パリの数あるお菓子の中でも、お土産の筆頭候補、ゴーフル(Gaufre)やサブレ(Sablé)。パリのゴーフル(Gaufre)は、日本でいうワッフルのような厚みのあるふわっとしたものや、クリームなどを2枚の薄いせんべい状の生地で挟んだお菓子のこと。一方でサブレ(Sablé)は、サクサクした薄焼きのビスケットの一種。今回は、パリのゴーフル(Gaufre)やサブレ(Sablé)の名店とともに、百貨店のグルメコーナーやスーパーで買えるゴーフル(Gaufre)やサブレ(Sablé)をご紹介します。

ゴーフル(Gaufre)のパリ土産と言えば、「メール(MEERT)」

メール(MEERT)のゴーフル

その贅沢な味わいに虜になる人が続出すると噂の、「メール(MEERT)」のゴーフル(Gaufre)。フランスはパリ北部のリール(Lille)発祥のゴーフル(Gaufre)は、しっとり柔らかな薄生地の間に、バニラビーンズ入りのシャリシャリ感のあるバニラクリームがたっぷりと挟まった、これは普通じゃないぞと感じされられるお菓子です。お店のショーケースに並ぶゴーフル(Gaufre)は、バニラ、ピーチアーモンド、チョコ、ピスタチオなどクリームの味わいも常時5種類以上。10日間は日持ちするゴーフル(Gaufre)は、1枚から購入でき、6個入り12個入りなどの箱入りもあります。

メールのリール本店

「メール(MEERT)」のリール本店は、創業250年以上も続く老舗店。パリ市内にある店舗も重厚で歴史を感じさせられる店内の造りになっています。リール生まれの”シャルル・ド・ゴール大統領”もよく通っていたといわれるお墨付きのゴーフル(Gaufre)のお値段は1枚2.9ユーロとかなりの高級品。納得の贅沢な味わいではありますが、自分用というよりは、お土産でもらえると嬉しいゴージャスな一品です。

メール(Méert) Marais店

メール(Méert) Marais店

公式ホームページ(フランス語):https://www.meert.fr/
最寄り駅:メトロ1番線のサン・ポール(Saint-Paul)駅から徒歩6分
営業時間:火〜金曜日10:30〜13:30、14:00〜19:30、土曜日11:00〜19:30、日曜日11:00〜18:30
定休日:月曜日
住所:16 rue Elzévir 75003 Paris
他パリ市内に2店舗 ※うち1店舗は、ボンマルシェ内

サブレ(Sablé)の名店、「ル・プチ・デュック(Le Petit Duc)」

サブレ

南仏にある、サン・レミ・ドゥ・プロヴァンス(Saint-Rémy-de-Provence)に本店のあるビスキュイトリー「ル・プチ・デュック(Le Petit Duc)」。名物は花・クローバー・ハート・長方形など可愛らしい形のサブレ(Sablé)。すべて保存料を使わず、手作りで製造されているというから驚きです。エッフェル塔のサブレ(Sablé)も入った銀色のアソート缶は23ユーロ。パリ土産にぴったりです。

サブレ

甘いサブレ(Sablé)は、もちろん美味しいですが、ワインやビールと合わせる甘みのないサブレ(Sablé)も充実。タイムなどのハーブが入った香り高いサブレ(Sablé)は、ボリッポリと口の中で砕ける食感も楽しめます。

パリのお菓子

南仏プロヴァンスの素材を活かした素朴なお菓子が他にも揃う「ル・プチ・デュック(Le Petit Duc)」には、アーモンドとメロンコンフィ・オレンジコンフィから作られている南仏名物”カリソン”も。他にもマロンクリームや蜂蜜、ジャムや、オレンジやバラの香りがたっぷり詰まったキャンディなどもあって、目移りしてしまいます。

ル・プチ・デュック(Le Petit Duc) Marais店

ル・プチ・デュック(Le Petit Duc) Marais店

公式ホームページ(フランス語):http://www.petit-duc.com/fr/
最寄り駅:メトロ4番線のレ・アル(Les Halles)駅から徒歩1分
営業時間:火〜金曜日10:00〜20:00、日曜日10:00〜19:00
定休日:月曜日
住所:3 Passage de la Canopée,75001 Paris(Porte Lescot-Forum Des Halles内)
他パリ市内に5店舗 ※うち2店舗は、ボンマルシェ内、ギャラリーラファイエット内

日本のファンも多い、「ポワラーヌ(Poilane)」の”おしおきサブレ”

おしおきサブレ

パリで買うエコバッグの店でも紹介した、老舗パン屋さん「ポワラーヌ(Poilane) 」のサブレ(Sablé)。ポワラーヌ家のおばあちゃんが、孫が悪いことをしたときに、おしおきの代わりにこのサブレ(Sablé)を渡していたのがレシピの始まりだそう。店舗のレジ横で試食ができるこのサブレ(Sablé)は、とってもシンプル。バターの香りと甘みで軽い食感。何枚でも毎日でも食べれてしまいそうな、くせになる味です。

ポワラーヌ(Poilane) Saint-Germain-des-Prés店

公式ホームページ(英語・フランス語):https://www.poilane.com/en_US/
最寄り駅:老舗百貨店ボンマルシェのあるメトロ10番・12番線のセーヴル・バビロン(Sèvres – Babylone)駅から徒歩4分
営業時間:月〜土曜日07:15〜20:15
定休日:日曜日
住所:8 rue du Cherche-Midi Paris 75006
他パリ市内に2店舗

百貨店のグルメコーナーやスーパーで買う、ゴーフル(Gaufre)・サブレ(Sablé)などのクッキー類のお土産

ゴーフルやサブレ

モン・サン・ミッシェルのお菓子といえば、オムレツ料理でも有名な、「ラ・メール・プラール(La Mère Poulard)」のサブレ(Sablé)やビスケット類。濃厚なバターの入ったサックサクのサブレ(Sablé)類は、いろいろな味わいのものが箱入り・缶入りなど種々様々なサイズでも売っており、お土産にもぴったり。スーパーや百貨店のグルメコーナーで1ユーロ台から見つけられます。

「ウージェン・ブロン(EUGENE BLOND)」のゴーフレット

「ウージェン・ブロン(EUGENE BLOND)」のゴーフレットは、軽い食感のゴーフレットにクリームが挟み込まれた、フランス全土で人気のお菓子です。ゴーフレット1枚1枚にフランス語で書かれたメッセージを読みながらのティータイムは話がはずみます。

ガレット

ブルターニュ地方の名物お菓子、ガレット(バタークッキー)。1920年創業の「トラウ・マド・ドゥ・ポン・タヴァン(Traou Mad de Pont-Aven)」は、その薄さゆえに口の中にいれた瞬間バターの風味とともに一瞬でなくなってしまいます。

エッフェル塔の缶入りビスケット

日本の輸入雑貨店でも目にする、ニワトリマークの「サン・ミッシェル(St Michel)」。1905年に、南フランスの小さな村で兄弟3人が力を合わせて始めた会社も、今やフランスNo.1ビスケットブランドとして35%以上のシェアを誇っています。豊富な商品は、どれも材料にこだわりをもって作られています。エッフェル塔の缶入り・カラフルな箱入りなどお土産向けの工夫も多々。

ワッフル

「ラ・シュティ・ワッフル(La Ch’ti Waffle)」は、バニラバターがたっぷりと詰まったワッフル。ボリュームもあって8ユーロ弱のお値段。子供にも大人気です。

ルフレ・ド・フランスのクッキー

パリのスーパー「カルフール」でも見かける、「ルフレ・ド・フランス(Reflets de France)」のサブレ(Sablé)類。「ルフレ・ド・フランス(Reflets de France)」は、クッキーやお菓子類以外にも、缶詰やジャム、チーズやソーセージも展開しているブランドです。他のカルフールのオリジナル商品よりは若干高めではありますが、それでもサブレ(Sablé)一箱2.5ユーロとお手ごろ価格で味もしっかりしています。

フォシエのビスケット

ビスキュイやジンジャーブレッドで有名な「フォシエ(Biscuits Fossier)」はフランス最古のビスケットメーカー。2世紀にもわたって門外不出で受け継がれたレシピで作られたお菓子は、自信をもってお土産にできます。

サブレ

「ミッシェル&オーギュスタン(Michel et Augustin)」のシリーズは、可愛いイラストで子供受けも抜群。小さめのサイズでぱくぱく食べられるサブレ(Sablé)です。

<百貨店の食品売り場>

ル・ボン・マルシェ・リーブ・ゴーシュ(LE BON MARCHÉ RIVE GAUCHE)

公式ホームページ(日本語・英語・フランス語・中国語):http://www.lebonmarche.com
最寄り駅:メトロ10番・12番線のセーヴル=バビロヌ(Sèvres – Babylone)駅から徒歩2分
営業時間:月〜水・土曜日10:00〜20:00、木・金曜日10:00〜21:00
定休日:日曜日
住所:24, rue de Sèvres 75007 Paris

ギャラリーラファイエット パリ ・オスマン・グルメ(Galeries Lafayette Paris Haussmann Gourmet)

公式ホームページ(日本語・英語・フランス語他):https://haussmann.galerieslafayette.com/ja/
最寄り駅:パリオペラ座の向かい、メトロ7番・9番線のショセ・ダンタン=ラ・ファイエット(Chaussée d’Antin – La Fayette)駅すぐ
営業時間:月〜土曜日8:30〜21:30
定休日:日曜日
住所:35, Boulevard Haussmann, 75009 Paris

日本に輸入されると高価なゴーフル(Gaufre)・サブレ(Sablé)も、百貨店のグルメコーナーやスーパーでは、お土産に十分な味わい・サイズのものが1〜2ユーロから買えてとってもお買い得。また、「メール(MEERT)」のような贅沢なお菓子は、こだわりのある方へのお土産としてチョイスしたい一品です。

パリのホテルを探す パリへの航空券を探す パリ旅行・ツアーを検索