複雑な歴史のなかで、さまざまな国の文化に触れてきたベトナム。特に長らく統治を受けたフランスの影響は大きく、ベトナムの魅力のひとつ“食文化”にもフレンチの香りが漂っています。

その影響を最もよく表しているのがバゲット。環境としては米の文化圏にあるにも関わらず、パン食が深く浸透しているのがおもしろいところ。今回はこのバゲットを使った名物サンドイッチ、バインミーを紹介します。

ダナン&ホイアンのバインミーはベトナムNo.1!?

バインミーとは、ベトナム独特のサンドイッチ。レシピは店によって違いますが、基本的には20cmほどのバゲットにレバーペーストを塗って、ナマスやチャーシュー、野菜、パクチー(香菜)などを挟んだものです。メインの具材は店によって違い、チキンやミートボール、サバのフライなどを挟んだバインミーなんていうものも。

朝食の定番で、ベトナムではどの町にも小さなバインミースタンドがあります。ただ、ベトナム人はバインミーの味にかなりうるさいようで、売れている店とそうでもない店の差ははっきり。人気店には行列ができている一方で、隣にある店には誰もいないなんてことも……。

地域によっても違いがあって、ダナンやホイアンがバインミーの本場として知られているのだとか。「ホーチミンのバインミーとは味がまったく違いますよ」とは、ベトナム人ガイドさんの弁。

ということはですよ、ダナンやホイアンで評判のバインミーは、ベトナムで一番おいしいバインミーってことだ。

そんなわけで、ベトナム人ガイドさんオススメのバインミー……つまりはベトナム最高峰のバインミーを食べてきました(そんな大層な話ではないですが)。

観光客にも大人気!具だくさんの贅沢バインミー

ダナン&ホイアンのバインミーはベトナムNo.1!?

ダナン&ホイアンのバインミーはベトナムNo.1!?
ダナン&ホイアンのバインミーはベトナムNo.1!?

ベトナムのバインミーは、バゲットにおいいしさの秘密があります。パンの焼き加減はフランス統治時代にそうとう鍛えられたようで、外はカリッ、中はふんわりの王道タイプ。そこにちょっとモチモチっとした食感が加わるのですが、これは米粉の効果です。

田園地帯が広がるベトナムでは、高価な小麦の代わりに米粉を使ってパンを焼く技術が発達。この心地よい食感が、バインミーの大きな魅力なのです。日本でも米粉パンが流行しましたが、ベトナムではすでに生活に溶け込んでいたんですね~。

1軒目のバインミーはホイアンの人気店「Banh my Phuong」へ。看板には「世界で一番おいしいバインミーはホイアンにあり!」と書いてあります。よしよし♪
ランチタイムを過ぎた14時ごろでしたが10人ほどの列が。ヨーロッパからの観光客の姿が目立ちます。昼過ぎには材料がなくなってしまうことも多いそうですが、僕が行ったときはラッキーなことにまだ残っていました。

ここのバインミーはとにかく具がたっぷり。チーズ&オニオンやソーセージ、チキンなど具材は選べるのですが、もちろん全部のせのミックス「Banh mi thap cam」にチャレンジ。チャーシューや茹で豚、ハム、オムレツ、野菜、香菜などが「これでもか!」というほど詰まっています。意外と辛いので「ドゥン・チョー・オッ(トウガラシなしで)」と伝えたほうがよいかも。

甘辛い肉汁、シャキシャキの野菜、濃厚なレバーペースト、ナマスの酸味など多彩な味・食感が溶け合って、とっても深い味わいになっています。統一感がなさそうなのに、一緒になるとうまくまとまっちゃう。まるでベトナムカルチャーみたいです。

これで1個2万5000VND(約150円)。米粉のパンは食後感があっさりしているので、具の旨みもあってペロリと1個食べられます。僕はしっかりランチを食べた後だったのですが、問題なく完食しちゃいました。

Banh My Phuong
住所: 2B Phan Chau Trinh, Hoi An
電話: 0905-743-773
営業時間: 6:00~21:00 / 定休日: なし

地元で人気の技アリ、スナック風バインミー

地元で人気の技アリ、スナック風バインミー

地元で人気の技アリ、スナック風バインミー
地元で人気の技アリ、スナック風バインミー

さて、次は1軒目と違うタイプのバインミー屋さん「Banh mi Ong Ty」。ダナンの街中にある、カウンターだけの簡素なお店です。知らなければここが人気店だとは思いもしなそう。バインミーをオーダーすると、お姉さんがバゲットに手早くレバーペーストを塗って、具を挟んでくれます。

こちらは具を厳選したシンプルなバインミー。肉はチャー・ルアというパテで、ベトナムでは市場などでも売っているポピュラーな存在。店によってレシピが異なり、豚肉をメインに鶏肉や調味料を合せたオリジナルの味に。この店は自慢のチャー・ルアを味わうためのバインミーといったところでしょうか。

旨みがギュッと濃縮されたチャー・ルアは、手間をかけて丁寧に作られたんだろうな~というお味。パンとパテにトウガラシをかけただけのバインミーなので、小腹がすいたときのスナックとしてよさそうです。値段はスペシャル「Dac Biet」が1個2万VND(約120円)。

僕は1軒目のバインミーが好みでしたが、そのへんはベトナム人のなかでも意見が割れるところ。もちろんこの2軒以外にもおいしいバインミー屋さんはたくさんあるので、ホテルのスタッフにおすすめを聞いたり、地元客でにぎわっている店で試してみたり、好みの1軒を見つけてみてくださいね。

Banh Mi Ong Ty
住所: 272 Hung Vuong, Hai Chau, Da Nang
電話: 0906-099-012
営業: 6:00~10:00、15:00~23:00 / 定休日: なし

ホイアンの旅行・ツアーを検索

ダナンの旅行・ツアーを検索

取材協力:ベトナム航空