カナダのスーパーマーケットやギフトショップに一歩足を踏み入れると、メープルシロップのボトルがずらりと並んでいます。とにかく種類が多すぎて、選ぶのも一苦労!

メープルシロップの値段って何で決まってるの? 種類って、どう違うの? そんな疑問はカナダ旅行前にスッキリ解消しましょう。注目したいのが、メープルシロップを比べる3つのポイントです。さらに、歴史やお祭りなど、メープルシロップについて知っておきたい情報もまとめてご紹介します!

メープルシロップの値段と種類を比べる3つのポイント

6-6_photo_2
photo by jeffreyw

カナダのメープルシロップには、グレーディング・システム(等級基準)があります。実は、このグレーディング・システム(等級基準)が、2017年から変更となります。2016年末までは変更の猶予期間にあたり、新しい表記のボトルを売り場で見かける可能性もあります。現在の基準と2017年からの新基準を両方知っておいて損はありませんので、あわせて説明していきましょう。

ポイント1 メープルシロップの「色」

メープルシロップの色は、光の透過度によって5色に分けられています。

  1. エキストラライト(Extra Light)
  2. ライト(Light)
  3. ミディアム(Medium)
  4. アンバー(Amber)
  5. ベリーダーク(Very Dark)

これが、2017年からは以下の呼び名で4色に分けられます。変更にご注意ください。

  1. ゴールデン(Golden) :旧エキストラライト
  2. アンバー(Amber) :旧ライト と 旧ミディアムの一部
  3. ダーク(Dark) :旧ミディアムの一部 と 旧アンバー と 旧ベリーダークの一部
  4. ベリー・ダーク(Very Dark) :旧ベリーダーク

ポイント2 メープルシロップの「グレード」

次に、グレードを表すのが、No.1〜3の数字です。グレードの数字が大きくなるほど色が濃く、値段も安くなります。

色の違いが生まれる原因は、樹液の収穫時期。早い時期のものほど色が薄く味が繊細になり、遅い時期のものほど色が濃くカエデの木の風味を強く感じます。

  • No.1 エキストラライト、ライト、ミディアム
  • No.2 アンバー
  • No.3、ベリーダーク

なお、2017年以降は、No.1〜3が全て「グレードA」と呼ばれるようです。

ポイント3:メープルシロップの「容器」

もうひとつ、大切なポイントは容器です! 容器はガラス、プラスチック、缶の3種類があります。

少々割高にはなるものの、お土産として一番人気が高いのはカエデの葉の形をしたガラスのボトルです。そして、自分で使う分には割れないプラスチックが安心。缶は日本ではあまり見かけないため、意外性をねらいたい人におすすめです。

お土産にはミディアム(アンバー)がおすすめ

6-6_photo_1
photo by Ed and Eddie

3つのポイントをおさえたところで、どれを選んだらよいかというと・・・

エキストラ・ライト(2017年からはゴールデン)はかなり高額ですが、地元のカナダ人でもそのわずかな味の差にこだわる人は少ないとか。

また、ライトはお土産として手にした人にカロリーオフと誤解される場合があります。

したがって、渡すときに格好がよいNo.1という数字(2017年からはA)と値段的な 手頃さを合わせて考えると、お土産にはミディアム(2017年からはアンバー)をおすすめします。

また、カナダ国内でアメリカ産のメープルシロップを見かけることはほとんどありませんが、念のためにきちんと「カナダ産100%」であることを確認しましょう。

さらに、スーパーマーケットで買うときは、混ぜ物が入っているものや模造品に要注意です。

日本に帰ったらすぐパンケーキにかけて食べたい! そんなワクワクが止まらないメープルシロップをお土産に買うのも、カナダ旅行の醍醐味。しっかり自分でラベルを見て選べるようになっておくと安心ですね。

カナダ・メープルシロップの歴史やお祭り

6-6_photo_3
photo by B Gilliard

カエデの幹に打ち込んだ採取口からポタリポタリと集めるメープルジュース(カエデの樹液)。メープルシロップは、その透明の樹液をなんと40分の1くらいの量になるまで煮詰めてやっと完成する貴重な食品です。お値段の高さも、それを聞くと納得してしまいます。

いつ誰が作り始めたのか、メープルシロップの歴史ははっきりと解明されていませんが、ネイティブアメリカンによる偶然の発見から始まったとされる説が有力です。1600年代にはヨーロッパからやってきた移民たちに樹液の採取法や、それを煮詰めると甘くなることが伝えられ、メープルシロップ作りが盛んになっていきました。現在では、採取口にチューブをつないで効率よく樹液を集めたり、煮詰める過程で温度調整できる装置が使われたりと、技術が発展しています。

また、メープルシロップの生産量が高いケベック州やオンタリオ州などで、地元のカナダ人が楽しみにしているのが、メープルシロップ・フェスティバル! 3月~4月に行われるメープルシロップの収穫祭です。お祭りは地方ごとに開かれ、乗り物やツアー見学のほか、手芸コーナーやパンケーキコーナー、メープルシロップ関連商品の販売ブースなどが設けられます。

バンクーバーの旅行・ツアーを検索

トロントの旅行・ツアーを検索

Cover photo by Ed and Eddie