お手頃価格で色々試せる、パリの薬局で買える10ユーロ以下のハンドクリーム

お手頃価格で色々試せる、パリの薬局で買える10ユーロ以下のハンドクリーム

フランス発のハンドクリームなどのビューティー商品では、南仏発の“ロクシタン”が日本でとても有名ですが、パリの「薬局(Pharmacie、ParaPharmacie)」には、原料や香りにこだわったフランスのブランドの製品が他にもたくさん並んでいます。今回は、ビューティー商品の中でもお気軽に試せるハンドクリームについてご紹介。いずれもパリでは日本で買うより大変お得な価格なので、まとめ買い必須です。

薬局(Pharmacie、ParaPharmacie)

ハンドクリームは、パリの街じゅうにある「薬局(Pharmacie、ParaPharmacie)」で購入できます。「薬局(Pharmacie、ParaPharmacie)」の目印は、緑の十字。電光掲示板になっているところがほとんどで、ピカピカ光っていて遠くからでもわかります。広めの店ならどこの店でも色々なブランドのハンドクリームがありますが、パリの中でもさらにお安く手に入れたいなら、「パリで保湿系コスメ・スキンケア用品を買うなら、「パリのマツキヨシティファルマへ行くべし」でご紹介した「シティファルマ」がおすすめです。

ラ ロッシュ ポゼ / リピカ グゼランハンドクリーム(LA ROCHE-POSAY / LIPIKAR XERAND)

ラ ロッシュ ポゼ

敏感肌用の製品が人気の「ラ ロッシュ ポゼ(LIPIKAR XERAND /LA ROCHE-POSAY)」のハンドクリーム。肌をやわらげ、角質層のバリア機能をサポートするという独自の”ラ ロッシュ ポゼ ターマルウォーター(整肌成分)”が配合されており、手肌によく伸び、爪や細かいところまで塗りやすい乳液のようなハンドクリームで、しっとりしてべたつきもほとんどありません。ほのかな香りがついており、紫外線から肌を守る成分も入っています。(参考価格(50ml):パリの街中の薬局-6.9ユーロ、日本の公式通販サイト-1,296円(税込・送料別)、いずれも2019年6月現在)

ラ ロッシュ ポゼ / リピカ グゼランハンドクリームの公式通販サイト(日本語)
https://www.laroche-posay.jp/?p_id=L00040

アベンヌ / コールドクリーム(Avène / Cold Cream)

アベンヌ

アベンヌ温泉水の入った製品は、肌によく保湿効果も高いとパリっ子にも愛用されています。ミツバチ由来の天然油分ミツロウが配合されており、肌に有効成分が閉じ込められ、乾燥や外部刺激からも肌を守ってくれるそうです。優しい香りが漂うハンドクリームは、肌なじみもよく、使い続けることで効果も高まるとか。(参考価格(50ml):パリの街中の薬局-5.5ユーロ、日本の公式通販サイト等はなし(他通販サイト-2,299円(税込・送料込)、いずれも2019年6月現在)

アベンヌ / コールドクリームの公式サイト(日本語)
https://www.avene.co.jp/products/bpc/03/index.html

コーダリー / クレーム グルマン マン エ オングル(Crème Gourmande Mains et Ongles)

コーダリー

ワインで有名なフランスのボルドー。その豊かなブドウ畑から誕生したスキンケア化粧品として人気を博するのは、「コーダリー」。Vinolevureというブドウから抽出した成分には抗酸化作用があり、さらにハンドクリームにはシアやアボカドのバターが配合されているので手を保護しながら修復していく効果があるそうです。さっと肌に伸びて、塗った後にも脂っぽさがありません。自然由来のものにこだわった「コーダリー」ならではの、ほろ苦いオレンジのような香りがします。(参考価格(75ml):パリの街中の薬局-6.5ユーロ、日本の公式通販サイト-1,980円(税込・送料別)、いずれも2019年6月現在)

コーダリー / クレーム グルマン マン エ オングルの公式通販サイト(日本語)
https://caudalie-japon.com/?pid=3056362

ヴェレダ / クレーム マン コンフォート(WELEDA / Crème Mains Confort)

ヴェレダ

赤ちゃんも使用できるオーガニックコスメのはしりであり、今も継続的な支持を受けている「ヴェレダ」。アーモンド、ざくろ、ヒッポファンフルーティ(グミ科)やレモンなど、花やフルーツの様々な種類のハンドクリームがあり、どれにしようか選ぶのも楽しみのひとつ。濃厚なクリームながらさらっとしてべたつきにくいハンドクリームです。箱に入っているので、プレゼントにも向いています。(参考価格(50ml):パリの街中の薬局-7.9ユーロ、日本の公式通販サイト-1,296円(税込・送料別)、いずれも2019年6月現在)

ヴェレダ / クレーム マン コンフォートの公式通販サイト(日本語)
https://www.weleda.jp/

ニュクス / レーブドミエル ハンド&ネイル クリーム(NUXE / Rêve de Miel)

ニュクス

パリを代表するナチュラルコスメティックブランドの「ニュクス」。自然へのこだわりをもって作られているハンドクリームには、はちみつや植物オイルのうるおい成分が詰まっています。なめらかで肌に伸びるしっとり感の強いクリームで、成分であるハチミツとハーブのような香りがします。(参考価格(50ml):パリの街中の薬局-7.9ユーロ、日本の公式通販サイト-1,404円(税込・送料別)、いずれも2019年6月現在)

ニュクス / レーブドミエル ハンド&ネイル クリームの公式通販サイト(日本語)
https://www.nuxe.co.jp/fs/nuxe/075-0A32618

ラボラトワール フリーセンス / クレーム プール レ マン(Laboratoire FREESENS / CRÈME pour les MAINS)

ラボラトワール フリーセンス

フランスの薬剤師によって2007年に設立された「ラボラトワール フリーセンス」。マカダミアオイル、シアバター、ビタミンEが豊富に含まれ、つけた後のさらっと感が気持ちのよいハンドクリームです。植物由来のほのかな香りも好印象。外部からの刺激からも肌を保護する効果があるそうです。(参考価格(75ml):パリの街中の薬局-3.99ユーロ、日本の公式通販サイト等はなし、2019年6月現在)

ラボラトワール フリーセンス / クレーム プール レ マンの公式サイト(英語・フランス語)
http://freesens.net/v2/index.php?id_product=43&controller=product&id_lang=2

アデルマ / クレームマン(A-DERMA / Crème mains)

アデルマ

フランス国内の皮膚科や小児科医に幅広く処方されているスキンケアブランドの「アデルマ」。昔から肌を整え、敏感肌にもよいとされるアルバオート麦を原料としており、特に乾燥した肌向きのハンドクリームです。
(参考価格(50ml):パリの街中の薬局-6.95ユーロ、2016年春をもって日本販売終了のため日本の公式通販サイト等はなし(他通販サイト-1,130円(税込、送料別))、2019年6月現在)

アデルマ / クレームマンの公式サイト(フランス語)
https://www.aderma.fr/fr-fr

ビオデルマ / アトデルム(BIODERMA / Atoderm Mains)

ビオデルマ

素肌由来のスキンケアブランド「ビオテルマ」。国立研究所と協力し長年研究を続けているブランドで、皮膚科の専門医からも処方されるハンドクリームです。少しすっとする香りやさらっとした使い心地で、パリでは子供から大人まで幅広く利用しています。 (参考価格(50ml):パリの街中の薬局-3.5ユーロ、日本の公式通販サイト-1,296円(税込・送料別)、いずれも2019年6月現在)

ビオデルマ / アトデルムの公式サイト(日本語)
https://www.bioderma.jp/products/atoderm/hand_cream.html

今回ご紹介したハンドクリームはどの商品も、日本で買うよりパリで買う方がお得です。観光の途中に通りかがりの薬局で購入でき、かさばらないなので、ばらまきお土産にも便利です。ちなみにフランスの高級メゾン「シャネル」にもハンドクリームがあります。「ラ クレーム マン」はしっとりとした使用感で、香りも華やか。50mlで50ユーロ超えなので薬局で買えるハンドクリームと比べると大変高級ではありますが、パリ旅行の記念に自分へのご褒美としてもいいかもしれません。

パリのホテルを探すパリへの航空券を探すパリ旅行・ツアーを検索