歴史的な建造物や遺跡が点在するヨーロッパは、卒業旅行でも人気の高いエリア。しかし、国によっては日本以上の物価高というところもあり、どうしても旅行費用が気になってしまうもの。ここでは、そんな人に向けてヨーロッパを安く楽しく遊ぶためのコツをご紹介します。

まずは渡航先選びが大切!

まずは渡航先選びが大切!

お金をかけずにヨーロッパを楽しみたいなら、一番大切なのは渡航先選び。

ヨーロッパは大きく分けてフィンランドやノルウェーなどの北欧、フランスなどの西欧、イタリアやスペインなどの南欧、チェコやブルガリアなどの東欧、ドイツの中欧など複数に分かれており、その物価は地域によって大きく異なります。

一般的に北欧や西欧は日本以上の物価高。特に北欧はファーストフードでも1,000円以上と、かなりの出費を覚悟する必要があります。南欧、東欧はそれに比べると比較的リーズナブルに旅行できます。

せっかくの卒業旅行なら行きたい場所を優先させるというのもひとつの考え方ですが、お金にケチケチし過ぎず、しかも安く楽しむなら、始めから物価の安い国を選ぶことも選択肢として考えてみましょう。

宿はドミトリーに泊まろう

宿はドミトリーに泊まろう

旅行費用の大部分を占めるのが宿泊費。ヨーロッパはどこもホテル代が高く、国によっては1泊10,000円以上かかることもざら。かといって、駅や空港などで野宿するのは治安の面からもおすすめできません。

宿泊費を安く浮かせるポイントは、ユースホステルなどのドミトリーを利用すること。宿泊費は国によって異なるため一概には言えませんが、物価の比較的安いイタリアでは1泊3,000〜4,000円程度で泊まれるケースもあります。最近では男女別に部屋を分けているホステルも多く、女性でも安心して泊まることができます。

また、ヨーロッパのホステルには世界中を旅するバックパッカーも多いため、そういった旅行者からいろいろな国の話を聞けるのも大きなポイント。話をするうちに、また次の旅行のアイデアが浮かんでくるかもしれません。

旅をリーズナブルにするポイントは?

そのほか、旅をリーズナブルにするポイントは?

旅行をするうえでは、食費も意外とかかるもののひとつ。ヨーロッパでは一般的に外食費が非常に高く、レストランはリーズナブルなところでも2,000〜3,000円程度かかってしまいます。また、前述したようにファーストフードも決して安いものではなく、日本のように手軽に安い食事が充実していないのが現状です。

そんな時に活用したいのがスーパーマーケット。ヨーロッパのスーパーには日本では見られない珍しい食材も多く、眺めているだけでもその国に来たことを感じられて楽しいもの。パンとチーズやサラミ、ちょっとした野菜などを買い込んで、ホテルで簡単なサンドイッチを作るのもいいでしょう。市場が見つかれば、その国ならではのお惣菜を買ったりするのもおすすめです。

また、ヨーロッパではほとんどの観光施設で学生料金の設定があります。割引率はその国や施設によっても変わりますが、場合によっては無料になることも。美術館や博物館など活用できる場面は非常に多いので、渡航前には必ず国際学生証を作っていくようにしましょう。一般的には大学生協などを通して申し込みができます。

物価の高いヨーロッパの国々も、宿泊費や食費、観光費をおさえることで、安く楽しく旅行することができます。一生に一度の卒業旅行、せっかくなら文化も街の雰囲気も、日本とは大きく異なるヨーロッパで思いっきり楽しんでみてはいかがでしょうか?

学生の卒業旅行におすすめ旅行先

あわせて読みたい!

学生旅行・卒業旅行~思い出に残る旅行先を探そう!
学生世代 VS 親世代 VS 祖父母世代 でこんなに違う! 世代別比較!「卒業旅行」調査を発表