缶詰は、パリ土産の人気商品のひとつ。小ぶりなサイズの缶はお手ごろ価格で、運搬中の破損の心配も少ないないため、一人一個のばらまきお土産として大活躍します。今回は、パリのスーパーにずらり並ぶ缶詰の種類とともに、お土産におすすめの缶詰をピックアップしてご紹介します。

お土産、人気NO1! “ラ・ベル・イロワーズ(LA BELLE ILOISE)”の缶詰

ラ・ベル・イロワーズの缶詰

フランスの多々ある缶詰の中で、パリっ子にも高い人気を誇るのが、「ラ・ベル・イロワーズ(LA BELLE ILOISE)」という1932年創業の老舗缶詰ブランドのもの。「ラ・ベル・イロワーズ(LA BELLE ILOISE)」の工場は、フランス屈指の漁場があるブルターニュ南部にあり、地元で獲れたイワシ・ツナ・サバなど幅広い種類の缶詰、ペースト、スープなどが作られています。

ラ・ベル・イロワーズのおしゃれな缶詰

「ラ・ベル・イロワーズ(LA BELLE ILOISE)」の中でも、特にイワシの缶詰の種類は豊富で、オイル漬けはもちろん、レモン入り、トマト入り、ピーナッツやひまわりの油漬けなど、選びきれないくらいバリエーションが豊か。それぞれ4ユーロちょっとで買えるお手ごろ価格な上に、缶のデザインがとってもキッチュで可愛らしく、おしゃれ感のあるお土産にもなります。

ラ・ベル・イロワーズ イワシの缶詰

すべて手作業で作られるという「ラ・ベル・イロワーズ(LA BELLE ILOISE)」の缶詰は、魚もたっぷりと肉厚で食べ応えあり。魚介の自然な旨みを生かした味わいです。お酒のおつまみとしてそのまま食べても、軽く焼いて食べても、パスタなどの料理に一味加えてみても楽しめます。「ラ・ベル・イロワーズ(LA BELLE ILOISE)」の商品には、他にサーモン、オマール海老やムール貝のペーストや、牡蠣やホタテの本格的なスープもあります。

ギャラリーラファイエット・パリ・オスマングルメ

残念ながら「ラ・ベル・イロワーズ(LA BELLE ILOISE)」の缶詰は、パリのスーパーでは購入できません。しかし、ギャラリーラファイエット・パリ・オスマングルメ(Galeries Lafayette Paris Haussmann Gourmet)などの高級百貨店のグルメ館や、パリ市内の6区に唯一ある直営店で購入できます。

■ギャラリーラファイエット パリ ・オスマン・グルメ(Galeries Lafayette Paris Haussmann Gourmet)
公式ホームページ(日本語・英語・フランス語他):http://haussmann.galerieslafayette.com
最寄り駅:パリオペラ座の向かい、メトロ7番・9番線のショセ・ダンタン=ラ・ファイエット(Chaussée d’Antin – La Fayette)駅すぐ
営業時間:月〜土曜日8:30〜21:30
定休日:日曜日
住所:35, Boulevard Haussmann, 75009 Paris

■ラ・ベル・イロワーズ(LA BELLE ILOISE) パリ支店
公式ホームページ(フランス語):https://www.labelleiloise.fr/fr/nos-boutiques/paris.htm
最寄り駅:メトロ4番・10番線のオデオン(Odéon)駅から徒歩2分
営業時間:月〜土曜日9:30〜20:00、日曜日9:30〜19:30
定休日:なし
住所:7, Rue de l’Ancienne-Comédie, 75006 Paris

どのスーパーも、缶詰コーナーは充実

スーパーの缶詰コーナー

「カルフール(Carrefour)」、「モノプリ(MONOPRIX)」、「フランプリ(franprix)etc.パリ市内にあるどのスーパーにも、缶詰コーナーは、大変充実しています。各スーパーのオリジナルブランド商品もあり、「ラ・ベル・イロワーズ(LA BELLE ILOISE)」と比べるとさらに安いばらまき缶詰が揃います。

いわしの缶詰

どちらの缶詰ブランドからも、いわしの関連商品は多くでており、味付けもいろいろ。それぞれ味わいは好みもあると思いますので、お土産ならオイルの風味が何か(トマト味など)、オイルの有無、缶のデザインで選んでいくつか買っておくと良いかもしれません。

ツナ缶や鯖缶

日本でも缶詰として人気のツナ缶や鯖缶は、フランスの家庭でもよく利用されています。鯖缶は、ホワイトソース味、レモン味など日本では珍しい味が7〜8種類とあるので、お土産を渡すときの話題にもことかきません。

フォアグアの缶詰は現地で堪能

フォアグラの缶詰

世界三大グルメのフォアグラや豚のパテなどの缶詰もスーパーにある魅力的な商品ですが、残念ながら日本への持ち込みができません(一部可能ですが、フランスから日本への持ち込みはほぼ不可です)。肉類の缶詰はパリ滞在中に十分に堪能するとして、お土産にはお魚系の缶詰をチョイスするをお忘れなく。

パリのホテルを探す パリへの航空券を探す パリ旅行・ツアーを検索

Cover photo by フランス観光開発機構