みなさんメキシコ料理と聞いてすぐに思い浮かべるのはタコスでしょうか?最近は日本でもブリトー専門店やナチョスをつまみに飲めるバーも増えてきました。どれもメキシコ料理の代表選手ではありますが、ユネスコの無形文化遺産に登録されたメキシコ料理はもっともっと奥深い!そこで、今回はメキシコで(または日本のメキシコ料理店で)食べたいメキシコ料理をご紹介します。

タコス(Tacos)

タコス(Tacos)

メキシコ料理の代名詞、定番中の定番がタコス。トウモロコシの粉で作ったトルティージャに具材を包んで食べます。メキシコの食卓にトルティージャは欠かせないもの。メキシコ料理店に入ると何もいわなくてもトルティージャが出てきます。トルティージャに包む具材は牛のハラミ「アラチェラ」や豚の煮込み「カルニータス」、鶏肉「ポジョ」など何でもあり。数種類のソース(サルサ)と付け合わせの野菜で自分好みのタコスを召し上がれ。

エンチラーダス(Enchiladas)

エンチラーダス(Enchiladas)

トルティージャで具材を巻き、サルサとチーズをかけた料理。オーブンで仕上げるのでチーズがトロトロになり、サルサが染み込んで軟らかくなったトルティージャとのバランスが最高。もともと残ったトルティージャをおいしくいただくために生まれた料理とのことで、メキシコでは頻繁に食卓にのぼります。具材はタコスと同様、何でもありです。

ワカモーレ(Guacamole)

ワカモーレ(Guacamole)

ワカモーレはメキシコ全土で食べられる前菜。つぶしたアボカドに青トマトとチリを混ぜてディップにします。トルティーヤチップスにつけて食べると、お酒のいいおつまみに。メキシコ料理店ではつけ合わせとして出てくることが多いので、トルティージャに包んで食べるのもおいしい。ステーキなどメインディッシュに添えられていることもあります。

ブリトー(Burrito)

ブリトー(Burrito)

日本ではタコスと並んで知名度の高いブリトー。具材を小麦粉のトルティージャにくるんだ軽食で、メキシコでは屋外のフードスタンドで買えます。テックス・メックスと呼ばれるアメリカナイズされたメキシコ料理でも定番のメニューで、こちらは野菜をたっぷり入れたボリューミーなタイプが一般的。ブリトーからの派生メニューとして、鉄板で焼いて細かく刻んだ肉をトルティージャで巻くファヒータスがあります。

モーレ・ポブラーノ(Mole Poblano)

モーレ・ポブラーノ(Mole Poblano)

モーレ・ポブラーノはメキシコの家庭料理に欠かせないソースのこと。チリやナッツ、スパイスにチョコレート(カカオ)を加えるため、チョコレートソースと呼ばれることも。見た目もチョコレート感たっぷりですが、実は甘味はほんのりと感じられる程度。濃厚なコクと複雑な香りは、ほかでは体験できない不思議な感覚です。鶏肉を煮込んだポージョ・デ・モーレが有名です。

チレ・レジェーノ(Chille Relleno)

チレ・レジェーノ(Chille Relleno)

ピーマンをひと回り大きくしたようなチリに挽き肉やチーズを詰め、卵の衣をつけて揚げた料理。ピーマンの肉詰めに似ていますね。チリといってもそれほど辛くないので安心してください(まれに辛いのにあたることもありますが…)。大衆食堂や家庭でもよく食べられる料理で、トマトソースをかけて食べるのが一般的です。

セビーチェ(Ceviche)

セビーチェ(Ceviche)

セビーチェとは中南米でよく食べられる魚介のマリネのこと。新鮮な白身魚やエビ、タコなどを生のまま一口大に切り、トマト、タマネギ、コリアンダーなどと一緒にライムでマリネします。仕上げにオリーブオイルを加えてコクを出すことも。暑いビーチリゾートでビールと一緒に食べるのが最高です。トルティージャ・チップスにのせて食べてもgood!

エンサラーダ・デ・ノパリートス(Ensalada de Nopalitos)

エンサラーダ・デ・ノパリートス(Ensalada de Nopalitos)

直訳するとノパリートスのサラダという意味。軟らかなウチワサボテンの若い葉を軽く焼いて、トゲや表皮をとって細かく切ったサラダです。サボテンを食べるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、メキシコではファミリーレストランでも出てくる一般的な食材。市場にもサボテンの葉が山積みになっています。メカブのようなネバネバが健康によいといわれています。

ソパ・デ・トルティージャ(Sopa de Tortilla)

ソパ・デ・トルティージャ(Sopa de Tortilla)

メキシコ料理はスープが豊富。地域ごとに名物スープがあり、スープ専門店も見かけます。バリエーション豊かなスープのなかで最も有名なのがソパ・デ・トルティージャ。ソパ・デ・アステカとも呼ばれるこのスープは、コンソメスープでトマトやタマネギ、ニンニクなどを煮込み、揚げたトルティージャを入れるだけのシンプルなレシピ。優しい味にほっとくつろげます。トロトロのチーズがかかっていることもあります。

ポソレ(Pozole)

ポソレ(Pozole)

乾燥させた大粒の白トウモロコシを石灰入りのお湯でふっくら茹で、よく水で洗ってから骨付きの豚肉と一緒にじっくり煮込みます。旨味の染み出したスープと食感のよいトウモロコシの相性は抜群です。別皿に盛られたレタスやトルティージャ、タマネギなどをたっぷりのせ、ライムを絞っていただきます。辛くない白バージョンとチリ入りの赤バージョンがあるのでお好みでどうぞ。

カンクンのホテルを探す

カンクンへの航空券を探す

カンクン旅行・ツアーを検索