホテルを探すパリへの航空券を探すパリ旅行・ツアーを検索