パリは、意外にもコンパクトで、東京の山手線よりも少し広いくらいの街です。その広さの中に、多くの世界遺産をはじめ見どころがぎっしり詰まっているから、驚きです。さらに、パリの街には、モンマルトルの丘の付近を覗いて、“さほど急な坂もない“となると、観光地巡りに自転車が欲しくなるところです。

そんな観光客にとても嬉しいサービスが、パリ市のレンタルサイクル「ヴェリブ(Velib’)」。パリ市のいたるところに「ヴェリブ(Velib’)」の自転車ステーションがあり、一度登録すると自転車ステーションのどこでも借りられ、どこの停車場でも返却できるので、大変便利です。

パリのレンタル自転車「ヴェリブ(Velib’)」

「ヴェリブ(Velib’)」とは、パリ市が2007年7月から運営をはじめたレンタサイクルで、パリ市およびその周辺におよそ1,700箇所以上もある自転車ステーション(自転車の貸し出しおよび返却ができる)には、計23,000台以上の「ヴェリブ(Velib’)」のグレーのレンタル自転車が設置されています。パリの広さから考えても、パリの街中いたるところに「ヴェリブ(Velib’)」のステーションがあり、地元のパリっ子もよく移動手段のひとつとして利用しています。「ヴェリブ(Velib’)」の自転車ステーションには、ボルヌ(Borne)と呼ばれる自転車の貸し出し・返却用の機械があり、対面ではないので少し不安でもありますが、24時間営業・年中無休というサービスは嬉しいばかり。また、「ヴェリブ(Velib’)」の自転車は、前輪・後輪ブレーキはもちろん、3段ギア付きで、大きなカゴも付いており、サドルの高さも調節できるので、快適に乗りこなすことができます。

「ヴェリブ(Velib’)」の借り方

「ヴェリブ(Velib’)」の借り方

パリっ子も活用する「ヴェリブ(Velib’)」。ありがたいことに観光客も利用することができます。手続きも簡単で、自転車を借りたいステーションに行き、各ステーションに柱のように立っている、自動登録機ボルヌ(Borne)で登録するだけです。

1、自動登録機ボルヌ(Borne)での登録前に、ステーションのどの自転車を借りるか、事前チェックをおすすめします。タイヤの空気の入り具合、ブレーキがきちんとかかりそうか、サドルの高さが調節可能かなどをチェックし、お目当ての自転車のスタンドの番号を控えておきましょう。サドルが逆向きになっている自転車は「故障中」のサインです。

自動登録機ボルヌ(Borne)

2、次に、自動登録機ボルヌ(Borne)でのカード登録です。登録は、なんと日本語でもできてとっても安心。レンタル期間を1日か7日間から選び、登録カードを発行します。各日数に対応するレンタル料(1日1.7ユーロ、7日8ユーロ)と150ユーロの保証金(返却がされなかった場合に引き落とされます)を払うクレジットカード(ICチップが必須)を差し込み、暗証番号を入力します。各画面で次に進みたい場合は、“緑色のV(OK)”ボタンを押してください。カード情報がきちんと送信されると、「RETIREZ CARTE」と表示されるので、カードを引き抜きます。

3、レンタル用の暗証番号(4桁)は、自分の好きな番号を入力します。この番号は「ヴェリブ(Velib’)」利用の際に毎回必要です。ボルヌ(Borne)から出てくる、登録カードにプリントされた番号とともに、利用期間中忘れないように気をつけてください。

4、すぐに自転車をレンタルする場合は、1を入力し(登録だけで終了する場合は、赤のAボタンを押す)、暗証番号を入れて、最初に目をつけておいた自転車のスタンド番号を押します。

5、自転車のロックが外れるので、再度問題ないかチェックしてください。もし自転車を変えたい場合は、一度返却後、2分たったら新たな自転車が借りられるようになります。

「ヴェリブ(Velib’)」は、使用開始から最初の30分はなんと無料です。カードの登録料は必要ですが、お試しに乗ってみることもできて、とても便利です。

「ヴェリブ(Velib’)」の返し方

返却する際は、とても簡単で、自転車ステーションの空いているスタンドに、自転車をはめれば終了です。自転車がきちんとスタンドにロックされれば、「ピピッ」という音とともにランプが赤から緑に切りかわります。きちんと返却できていなければ、レンタル料が追加され、150ユーロの保証金も引き落とされてしまいます。また、最悪の場合、誰かに悪用されてしまうこともあるかもしれませんので、ご注意ください。

「せっかく時間内に自転車ステーションに返却しに行ったのに、空いているスタンドがなくて困った…。」という場合もあるかもしれません。その場合は、ボルヌ(Borne)の最初の画面で1を選択し、登録ナンバーを入れると、無料レンタル時間を15分延長してくれます。近くの自転車ステーションの空きスタンドの数も調べられるので、安心です。もちろんボルヌ(Borne)では、自転車ステーションごとの現在借りられる自転車の数も調べられます。

パリで、自転車に乗るときの注意点

パルの道

フランスは、日本よりも自転車の交通ルールが厳しく設定されています。自転車ですが、車だと認識し、以下の交通ルールをしっかりと守りましょう。

  • 自転車では歩道を走らない。車道の右側を走る。(自転車専用道路がある場合もあります。)
  • 一方通行道路は逆走しない。(一部、自転車のみ逆走を認められている道路もあります。)
  • 夜は必ずライトを点灯する。(「ヴェリブ(Velib’)」は、常に点灯するようになっており、さらに安全のための蛍光板も付いています。)
  • 自転車2台横に並んで走らない。縦に1列で走る。

一方通行の道なども非常に多いので、観光に出る前に、あらかじめ地図で目的地までの道順を確認しておくと、スムーズに向かえると思います。また、石畳のデコボコ道は、雨の日は非常に滑りやすいので、注意が必要です。

有名観光地近くの停留所をピックアップ

「ヴェリブ(Velib’)」のステーション

パリ市内にはいたるところに「ヴェリブ(Velib’)」のステーションがあり、もちろん有名観光地付近にも自転車ステーションが設置されています。

ここでは、自転車ステーションをピックアップしてご紹介しますが、すべての自転車ステーションの場所と台数(現在の利用可能数も含む)は、公式サイトでチェックください。

「ヴェリブ(Velib’)」
公式サイト(英語・フランス語・スペイン語):http://www.velib.paris/

■ルーヴル美術館そば — Station n°1013
最寄り駅:メトロ1・7番線のパレ・ロワイヤル・ミュゼ・デュ・ルーヴル(Palais Royal Musée du Louvre)駅から徒歩2分
ルーヴル美術館のピラミッドから徒歩5分
住所:186 RUE SAINT HONORE, 75001 Paris
Vélos disponibles : 41
Points d’attache disponibles : 23

■マドレーヌ寺院そば — Station n°8005
最寄り駅:メトロ8・12・14番線のマドレーヌ・トロンシェ(Madeleine-Tronchet)駅から徒歩4分
マドレーヌ寺院前
住所:04 PLACE DE LA MADELEINE, 75008 Paris
Vélos disponibles : 7
Points d’attache disponibles : 30

■エッフェル塔そば – Station n°7019
最寄り駅:メトロ8番線のエコール・ミリテール(École Militaire)駅すぐ
住所:85 AVENUE BOSQUET 75007 Paris
Vélos disponibles : 44
Points d’attache disponibles : 2

■エトワール凱旋門そば – Station n°8028
最寄り駅:メトロ1番線のエコール・ミリテール(George V)駅から徒歩4分
住所:1 RUE ARSENE HOUSSAYE, 75008 Paris
Vélos disponibles : 0
Points d’attache disponibles : 28

不慣れで、スリなどの危険も潜むパリの地下鉄に乗るよりも、自転車でかけ巡った方が簡単に、短い時間でたくさんの観光ができるかもしれません。駅から少し遠い観光地の場合は、特に自転車は便利です。ただ、パリっ子の運転は大変乱暴なので、狭い道で事故に巻き込まれないよう、くれぐれもご注意を!安全のために気を引き締めつつ、パリの街を颯爽とかけ抜けてみてください。

パリのホテルを探す

パリへの航空券を探す

パリ旅行・ツアーを検索