気になるパリのトイレ事情と、観光地付近のトイレ(Toilet)

気になるパリのトイレ事情と、観光地付近のトイレ(Toilet)

海外旅行中のトイレ問題、パリでも大変困るポイントです。日本ではコンビニやスーパーにも比較的清潔でしかも無料で借りられるトイレがありますが、パリではなかなかそうはいきません。パリでは、有料が当たり前、しかも清潔度が低い、そして、そもそもトイレの数が少ない…など、沢山のトイレ問題に直面してしまいます。今回は、できるだけトイレに困らないよう、にパリのトイレ事情および観光地付近の利用できるトイレをご紹介します。

清潔度は低いが、パリの街中でよく見かける無料の公衆トイレ「サニゼット(Sanisettes)」

サニゼット

街中に突如佇むボックス。パリ市の設置している無料の公衆トイレ「サニゼット(Sanisettes)」は、パリ市内に約400箇所あります。大きなボックスなので見逃すことはありませんが、男女兼用の一人用のため、観光地では行列ができていることが少なくありません。

利用方法は、少し注意が必要です。まず、トイレの外側の緑色のランプが付いていれば利用可能。ボタンを押して、中に入ります。自動扉が閉まるのを待って、用をたし、洗浄ボタンを押して、手を洗ったら、扉を開けるボタンを押し、外にでます。注意すべきは洗浄ボタン。ボタンを押してすぐには洗浄が始まらず、自動扉でトイレの外に出て自動扉が閉まってから洗浄が始まります(中には洗浄ボタンがなく、トイレの自動扉が閉まったら自動で洗浄が始まるものもあります)。便器だけでなく、トイレ内全体の洗浄のため、例えば、前の人が出てくるタイミングで入れ違いに中に入ってしまうと、ビショビショになってしまいますので、ご注意ください。

雨水を利用してエコを意識していたり、車椅子でも利用できたりと、「サニゼット(Sanisettes)」には優れた点もありますが、あまり清潔ではないことが多いのと、一人一人の利用時間に加え洗浄タイムもかかるので、観光地ではなかなか行列が進まず大変な思いをすることがあります。

■パリ市の無料トイレ
パリ市観光局公式ホームページ(日本語・英語・フランス語他):https://ja.parisinfo.com/パリ便利情報/一般的なアドバイス/公衆トイレ/公衆トイレ

パリ市公式ホームページ(フランス語):https://www.paris.fr/services-et-infos-pratiques/environnement-et-espaces-verts/proprete/les-sanisettes-2396
※所在地についてはこちらをご覧ください。

立ちション用トイレ「ユリトロトワール(Uritrottoir)」

ユリトロトワール
photo by MAIRIE DE PARIS

大胆にも男性用小便器と花壇を組み合わせた屋外トイレ、「ユリトロトワール(Uritrottoir)」。便器部分の奥にある藁の乾燥素材で尿を吸収するため、配管の必要がないとか。尿を吸収した乾燥素材は堆肥となり、トイレに組み合わさっている花壇の土壌として戻されるという画期的なシステムです。
パリ市内のサンルイ島や繁華街に4カ所設置されており、無料で利用できます。

■ユリトロトワール(Uritrottoir)
公式ホームページ(フランス語):https://www.paris.fr/actualites/uritrottoir-des-pissotieres-ecolos-fleurissent-dans-paris-6033

パリに3箇所ある高級な有料公衆トイレ「ポワン・ヴェーセー(Point WC)」

ポワン・ヴェーセー

フランスの高級トイレ用品メーカー「ポワン・ヴェーセー(Point WC)」がプロデュースする高級公衆トイレ。料金は1.5ユーロと高めですが、中にはパリでは珍しいウォシュレットやメイクルーム、オムツ替えスペースなどの設備があります。残念ながら清潔感は金額ほど期待できませんが、トイレットペーパーの補充等はしっかりしているので、安心して利用できます。

利用料を払う機械

トイレの入り口に利用料を払う機械があり、その周りには、カラフルなトイレットペーパーや石けん入れなど、「ポワン・ヴェーセー(Point WC)」のオリジナルグッズが販売されています。

■「ポワン・ヴェーセー(Point WC)」
公式ホームページ(フランス語):http://www.pointwc.com/en/

トイレ設置場所:
Point WC シャンゼリゼ:ギャラリー「Elysées 26」内
住所:26 av des Champs-Elysées 8区

Point WC プランタン・オペラ:デパート「Printemps Haussmann」内
住所:64 bd Haussmann 9区

Point WC カルーゼル・ルーブル:ショッピングモール「Carrousel du Louvre」内
住所:99 rue de Rivoli 1区

交通機関のトイレ

交通機関のトイレ

パリの空港のトイレは、無料で利用できます。また、パリ東駅・北駅などの長距離電車が走る駅には、有料トイレがあります。有料トイレの場合、入り口に係員がいますので、使用料(0.5ユーロ程度)を支払って利用します。また、TGVや長距離電車には男女共用のトイレが1車両に2つ付いており、無料で利用できます。残念ながら、メトロ(地下鉄)やRER線の駅や車両内にはトイレはありません。

美術館、観光名所のトイレ

観光名所や美術館では、中に入ると無料でトイレが使えます。ただ数は少ないので行列は必至です。早めに並ぶことをおすすめします。

飲食店やショップ、百貨店のトイレ

階段

カフェやレストランで飲食する場合は、トイレが無料(一部有料のお店もあります)で使えます。お店の地下にあることが多く、階段を降りると男女別のトイレスペースがあることが多いです。中には、建物の共同トイレなどを利用する場合もあります。

扉のマーク

トイレの扉には、男女のマークやイラスト・写真や、Homme(男性)やDame(女性)という表記があります。

有料トイレ

また、例えばマクドナルドなどのチェーン飲食店では、トイレのドアに鍵がかかっています。鍵を解除するには、0.5ユーロコインを入れる、飲食の購入窓口にてトイレ用の専用コインをもらって入れる、または、購入したレシートに印刷されているコードを入力するなどして利用します。

有料のトイレ

洋服や雑貨などのショップやスーパーには、利用できるトイレはありません。「進化し続けるパリ。アクセスも抜群のショッピングモール「フォーラム・デ・アール(Forum de Halles)」へ行こう!」でご紹介した、レアル駅すぐにあるショッピングモールにトイレはありますが、有料となっています。
オペラ座近くのギャラリー・ラファイエット百貨店やプランタン・オスマン本店、パリ市庁舎前のBHV、サンジェルマン・デ・プレ方面のボンマルシェ百貨店には無料トイレがありますが1館に約1箇所と、日本と比べると極端に数が少ないので要注意です。ギャラリー・ラファイエット百貨店の向かいにある、ギャラリー・ラファイエットメゾン館のトイレは、清潔感もあり、比較的空いているので、お買い物の際に利用したい穴場スポットです。

パリ観光中、外出時にトイレに行くために持ち歩いておきたいもの

トイレットペーパーは無い

パリの街中のトイレでは、トイレットペーパーの補充がされていないことがあるので、ポケットティッシュは持っておくと安心です。また、便座が汚れていることもよくあるので、ささっと拭けるウエットティッシュを持っておくと便利です。手洗い場には、ダイソン(dyson)などのハンドドライヤーが設置されているところもあるのですが、壊れていて手が拭けない場合もありますので、ハンカチや小さなタオルも必要です。また、有料トイレを利用することも踏まえて、1ユーロや50サンチームコインも常備しておきましょう。

「観光中にトイレに行きたくなってからトイレを探したら、行列に遭ってしまった。」などと大変な状況に落ちかねません。ランチを食べた時、お茶をした時など、トイレがある所に行ったら、まめに行っておくことをおすすめします。また、一人で来店した飲食店で、トイレに行く際は、決して席とりのために荷物や携帯電話を置いたまま行かないようにお気をつけください。パリではそのような状況だと、簡単に盗難に遭ってしまう可能性が高いです。

パリのホテルを探すパリへの航空券を探すパリ旅行・ツアーを検索