フランスのビールとおつまみ

フランスと言えば、やっぱりワイン!ですが…実はドイツ、ベルギー、イギリスなどビールの量産国に囲まれ、たくさんのビールを安く楽しむことができるため、ビールはワインに次いでよく飲まれています。フランスで人気のビールとは?

フランスのNo.1ビールは、クローネンブルグ1664

国産ビールでNo.1のシェアを誇るのは、「クローネンブルグ 1664(セーズ・ソワサン・キャトル)」。その名の通り300年以上の歴史を誇るクローネンブルグが造り上げたこのビールは、しっかりとコクがありながらクセはなく、苦みと軽さのバランスも絶妙な、日本人にとっても大変飲みやすいバランスの良い味わいが人気です。

おつまみは手の込んだフランス料理!?実は意外にシンプル!

フランス オリーブ

さてフランスのビールに合う定番おつまみ。さぞ手の込んだフランス料理が!?と思いきや、意外にもオリーブやスナックなど簡単なものをつまみながらビールを飲むことが多いのです。その理由として、食事のお伴としてはワインが主役のフランスでは、ビールは食事の前に軽く飲むなど、友達とカフェでお茶をするような感覚で気軽に楽しまれることが多いためです。

仕事が終わると、家族で、友達で、ご近所さんで、家やカフェなどで気軽に一杯はじめるのがフランス流。手の込んだおつまみよりも、サッと用意できすぐにつまめるおつまみと一緒に、リラックスして好きな人とおしゃべりを楽しむのが、何よりもフランスらしいビールの楽しみ方なのかもしれません。

それではみなさん、ア・ヴォートル・サンテ(乾杯)!

 

パリのホテルを探す

パリへの航空券を探す

パリ旅行・ツアーを検索