美食と芸術の街ブリュッセルを1日観光で満喫!

美食と芸術の街ブリュッセルを1日観光で満喫!

ベルギーワッフルやチョコレートなど、グルメを目的に訪れる人が多いブリュッセル。中心部に主要な見どころがコンパクトにまとまっているため、1日でもしっかり楽しめます。パリやロンドン、アムステルダムからも列車ですぐ!

ブリュッセルの魅力って? アクセス方法は?

NATOの本部

ベルギーの首都ブリュッセルは、長年にわたってヨーロッパの中心地のひとつとして栄えてきた都市。EUの諸機関やNATOの本部が置かれるなど、現在でもその政治的な存在感は大きく、さまざまな民族の人が暮らす国際的な街でもあります。

世界有数の美食の都

世界有数の美食の都としても名高く、観光旅行ならムール貝やベルギーワッフル、チョコレートなどの絶品グルメは外したくないところ。美しい広場であるグラン・プラスや、小便小僧などの有名スポットも見逃せません。また、ヨーロッパ屈指の素晴らしい美術館にも出会えます。

成田空港からブリュッセルへは全日空が直行便を運航しています。その他、高速列車タリスを利用すると、パリからブリュッセルへは約1時間20分ほど、アムステルダムからなら約2時間。ロンドンからはユーロスターを使って約2時間でアクセスができます。ブリュッセルは主要スポットが中心部に集まっているので、効率よく回れば日帰りでも満喫できますよ。

ブリュッセルの必見観光スポットとグルメを楽しむ1日コース

ブリュッセルのおすすめ1日観光コースをご紹介します。この街ならではの絶品グルメも楽しみましょう。

朝10時~10時30分:荘厳なゴシック様式のサン・ミッシェル大聖堂を見学

サン・ミッシェル大聖堂

ブリュッセル中央駅近くのサン・ミッシェル大聖堂からスタートしましょう。この地に聖ミカエルを称える礼拝堂が建てられたのは9世紀と言われ、その後、1047年にはロマネスク様式の教会となりました。1226年にはゴシック様式の聖歌隊席が導入されるなど少しずつ変化して、現代の壮麗な大聖堂が完成。

巨匠ジャン・ヘックが制作したステンドグラスと、ゴシック様式の大聖堂内

16世紀にアントワープ出身の巨匠ジャン・ヘックが制作したステンドグラスと、ゴシック様式の大聖堂内でよく響くように特別に作られた美しいオルガンはとくにお見逃しなく。

サン・ミッシェル大聖堂(Cathédrale Saint-Michel)
公式サイト(英語):https://cathedralisbruxellensis.be/en/
休業日:なし
営業時間:月曜~金曜7:00~18:00、土曜8:00~17:00、日曜13:00~18:00
入館料:無料(宝物庫の見学は2ユーロ)
電話番号:02 217 83 45
住所:Place Sainte-Gudule, 1000 Bruxelles

10時40分~11時40分:ベルギー王立美術館の古典美術館でブリューゲルなどの名画に出会う

ベルギー王立美術館

サン・ミッシェル大聖堂から徒歩10分ほどのベルギー王立美術館へ移動しましょう。1803年にオープンしたこの美術館内には複数の美術館が存在します。

古典美術館(Musée Oldmasters)

まずは15~18世紀の絵画や彫刻などを幅広く集めた古典美術館(Musée Oldmasters)へ。ブリューゲルやヒエロニムス・ボス、ヤーコブ・ヨルダーンスなどの巨匠の作品がずらりと並び、美術ファンならこれを見るためだけにでもブリュッセルを訪れた価値があると感激するはず。ルーベンスの作品を20点余りも集めた「ルーベンス・ルーム」も忘れずにお楽しみください。

ベルギー王立美術館(Musées royaux des beaux-arts de Belgique)
公式サイト(英語):https://www.fine-arts-museum.be/en
休業日:月曜(マグリット美術館のみ月曜も開館)
営業時間:火曜(マグリット美術館は月曜)~金曜10:00~17:00、土曜・日曜11:00~18:00
入館料:ベルギー王立美術館内の全美術館15ユーロ(毎月第1水曜13時~は無料)
電話番号:02 508 32 11
住所:Rue de la Régence 3, 1000 Bruxelles

11時40分~12時半:開放感あふれるテラス付きのミュージアムレストランでランチ

王立美術館 ミュージアムカフェ タブロ(TABLO)

王立美術館を引き続き堪能するため、ランチは古典美術館の入り口付近にあるミュージアムカフェで。セルフサービス形式のカジュアルなレストランですが、屋外テラスの雰囲気は上々です!

のトマトソース味のミートボールとマッシュポテト

数あるメニューの中からお好きな料理とドリンクをどうぞ。写真はボリュームたっぷりのトマトソース味のミートボールとマッシュポテトです。

タブロ(TABLO)
営業時間:火曜~金曜10:00~17:00、土曜・日曜11:00~18:00
料金:トマトソース味のミートボール(マッシュポテト付き)12ユーロ、アイスティー3ユーロ
電話番号:02 508 34 91

12時半~13時50分:王立美術館内の世紀末美術館とマグリット美術館を回る

お次は、19世紀末から20世紀初頭の作品が展示されている世紀末美術館(Musée Fin-de-Siècle)へ。ゴッホやゴーギャン、ピエール・ボナールの名画に出会える他、アール・ヌーヴォーを代表するエミール・ガレの作品も充実しています。

世紀末美術館(Musée Fin-de-Siècle)

美術館巡りの締めくくりは、日本人ファンも多いマグリット美術館(Musée Magritte)です。ベルギー出身のシュルレアリスム画家ルネ・マグリットが織りなす独特の世界をお楽しみください。

いマグリット美術館(Musée Magritte)

14時~14時10分:ブリュッセルと言えば! の小便小僧にご対面

“世界三大がっかり“という不名誉な称号を得ている小便小僧ですが、やはり一目見たいという人に常に囲まれている人気者です。1619年に制作された像のレプリカであり、オリジナルはブリュッセル市立博物館に収められています。折に触れて変わる衣装にもご注目ください。

小便小僧(Manneken Pis)

小便小僧(Manneken Pis)
住所:Rue de l’Etuve 46, 1000 Bruxelles

14時20分~15時:世界遺産グラン・プラスでお散歩&ショッピング

グラン・プラス

ヨーロッパ屈指の美しい広場と言われ、世界遺産にも登録されているグラン・プラスは必見! かつては市場として賑わっていたこの広場には、バロック様式、ゴシック様式、ルイ14世様式の建築物が混在し、独特の景観を生み出しています。市庁舎のそびえ立つゴシック様式の塔はとりわけ目を引くでしょう。
レストランやカフェが立ち並びますが、ゴディバ本店はぜひ覗いておきたいところ。意外にもこぢんまりとした店舗では、チェリーのチョコレートがけなどの素朴でおいしいお菓子も売られています。

グラン・プラス(Grand Place)
住所:Grand Place, 1000 Bruxelles

15時10分~15時半:穴場ショップのジュース・ランドで焼き立てベルギーワッフル!

グラン・プラス付近にはワッフル屋さんがたくさんありますが、どこに行こうか迷ってしまったらローカルにも愛されているジュース・ランドがイチ押し。ここでは原則的に作り置きをせず、焼き立てアツアツのワッフルが味わえるのです!

ジュース・ランド

5分ほど待って出てきたワッフルはまさにアツアツでサクサクのおいしさ。プレーンなら1.80ユーロという安さも魅力です。もちろんクリームやフルーツを載せた豪華なバージョンもたくさんありますよ。

できたてワッフルはまさにアツアツでサクサクのおいしさ

ジュース・ランド(Juice Land)
休業日:なし
営業時間:月曜~木曜8:30~22:00、金曜8:30~23:30、土曜9:00~23:30、日曜9:00~22:00
料金:プレーンワッフル1.80ユーロ
電話番号:0488 60 69 65
住所:Rue du Marché Aux Herbes 11, 1000 Bruxelles

15時40分~16時10分:ギャルリー・サンチュベールでチョコレートショップ巡り

ギャルリー・サンチュベール

ブリュッセルが誇る高級ショッピングアーケード。1837年ごろ、当時貧しかったこの地域に住居や飲食店、アートスペースを擁する建物を作ろうというプロジェクトが始動しました。1846年に工事がスタートし、翌年には王であるレオポルド1世の臨席の下にオープン。その頃にはヨーロッパ内の大都市でもこのような立派なアーケードは数えるほどしかありませんでした。
現在はベルギーブランドを中心とするブティックやショップが並び、年間約600万人が訪れる人気スポットに。中でもコルネ・ポート=ロイヤル・ショコラティエ(Corné Port-Royal Chocolatier)やラ・ベルジク・グルマンド(La Belgique Gourmande)、ノイハウス(Neuhaus)などは、お土産にお菓子を購入するのにぴったりです。

ギャルリー・サンチュベール(Les Galeries Royales Saint-Hubert)
公式サイト(英語):https://www.grsh.be/en/home/
休業日:ほとんどの店舗が無休
営業時間:店舗により異なる
電話番号:02 545 09 90
住所:Galerie du Roi 5, 1000 Bruxelles

16時20分~17時:ローカルスーパーのデレーズで手頃なお土産品をGET

会社や学校でのバラマキ用や自分用のお土産探しにぴったりなのが、地元スーパーのデレーズ。お菓子類もここでなら気軽なお値段で買うことができます。

デレーズ

おすすめのベルギー土産は、マヨネーズと唐辛子などを混ぜたサムライ・ソース。フライドポテトにつけて食べるピリ辛のソースで、クセになるおいしさですよ。

マヨネーズと唐辛子などを混ぜたサムライ・ソース

デレーズ(Delhaize)
公式サイト(フランス語):https://www.delhaize.be/fr-be/storedetails?storeName=10040351
休業日:なし
営業時間:8:00~21:00
電話番号:02 512 80 87
住所:Boulevard Anspach 63/63, 1000 Bruxelles

17時10分~18時半:有名店シェ・レオンでムール貝とベルギービールに舌鼓

シェ・レオン

ベルギーに来たらやっぱり名物のムール貝を食べたいものですが、ブリュッセル中心部では20ユーロを超える値付けのレストランが多いのがネック。そんな中、1893年創業の老舗レストラン、シェ・レオンなら、ビールとフライドポテト付きで16.95ユーロというお手頃価格で味わえます。

ムール貝とベルギービール

丁寧に砂抜きをしたムール貝はまさに絶品。カリッと揚がったポテトも合わせて、ちょうどおなかがいっぱいになる量なのも嬉しいところ!

シェ・レオン(Chez Léon)
公式サイト(英語):http://www.chezleon.be/en/
休業日:なし
営業時間:11:30~23:00(金曜・土曜~23:30)
料金:フォルミュル・レオン500gr(ムール貝とフライドポテト、ビールのセット)16.95ユーロ
電話番号:02 511 14 15
住所:Rue des Bouchers 18, B-1000 Bruxelles

18時40分:ブリュッセル中央駅に帰着

お疲れさまでした。きっとおなかも心も満たされていることでしょう。このままブリュッセルに1泊するもよし、列車などでヨーロッパ内の他都市へ移動するもよし。

いかがでしたか? ブリュッセルは都会ながら親切な人が多く、居心地もバツグン。ベルギーの誇る素晴らしいアートやグルメを満喫しながら、美術館やショップでローカルの人たちとのちょっとした交流もぜひお楽しみください。

ブリュッセルのホテルを探すブリュッセルへの航空券を探すブリュッセル旅行・ツアーを検索