お得ショッピング情報つき!パリのアウトレット「ラ・ヴァレ・ヴィレッジ」でお買い物三昧

お得ショッピング情報つき!パリのアウトレット「ラ・ヴァレ・ヴィレッジ」でお買い物三昧

パリ旅行のお目当が、お買い物という方は多いのでは?
そんな方におすすめなのが、パリのアウトレット、ラ・ヴァレ・ヴィレッジ(La Vallée Village)。

ファッションからインテリアまで、115以上のブランドショップからなる、このパリのアウトレットは、年中30~60%オフの商品がずらり。パリ中心地からもアクセスも良好で、パリでは多くの店が閉まっている日曜も営業しているお買い物天国です。

今回は、そんな魅力溢れるパリのアウトレットの行き方やお得なセール、アウトレットの営業時間などをご紹介します。

有名ブランドが毎日最大60%オフ。セール(Solde)時期は、さらに半額のチャンスも!

パリアウトレットでお買い物三昧

ラ・ヴァレ・ヴィレッジ(La Vallée Village)は、パリ随一のアウトレット。

取り扱いブランドは、アルマーニ(ARMANI)、バーバリー(Burberry)、セリーヌ(CELINE)、コーチ(COACH)、グッチ(GUCCI)、ロンシャン(LONGCHAMP)、モンクレール(MONCLER)、レペット(REPETTO)…など、有名ブランドを含む115以上の顔並び。お買い好きにはたまらないラインナップです。

パリの人気ブランド・レペット(REPETTO)には可愛いシューズがずらり。

パリアウトレットでお買い物三昧

いつでも市場価格の30%〜60%オフとお得に購入できるのはもちろん、全て免税対象なので、その価格から更に12%還元されます(1店舗につき175.01ユーロ以上買った場合)。例えばモンクレールのダウンジャケットは、ロング丈のものでも10万円弱で購入できるものがあり、日本人観光客に大人気。

また、パリのアウトレットのセールも、パリ市内のお店同様、冬と夏の2回開催されます。セール期間は通常価格の半額にもなるというから、お買い物客で大賑わい間違いなしです。

ラ・ヴァレ・ヴィレッジ(La Vallee Village)
公式サイト(英語):http://www.lavalleevillage.com/

最寄り駅:ヴァル ドゥロップ駅(Val d’Europe)から徒歩13分
営業時間:月〜金曜、日曜:10:00〜19:00、土曜:10:00〜20:00
定休日:不定期 2015年12月25日、2016年1月1日、2016年5月1日
※時季により定休日・営業時間は変更されるため詳細はサイトでご確認ください

<2016年>パリのセール(Solde)スケジュール予定
冬:2016年1月6日(水)~2月16日(火)、夏:2016年6月22日(水)~8月2日(火)
※パリのアウトレットのセール期間も上記同様
※毎年、前年の9月下旬にフランス政府より発表

電車やバスで手軽に行ける!パリのアウトレットへのアクセス方法

観光客におすすめのパリのアウトレットの行き方は、電車と直行バスの2通り。それぞれメリット・デメリットがありますので、ご自分に合った方法をチョイスしてみてくださいね。

電車でアクセスする方法

パリ市内から郊外へのびる電車(RER A線)を利用。パリ中心地では、凱旋門、パリオペラ座近くのオーベール駅(Auber)、シャトレ・レアル駅(Châtelet – Les Halles)、リヨン駅(Gare de Lyon)、ナシオン駅(Nation)からRERA線、ディズニーランド・パリ(Marne-la-Vallée – Chessy)行きに乗り、終点1駅手前のヴァル ドゥロップ駅(Val d’Europe)で下車しましょう。

メリット:10〜15分おきに運行しているため、時間に融通が効き、料金も安め(往復料金:13.40ユーロ)。
デメリット:パリディズニーランドの1つ手前の駅ということもあり、ほぼ満席状態で座れないこともあるため、お買い物帰りにはパリ中心地まで約40分立ち続ける覚悟が必要

パリのアウトレットの最寄りのヴァル ドゥロップ駅(Val d’Europe)から、パリのアウトレットへの道順はとってもシンプル。駅を背にして大通りの右奥に見える、ショッピングセンター(Center commercial Val d’Europe)の建物に向かって歩きます。

パリアウトレットでお買い物三昧

パリのアウトレット、ラ・ヴァレ・ヴィレッジ(La Vallée Village)はこの巨大ショッピングセンターを通り抜けたところにあり、徒歩10分程度で到着します。

パリアウトレットでお買い物三昧

モール内には、ザラ(ZARA)、エイチアンドエム(H&M)、ギャップ(GAP)などお手頃価格のブランドもあり、ファッションや雑貨、レストランなど、たくさんのお店があるのでここでも十分にお買い物が楽しめます。

ラ・ヴァレ・ヴィレッジは飲食店が少ないので、ランチはこのショッピングモールで済ませるのがおすすめです。

Center commercial Val d’Europe
公式サイト(英語):http://www.club-onlyou.com/Val-d-Europe
最寄り駅:ヴァル ドゥロップ駅(Val d’Europe)から徒歩3分
営業時間:(衣料品店)月〜土曜:10:00〜21:00、(レストラン) 月〜日曜:10:00〜24:00
定休日:(衣料品店)日曜
※店舗により営業時間・定休日は異なります。詳細は公式サイトでご確認ください。

直行バス・ショッピングエクスプレスでアクセスする方法

パリのアウトレットへの直行バス、ショッピングエクスプレスを利用(PARISCityVISION社、Shopping Express)。ショッピングエクスプレスは2路線あるので、宿泊ホテルからアクセスの良い方を選べます。

インターネット(日本語対応)で事前予約ができるため、安心して予定がたてられ、かつ、たくさんお買い物をしても席に座って帰れるのが嬉しいポイント。また、お買い物10%割引券(好きな3店舗で使用可)がもらえるサービスもあります。

メリット:事前に予約ができ、割引サービスが受けられる
デメリット:電車に比べ交通費が高めなのと、行き帰りの時間が決まってしまう

1.ピラミッド発のバス路線

公式予約サイト:http://www.pariscityvision.com/jp/enjoyouroffersinoutletshoppingvillage

行き:ピラミッド発:10:00、13:30
帰り:ラ・ヴァレ・ヴィレッジ発 16:00、18:45

※ピラミッド(Pyramides)にある、PARISCityVISION 営業所を発着。ルーブル美術館からアクセスしやすい。
※料金:25ユーロ、子供 (3-11 才): 13ユーロ
※バス出発時間の12時間前までサイトにて購入可。また、バス発着の上記営業所にて直接購入も可。

2.ポルト・マイヨ発、トロカデロ広場経由のバス路線

公式予約サイト:http://www.pariscityvision.com/jp/la-vallee-village-shuttle

行き: ポルト・マイヨ (Porte Maillot)発:10:15、13:15 / トロカデロ(Trocadéro)広場発:10:30、13:30
帰り: ラ・ヴァレ・ヴィレッジ発 15:30、19:00

※料金:25ユーロ、子供 (3-11 才): 13ユーロ
※バス出発時間の12時間前までサイトにて購入可。バスの発着所での購入は不可。

その他、パリのアウトレットへのツアーも多く催行されているので、現地ツアーを利用すれば、手軽にアクセスできます。

特典サービスを活用して、さらにお得にお買い物をしよう!

アウトレットのお得な価格にプラスして、お持ちのクレジットカード次第では更にお得なサービスがあります。例えば、VISAカードやJCBカードでは、割引クーポンがもらえるといった特典サービスを受けられます。また、航空会社のマイレージカードでも、マイレージが貯まるサービスが受けられる場合も。

詳細は各社のホームページで紹介されていると思いますので、「ラ・ヴァレ・ヴィレッジ」へいく場合には、お手持ちのカードのサービスを事前チェックすることを強くおすすめします!

パリのホテルを探す

パリへの航空券を探す

パリ旅行・ツアーを検索