近代的で壮大なデザインが目を引く、大型ショッピングモール「フォーラム・デ・アール(Forum de Halles)」。パリ市の中心にある地下鉄(メトロ)や電車(RER)の駅と直結しており、雨の日でもお買い物に大変便利なスポットです。地下4階に広がる「フォーラム・デ・アール(Forum de Halles)」には、おしゃれなファッションブティックや、コスメショップ、カフェ、レストランも入っており、パリの流行を感じることのできる場所です。

地下鉄(メトロ)や電車(RER)直結の、公園も併設したホットエリア

フォーラム・デ・アール(Forum de Halles)

「フォーラム・デ・アール(Forum de Halles)」は、かつてパリの胃袋と呼ばれ、商業の中心だった”中央市場(Les Halles)”の跡地につくられた大型ショッピングセンターです。中央市場は、郊外の”ランジス”に移転したため、1979年に初代「フォーラム・デ・アール(Forum de Halles)」が建設され、その後、今の建物にリニューアルしました。建物の横には、広い庭園もあり、パリっ子の憩いの場になっています。

フォーラム・デ・アール(Forum de Halles)

「フォーラム・デ・アール(Forum de Halles)」の広大な敷地の中には、ファッション、アクセサリー、コスメ、書店、インテリアショップ、電化製品など、100ブランド以上のショップが並び、まさにお買い物天国のよう。新しい施設だけに、トイレも含め、館内がとっても綺麗で清潔なので、気持ち良くショッピングができます。また、多くの路面店は閉まってしまうパリの日曜日でも、「フォーラム・デ・アール(Forum de Halles)」では営業している店があり、観光客には大変助かります。

フォーラム・デ・アール(Forum de Halles)

地下4階に広がる建物の中には、ショッピングの他にも、飲食店も多数。50mプールやジム、ビリヤード場、映画館などもあって、パリっ子の週末デートスポットにもなっています。

圧倒的な存在感。独特の木を組み合わせたような屋根のデザイン

フォーラム・デ・アールの外観

「フォーラム・デ・アール(Forum de Halles)」のデザインは革新的。なかでも、フランス語で”屋根”という意味の“カノペ“が印象的です。地下から見上げると高い林の冠を建物にかぶせているよう。“カノペ“には、森の木々のように隙間があり、ところどころに空が見え、日差しが入り、風が抜けて開放感がいっぱいです。

フォーラム・デ・アールの外観

パリでの“カノペ“の評価はさまざまですが、いずれにせよ雨の日は必見です。”カノペ”に降った雨は、一枚一枚の屋根につたっていき、すべて中心の背骨部分に集まり、滝のように外へ流れ出るような仕組みになっており、雨の日には、“カノペ“の一部分から”ゴー“っと水が流れ出ていく様が見られます。

ファッションショップ

ぶらぶらお買い物が楽しめる、ファッションやコスメのショップがずらり。パリっ子に愛される、フランス発のブランドのショップに加え、世界的なファストファッションブランドのH&MやZARAもあります。雑貨屋もたくさんあるので、お土産選びもできるし、なんと無印良品も入っているので、旅行中の必需品などを買い足すこともできて便利です。

アンドレ(ANDRE)

アンドレ(ANDRE)は、1896年創業のフランスのシューズブランド。スニーカーからサンダル、ブーツまで、レディース、メンズと相当量の品揃え。いつも大勢の人で混雑しているショップです。

アンドレ(ANDRE)のブーツ

毎日使いができそうなブーツも99ユーロとお手ごろ価格。旅行中にも活躍しそうです。

アンドレ(ANDRE)のスニーカー

30%オフ、50%オフのセールも時季を問わず開催されているので、いつでもお得にショッピングを楽しめます。

■アンドレ(ANDRE)
営業時間:月〜土曜日10:00‐20:00
定休日:日曜日
場所:ZONE BERGER、-3階

イブ・ロシェ(YVES ROCHER)

日本未上陸、フランス国内NO1人気のコスメブランド、「イブ・ロシェ(YVES ROCHER)」もおすすめ。ナチュラル成分のボディケア、スキンケア、メイク、バス用品など、幅広いラインナップはコスメフリークでなくても大興奮。しかも、価格もとってもリーズナブル。ラッピングやボックスが可愛らしいプレゼント用のコフレもあるので、お土産探しにはぴったりのお店です。

■イブ・ロシェ(YVES ROCHER)
営業時間:月・水〜土曜日10:00‐20:00、火曜日10:00〜22:00、日曜日11:00〜7:00
定休日:なし
場所:ZONE BERGER、-3階

エタム(etam)

「etam(エタム)」は、フランスでチェーン展開をしている、パリっ子に大人気のランジェリーブランド。低価格で、セクシー、ゴージャス、キュートなど好みのデザインテイストのランジェリー、水着などお買い物できます。

■エタム(etam)
営業時間:月・水〜土曜日10:00‐20:00、火曜日10:00〜22:00、日曜日11:00〜7:00
定休日:なし
場所:ZONE RAMBUTEAU、-3階

ラコステ(Lacoste)

日本でも人気の「ラコステ(Lacoste)」は、リラックスしたエレガンスをテーマとした、ファッションブランド。テニスの全仏オープンのオフィシャルスポンサーとして、毎年審判などのスタッフウェアを提供している、フランスの王道ブランドです。大人から子供まで、カジュアルながら、きちんとしたスタイルを目指せます。

■ラコステ(Lacoste)
営業時間:月・水〜土曜日10:00‐20:00、火曜日10:00〜22:00、日曜日11:00〜7:00
定休日:なし
場所:ZONE RAMBUTEAU、-1階

ピンキー(pimkie)

フランスのファストファッションといえば、「pimkie(ピンキー)」。メインターゲットは、20代前半までくらいですが、大人の女性にとっても、程よくトレンド取り入れられるファッションブランドです。ファストファッションだけに、Tシャツだと、10ユーロから、パンツでも25ユーロからと、お手ごろ価格。

■ピンキー(pimkie)
営業時間:月〜土曜日10:00‐20:00
定休日:日曜
場所:ZONE RAMBUTEAU、-3階

お腹がすいては、買い物できぬ

「フォーラム・デ・アール(Forum de Halles)」には、レストラン・飲食店も20種類以上。フランスの老舗パン屋「ポール(PAUL)」、スターバックス、マクドナルドなどのファーストフードから、超有名シェフ、アラン・デュカスの新レストラン「シャンポー(Champeaux)」など、選択肢の広い飲食店が揃っています。

ジェフ・ドゥ・ブルージュ(JEFF DE BRUGES)

ショーケースに並べられたショコラを選んで、好きな箱に詰めるシステムのショコラショップ。日本未上陸の「ジェフ・ドゥ・ブルージュ(JEFF DE BRUGES)」は、おしゃれで美味しく、しかも、コート・ジヴォアールのカカオ農業の発展のための活動もしている、新しいショコラブランドです。ショコラを詰める箱のサイズは、一番小さい9.85ユーロ(250g)のサイズから6タイプ。ショコラのバリエーションも豊富で、価格も高くなく、日常に食べるショコラを買うパリっ子で人気のお店です。

■ジェフ・ドゥ・ブルージュ(JEFF DE BRUGES)
営業時間:月・水〜土曜日10:00‐20:00、火曜日10:00〜22:00、日曜日11:00〜7:00
定休日:なし
場所:ZONE RAMBUTEAU、-3階

ブーン(BOON)

「ブーン(BOON)」は、パリで流行中のフローズンヨーグルトのお店。健康志向が強まるフランスの中で、脂肪分0%のフローズンヨーグルトは大人気になっています。

ブーン(BOON)

フローズンヨーグルトには、お好みのフレッシュな季節のフルーツをトッピング。子供向けには、キットカットやモルティーザーズ (Maltesers) などのチョコのトッピングもあります。

■ブーン(BOON)
営業時間:月〜日曜日10:00‐20:00
定休日:なし
場所:ZONE RAMBUTEAU、-3階

1日中ショッピングも楽しめる。休憩スペースや、フリーwifiも充実!

電子案内板

館内には、お目当てのお店の場所をかんたんに探せる、電子案内板も。ショップの名前を入力すると、エスカレーターに乗って、左にずっと歩いて…など、視覚的にわかりやすく示してくれます。

休憩スペース

また、フォーラム・デ・アール(Forum de Halles)の広くぴかぴかの通路には、ゆったりした休憩スペースも。男性が、女性のショッピングを待つ様子が日常的に見られます。

館内は、フリーwifiも設備されているので、ショッピングの長い待ち時間も大丈夫かも?!

■フォーラム・デ・アール(Forum de Halles)
公式ホームページ(英語・フランス語):http://forumdeshalles.com/
最寄り駅:メトロ4番線のレ・アル(Les Halles)駅、RERA・B・D線のシャトレ・レ・アル(Châtelet-les-Halles)駅から直結
営業時間:月〜土曜日10:00‐20:00 日曜日11:00-19:00 (店舗により多少異なる)
定休日:なし(店舗により多少異なる)
住所:101 Porte Berger 75001 Paris

最近、パリにも大型ショッピングモールがいくつかできています。以前ご紹介した、「ボーグルネル・ショッピングモール(Beaugrenelle)」(expedia内リンク:https://welove.expedia.co.jp/destination/europe/france/18262/)もその一つ。今回ご紹介した、「フォーラム・デ・アール(Forum de Halles)」の良さは、なんといってもアクセスの良さ。ルーヴル美術館からも徒歩15分ほどで行けるのは、とっても便利ですね。

パリのホテルを探す パリへの航空券を探す パリ旅行・ツアーを検索