ベトナムのメコンデルタ周遊旅行! 魅力を紹介

東南アジア好きの旅行者に根強い支持を誇る南部大自然メコンデルタ。ホーチミンからバスで気軽に各都市に行けるとあって、最近はツアー参加者だけではなく、個人旅行者も増えてきました。都心では見なくなった古い人力車や水上市場など、旅行者にはどれも「東南アジアらしい」風景として映るでしょう。日本では体験できない非日常の時間をメコンデルタで過ごすことができるのは、日本の現代社会に生きている方にとっては貴重な時間となるはず。今回はメコンデルタ周遊旅行で見逃せない魅力を紹介します。

メコンデルタ地方の魅力

メコンデルタ地方の魅力

近年ベトナムは日本の高度経済成長期を彷彿とさせる発展を見せています。都市開発が爆発的に進み、ハノイやホーチミンといった都市部には近代的なビルが立ち並ぶようになりました。しかし、昔ながらの市場や商店が賑わい、素朴な町並みが広がる田舎風情を「ベトナムらしさ」として求めている人も少なくないでしょう。そんな方は、ここで紹介するような風景をメコンデルタ旅行で見逃さないでください。

人力車

ベトナムの人力車といえば、ガイドブックでも必ず紹介されている「シクロ」が有名。三輪の人力車ですね。しかし、シクロが庶民の移動手段として賑わっていたのはもう昔のこと。都市部は一家に一台はバイクがある時代となったので、いまではシクロは外国人観光客向けの乗り物でしかなくなりました。しかし、メコンデルタでは、下記画像のようなシクロに似ている乗り物がいまだ利用されています。

人力車

こちらは「セーロイダップ」と呼ばれる自転車の後ろに荷車を付けた人力車。シクロと異なるのは、人だけではなく物も載せて運ぶという点。昔はホーチミン市街地でも見られた風景ですが、いまではメコンデルタでしか見ることができなくなりました。

水上市場

水上市場

東南アジアと言えば、熱気がムンムンと漂う市場をイメージする人も多いでしょう。ベトナムでは青空市場はいまだ都市部でも見ることができますが、水上市場はここまで田舎に来なければ見ることはできません。水上市場はメコンデルタのいくつかの地域で毎朝開催されています。

旅行者が最も行きやすいのは、カントー近郊のカイラン水上市場。カントー市街地からタクシーで30分ほどで到着します。ただし水上市場が開催されるのは早朝の5時頃から11時頃までなので、基本は前泊する必要があります。カイランでは大小100近い問屋船が大河を行き交い、売買を行います。

宗教と少数民族

宗教と少数民族

メコンデルタの人々は仏教徒が一番多く、次いでキリスト教、カオダイ教と続きます。また一部都市ではイスラム教徒も。チャウドックと呼ばれる地域は仏教の聖地サム山がある町として知られていますが、川向うには少数民族のチャム族が暮らしていて、彼らは一貫してイスラム信仰となります。ちなみにチャウドックの町中を歩いていると、フードを被って肌を隠すイスラム女性を普通に見かけることも。少数民族がその国の主要民族(ベトナム人=キン族)と同じ町に共存しているのは、世界的に見ても珍しいようです。

メコンデルタ地方のおすすめ都市

メコンデルタ地方は中央都市のカントーと12の省に区分けされています。その中でも旅行者におすすめしたい都市をご紹介します。

ミトー&ベンチェー

ミトー&ベンチェー

「アジア旅行に憧れているけれど、都市部から離れるのはちょっと不安」というビギナー旅行者はここがおすすめ。ホーチミン発の人気ツアー・ジャングルクルーズの催行場所でもあり、同ツアーは現地のホテルからも申し込むことができます。ホーチミンからバスで90分程度で行くことができるので、ちょっと予算をかけてタクシーや車を1日チャーターするのも有。

ミトーのホテルを探す

カントー

カントー

カントーにおける最大の名所は先にご紹介した「水上市場」ですが、それ以外にも「カントー博物館」、「デタム通りの食堂街」、「カントー市場」など立ち寄りスポットが多くあります。また毎夜カントー市場周辺はナイトマーケットも開催されます。

カントーのホテルを探す

チャウドック

チャウドック

カンボジアの国境近くにあるチャウドック。中心に建つチャウドック市場周辺が最も開けていて、セーロイダップが人や荷物を載せて走るのどかな風景を見ることができます。町の外れには数々の仏教説話が残されているサム山が聳え、山中には仏教の聖地「バーチュアスー寺院」もあります。

チャウドックのホテルを探す

フーコック島

フーコック島

ベトナム最大の面積を誇る離れ小島のフーコック島は、近年リゾート開発がすすみ、穴場的なリゾートアイランドとして外国人に知られるようになりました。実はこのフーコック島もメコンデルタ地方の一都市で、キエンザン省に属しています。フーコック島に行く場合はホーチミンから空路で行くのがおすすめ。陸路ではハーティエンから船で行くことができますが、かなり険しい道のりとなります。

フーコック島のホテルを探す

メコンデルタ地方へのアクセス方法

メコンデルタ地方へのアクセス方法

メコンデルタ地方は南部ホーチミンからバスを利用するのが一番行きやすい方法。市街地からタクシーでミエンタイバスターミナルまで行き、そこから行きたい都市を通過するバスに乗ります。バス会社によって運賃は異なりますが、おおよそ片道300~800円程度でメコンデルタの主要都市に行くことができます。一方、北部ハノイや中部ダナンからは空路で行くことができます。メコンデルタの中央都市であるカントーまで、およそ1時間半の所要時間となります。

ホーチミンから行く場合のバス情報と注意点

ホーチミンから行く場合のバス情報と注意点

ホーチミンからバスで行く場合は、市街地からタクシーで40分ほど西に走ったところにあるミエンタイバスターミナルにまずは向かいます。バスターミナルには窓口がずらりと並んでいて、それぞれ経由地と目的地を書いた紙が貼られているので、自分の行きたい都市を探してください。窓口はそれぞれバス会社が異なり、一般に想像している大型バスもあれば、ワゴンやハイエースのような中型車も多くあります。後者の場合は安い変わりにすし詰め状態になる可能性が高いため、できれば大型バスを選ぶのがいいでしょう。また、日帰りで計画している旅行者は、帰りの時刻表も絶対に確認してください。メコンデルタ地方の各都市からホーチミン行きのバスは、最終時刻が15~17時と早いので、乗り遅れには要注意です。

飛行機で行く場合のフライト情報

>飛行機で行く場合のフライト情報

飛行機で行く場合は、ハノイやダナンの主要都市からメコンデルタ地方のカントーに向かいます。カントーはメコンデルタの中央に位置する地方最大都市であると同時に、ベトナム政府の直轄市。

ハノイからカントー
ベトナム航空、ベトジェットエア、バンブーエアウェイズの3社があります。ベトジェットエアは格安航空会社LCCで、バンブーエアウェイズは2019年1月に就航したばかりの新規航空会社となります。

ダナンからカントー
ベトナム航空とベトジェットエアの2社となります。

メコンデルタ地方は非常に広大な面積を持つエリアなので、複数都市を周遊する場合は事前に何を体験したいかを確かにして計画を立てるようにしましょう。メコンデルタ旅行では、都心部では見ることができなくなった、東南アジアらしい風景に出会えることでしょう。

ホーチミンのホテルを探すホーチミンへの航空券を探すホーチミン旅行・ツアーを検索