トマト、ジャガイモ、トウモロコシ、トウガラシ……これらの共通点は何でしょう? 答えはペルー(アンデス)原産の野菜ということ。

ペルー人は食材へのこだわりが強く、食にもうるさいグルメが多い。ある現地在住の日本人が「チリの着道楽、ペルーの食道楽」なんて言っていましたが、僕もペルー料理の多彩さは世界でもトップクラスだと思います。

インカ帝国時代からのアンデス文化をベースに、その後、南米に進出してきたスペイン、さらに日系人や華僑による日本や中国の影響も受けているペルー料理。日本にもペルー料理店って結構多いのですが、最近は現地で流行しているようなモダンぺルヴィアンのレストランも増えています。

ということで今回は見た目もきれいなペルー料理のなかから、「食べるならコレ!」という厳選10皿を紹介します。

 

ロモ・サルタド (Lomo Saltado)

ロモ・サルタド
ペルーでレストランのスタッフに「おすすめは?」と聞くと、かなりの割合であがるのがこの料理。

牛肉とタマネギ、トマトをざっと炒めたボリューミーな一品です。フライドポテトが添えられ、一緒に炒めることも。隠し味に醤油を使うため、日本人の舌に合う味になっています。

セビーチェ (Cebiche)

セビーチェ
新鮮な魚介をレモンと塩、ハーブで味付けしたさわやかメニュー。ヒラメやスズキ、タイなど白身の魚を中心に、イカやタコ、エビ、貝類を使うことも。

メキシコのセビーチェはココナッツミルクや油を使うコッテリタイプですが、ペルーのセビーチェはさっぱり食べられます。

カウサ (Causa)

カウサ (Causa)
簡単にいうと黄トウガラシのペーストを混ぜたマッシュポテトなんですが、色合いにも気を配った芸術的なプレゼンテーションが特徴。鶏肉やツナのサラダを重ねるのが一般的で、店によってはアボカドを入れることも。ペルーでは定番の前菜です。

パパ・ア・ラ・ワンカイーナ (Papa a la Huancaina)

パパ・ア・ラ・ワンカイーナ (Papa a la Huancaina)
ペルーではよく見かける、アヒ・アマリージョという黄トウガラシのペーストを使った人気料理。チーズやクラッカーを混ぜてとろみを出したアヒ・アマリージョを、茹でたジャガイモの上にたっぷりかけるだけ。濃厚なアヒ・アマリージョソースは店によって味が異なります。

アヒ・デ・ガジーナ (Ahi de Gallina)

アヒ・デ・ガジーナ (Ahi de Gallina)
アヒとはトウガラシ、ガジーナは鶏肉のこと。その名のとおり鶏肉とチリペーストを合わせたクリーミーなソースを、カレーのようにライスと一緒に食べます。スパイスが利いたエキゾチックな味ですが、カレーっぽい食感なので日本人には好まれる間違いないメニューです。

チュペス・デ・カマロネス (Chupes de Camarones)

チュペス・デ・カマロネス (Chupes de Camarones)
エビをトマトソースで煮込んだスープ。エビの旨味がスープに染み出して、後を引くおいしさです。川エビを使うレシピが定番ですが、1~3月は禁漁になるため注意して! ライスや麺が入っていることもあり、ランチタイムに主食として食べている人の姿も。

アンティクーチョ (Anticucho)

アンティクーチョ (Anticucho)
牛のハツにさまざまなスパイスをすり込み、じっくり焼き上げた串料理。肉厚のハツはぷりぷりで、噛むほどに旨味が染み出してきます。ビールやワインにぴったりなメニューです。

ロコト・レジェーノ (Rocoto Relleno)

ロコト・レジェーノ (Rocoto Relleno)
ロコトとは丸みを帯びた肉厚のチリのこと。ロコトに挽き肉を詰め、チーズをかけてオーブンで焼いたロコト・レジェーノは、アンデスの伝統料理です。大ぶりのピーマンのような形をしたロコトですが、あくまでチリなので辛いです!

ティラディトス (Tiraditos)

ティラディトス (Tiraditos)
生の魚介をレモンでマリネしたセビーチェに近いレシピですが、チリソースをかけてスパイシーな前菜に仕上げたのがこちら。ピリリとした刺激が食欲をそそります。セビーチェがおいしい店では、たいていティラディトスも評判がよいです。

クイ・アル・オルノ (Cuy al Horno)

クイ・アル・オルノ (Cuy al Horno)
これはおすすめ……というより、名物料理なので食べておいてもよいのではというメニュー。テンジクネズミの仲間クイを、時間をかけてじっくり丸焼きに。アンデス地方ではお祝いのときなどに食べるご馳走です。

マチュピチュナスカなど遺跡で知られるペルーですが、食の充実度も分かっていただけましたでしょうか? これ以外にもペルーにはおいしい料理がいっぱいありますので、ぜひペルーの食道楽を堪能してください。

ちなみにメインカットに使っているのはチョリトス・ア・ラ・チャカラという海沿いの人気メニュー。ムール貝やホタテなどをレモンと塩で味付けし、アヒソースをかけて食べます。

さて、そんなペルーへ行くには、アメリカやカナダ、メキシコなどを経由して行くのが一般的。首都リマまでおよそ20時間とかなり遠いのですが、一度は行く価値のある国ですよ♪

リマのホテルを探す

リマへの航空券を探す

リマの旅行・ツアーを検索