街中にセンスあふれる洋服・小物屋さんがひしめく、モードの街、”パリ”。おしゃれ度アップする洋服が欲しいけれど、有名ブランドだと高級すぎたり、最先端のセレクトショップだと、ハイセンスすぎたりで、「日常的に着られない洋服を買っても…。」となかなかお買い物モードになりにくいものです。「何かパリっぽいおしゃれアイテムが欲しい!しかもお手ごろ値段で!」そんな方には、パリのおしゃれピープルも集う、古着屋さん(ユーズド・ヴィンテージショップ)がおすすめ。今回は、パリにある古着屋さんの中からおすすめの3店舗をご紹介します。

パリのユーズド・ヴィンテージ(古着)の先駆者、「キリウォッチ(Espace Kiliwatch)」

キリウォッチ(Espace Kiliwatch)

パリ市中心部の主要駅レ・アル(Les Halles)駅近くにある、「キリウォッチ(Espace Kiliwatch)」は、フランス国内において、ユーズド・ヴィンテージ(古着)界をリードするショップ。50年代の古着から取り扱っている充実な品揃えは、モード関係者やおしゃれなパリっ子にも信頼が厚く、多くのパリっ子が、ストリートカジュアルなハイセンスのスタイルを目指して、足繁く通うショップです。

キリウォッチ(Espace Kiliwatch)

広い店内に、奥までぎっしりと洋服や小物が並ぶ「キリウォッチ(Espace Kiliwatch)」には、ユーズド・ヴィンテージ(古着)に加え、新品の商品もあり、他のショップでは、目にすることのない新進気鋭のブランドやインポート商品に出会えます。洋服や小物の品揃えが多すぎて、棚に積みあげられていたり、ラックにぎっしり詰まっていたりして、どこから見たらよいか戸惑ってしまう感もありますが、年代・テーマ別には分かれて置いてあるので、そちらを頼りに宝物探しの気分で気長にお買い物を楽しみましょう。

キリウォッチ(Espace Kiliwatch)

レディースのみならず、メンズのユーズド・ヴィンテージ(古着)も揃っているのは、当たり前。さらには、古着を用いたリメイク商品の取り扱いにも積極的で、「キリウォッチ(Espace Kiliwatch)」でしか買えないアイテムも多々。世界にひとつしかない商品は、足を運ぶ価値ありのポイントです。その他、バッグ、アクセサリー、帽子、時計、雑貨、モードやデザインに関する書籍も取り扱っています。

キリウォッチ トップス

キュートなマリンルックが決まりそうなトップスは、センス良く、ジーンズに合わせて夏に大活躍しそうです。

キリウォッチ シャツ

シンプルで着回しがしやすい、綿素材のシャツは25ユーロ。

キリウォッチ ロングコート

モスグリーンの質の良い、ロングコートは95ユーロ。「キリウォッチ(Espace Kiliwatch)」の古着は、パリにある他の古着屋さんに比べると、お値段が高いものがほとんどです(おおよその予算感は、古着で20〜200ユーロ)。

元が良い商品という納得の理由ではありますが、お手ごろ価格で古着を探そうという意気込みでいくと、がっかりしてしまうことが多いのではないでしょうか。「キリウォッチ(Espace Kiliwatch)」へのお買い物は、「他では、手に入らないブランドや、通常価格ではなかなか手の届きにくい質の良い商品を探しに行く!」という感覚でお買い物に行くのがおすすめです。

キリウォッチ ジーンズ

様々なテーマの陳列の中でも、デニムコーナーは圧巻。ジーンズやスカートなどデニム商品がずらりと並ぶコーナーは、かなりの見ごたえです。古着のジーンズでも49ユーロ程度からと、やはりお高めではありますが、センスの良さや手に取ったときの手触りの良さなど価格にみあった質があります。

キリウォッチ スカーフ

スカーフなどの小物は、お手ごろ価格で予算15ユーロまででも、かなりの品揃えの中から選べます。カラフルなものや、柄の面白いもの、シックなもの、シルク・麻・綿などの素材も選び放題。かわいいボーダー柄のニット帽も8ユーロと、小物なら気軽にお買い物できます。

■エスパス・キリウォッチ(Espace Kiliwatch)

201706_2_10

公式ホームページ(フランス語):http://kiliwatch.paris/
最寄り駅:メトロ4番線のレ・アル(Les Halles)駅から徒歩7分
営業時間:月曜日14:00〜19:45、火〜土曜日11:00〜19:45
定休日:日曜日・祝日
住所:64 Rue Tiquetonne 75002 Paris

個性的でレトロな洋服なら、「バイフラワーズ(By Flowers)」

バイフラワーズ(By Flowers)

「キリウォッチ(Espace Kiliwatch)」よりも、お手ごろ価格のユーズド・ヴィンテージ(古着)がお買い物できる、「バイフラワーズ(By Flowers)」。18区のモンマルトルの丘にある、知る人ぞ知る個性的でレトロ・ボヘミアンな商品に出会えるお店です。

バイフラワーズ(By Flowers)

こじんまりした「バイフラワーズ(By Flowers)」の店内には、レディース・メンズ古着と小物が、所狭しと詰まっており、ブランド古着やリサイクル古着の取り扱いもあります。どの商品も、クオリティにしては価格がお手ごろで、8〜50ユーロ程度の価格です。

バイフラワーズ コート

ベージュの麻のコートは25ユーロ、ブラックのマッキントッシュのコートは40ユーロ。気合いを入れてラックや棚をさぐると、とんでもなくお買い得な商品を掘り出せることも。ボヘミアンでセンスよくセレクトされた商品は、入れ替わりも早く、見つけたら迷わず買うのがおすすめ。成功するかどうかは別として、価格交渉にも応じてもらえるそうです。

■バイ・フラワーズ(BY FLOWERS)

バイ・フラワーズ(BY FLOWERS)

公式facebook(フランス語):https://www.facebook.com/BY-FLOWERS-199702203431237/
最寄り駅:メトロ2・12番線のピガール(Pigalle)駅から徒歩5分
サクレクール寺院から徒歩約8分
営業時間:日・月曜日14:30〜20:30、火〜土曜日11:00〜20:30
定休日:なし
住所:86 Rue des Martyrs 75018, Paris

“量り売りの古着!”おもしろコンセプトの「キロショップ(Kilo Shop)」

キロショップ(Kilo Shop)

3店舗目は、“量り売り”でユーズド・ヴィンテージ(古着)が買えるという、おもしろいコンセプトのショップ、「キロショップ(Kilo Shop)」。実は、原宿のカワイイがテーマだそうで、東京にも1号店が進出しています。コンセプト通り、キロ単位の量り売りで洋服や小物が買えるので、まとめ買いがお得!友達や家族と一緒にお買い物も楽しめます。

キロショップ(Kilo Shop)

おしゃれエリア、パリのマレにある店舗には、フランス・ヨーロッパの古着(レディース・メンズ・キッズ)を中心に、ブランド古着や靴、帽子やバッグ、アクセサリー、サングラスなどの小物の取り扱いもあります。

キロショップ(Kilo Shop)

それぞれの商品には、緑・赤などのタグが付いており、緑は、1kgあたり30ユーロ、赤はあたり20ユーロと、タグの色ごとに1キロごとの価格が決まっています。「キロショップ(Kilo Shop)」の大部分の商品は、1kgあたりいくらの商品ですが、中には、バッグなど価格が決まっている商品も。その場合は、タグに18ユーロなどと金額がしっかり明記してありますので、迷いません。

キロショップ 計量器

商品でごった返す広い店内には、いたるところに、計量器が。レジに行く前に、自分で金額を知ることができるので、とっても便利で安心。ちなみに1kgは、おおよそまとめて洋服4〜6枚の重さだそう。もちろん、1kgに満たない1枚からのお買い物もOKです。

キロショップ(Kilo Shop)

「キロショップ(Kilo Shop)」は、パリ市内に何店舗かあり、また夜も19時過ぎまで開いているので、観光客には立ち寄りやすいお店。フレンチカジュアルなワンピースや本格的な革ジャンなど、お気に入りを掘り出しに、ぜひ立ち寄りたい場所です。

■キロ・ショップ(KILO SHOP) Marais店

キロショップ(Kilo Shop)

公式ホームページ(フランス語・英語):http://kilo-shop.com/fr/
最寄り駅:メトロ1・11番線のオテル・ド・ヴィユ(Hôtel de Ville)駅から徒歩2分営業時間:日・月曜日14:00〜19:45、火〜金曜日11:00〜19:45、土曜日11:00〜20:00
定休日:なし
住所:69 Rue de la Verrerie, 75004 Paris
※他パリ市内に3店舗

ショップの広さは色々ですが、どのショップもとにかく商品で溢れかえっています。見て回るだけでも、かなりの時間と忍耐を要しますので、できれば時間をたっぷりととって、宝探しに没頭したいところ。そして、どのお店通路が狭く混雑もしているので、やはりスリにはご注意を。

パリのホテルを探す パリへの航空券を探す パリ旅行・ツアーを検索