ベトナム・ハノイ散策で立ち寄りたい、おすすめグルメスポット

ベトナム・ハノイ散策で立ち寄りたい、おすすめグルメスポット

ベトナム旅行の楽しみといえば、美味しいベトナム料理という人も多いですよね。私もそんなひとりです。今回はベトナム北部の街、ハノイで食べ歩きを楽しみました。ハノイ名物のブンチャーをはじめ、フォーやバインミーなどのベトナムグルメ、おすすめカフェ情報など、観光ついでに気軽に立ち寄れるグルメスポットをご紹介します。

オバマ元米大統領も立ち寄ったブンチャーのお店

ベトナムの麺料理といえば日本ではフォーが有名ですが、ハノイ名物の麺料理は、つけ麺スタイルのブンチャーです。そして今ハノイで一番有名なブンチャーの店がここ、2016年にアメリカのオバマ元大統領が立ち寄った「フォンリエン(Huong Lien)」です。お店の名前は「フォンリエン」なのですが、「オバマ ブンチャー」といえばタクシーの運転手にも通じるほど有名になりました。

フォンリエン

入口は小さいですが、3階建てになっているので、けっこうな人数が入れます。

店内

さっそくオバマ大統領が食べたというセット「コンボ オバマ」85,000ドン(約425円)をオーダー。ブンチャー、春巻き、ハノイビールがセットになっています。

コンボ オバマ

具だくさんのスープでボリューム満点! ブンチャーの「ブン」とは、米粉を原料とした押し出し麺のことで、やわらかくて、やさしい食感。「チャー」は、混ぜるという意味で、スープの中に好みの具材と調味料を入れて混ぜて食べます。スープに入っている炭火焼きの肉が香ばしくてジューシー。野菜をたっぷりと入れて食べました。

ベトナム料理

お店の2階にはオバマ元大統領が来店した際に使用したテーブルセットの展示スペースもあるので、ぜひチェックを。

Bun cha Huong Lien

オバマ元大統領が、ベトナムとアメリカの友好発展のためにベトナムに来て、その際にこのお店に立ち寄ったんだという、歴史の一片に触れるような感慨深さを感じました。

Bun cha Huong Lien
住所 24 Le Van Huu, Hai Ba Trung District, Hanoi
電話 (+84)24-3943-4106
時間 8:30〜20:30
休み なし
https://www.facebook.com/bunchahuonglienobama/

地元で人気の牛肉フォー専門店

ベトナムに来たからにはフォーも食べておきたい! ということで、ベトナム航空のスタッフの方に一押しのお店として教えてもらったのが、ハノイ大教会の近くにある「フォー10 リークォック スー(Pho 10 Ly Qouc Su)」です。

フォー10 リークォック スー

店の入口では調理に励むスタッフの姿が。美味しい香りが漂ってきます。

牛肉フォーの専門店

こちらのお店は牛肉フォーの専門店。牛肉の焼き方は「半生(Half done beef)」「ウェルダン(Welldone beef)」「ハーフ&ハーフ(Half done with welldone beef)」と選べるようになっています。

フォー

スープはそのままでももちろん美味しいのですが、ライムを入れると風味がキリリと際立つので、多めにライムを入れるのが好み。
テーブルの上にライムや唐辛子、調味料などがスタンバイしているので、それらを加えながら好きな味に仕上げて食べます。ライムが山盛りで置いてあるのもうれしいです。

ライム

お店は朝早くから夜までやっているので、ちょっと小腹が減った! というときにも便利。フォーなので胃にもたれず、さらりと食べられると思います。

Pho10 Ly Qouc Su
住所 10 Ly Quoc Su Street/corner of Chan Cam St., Hanoi
電話 (+84)24-3825-7338
時間 6:00~22:00
休み なし
http://pho10lyquocsu.com/

ベトナム名物のサンドイッチ「バインミー」が食べたい!

東京にも専門店があるほど人気の高いベトナムのサンドイッチ、バインミー。ベトナムのフランスパンに、レバーやパテ、酢漬けの野菜、ハーブなどの具材を挟んだバゲットで、私も大好きなメニュー。バインミー屋さんがないかと気にしつつ、旧市街を散策している時に見つけたのが「バインミー25(Banh Mi 25)」です。

バインミー25

外観はPOPでおしゃれな感じ。調べてみると海外のガイドブックにも多数掲載されている人気店で、ハノイ市内で3店舗展開しています。

バインミー25

パテやチキン、ビーフなど、メニューの種類も豊富で、ベジタリアンメニューも用意されていました。私はパテ&チキン20,000ドン(約100円)を注文。

パテ&チキン

その場でできたてを食べたかったのですが、時間がまったくなかったので、このまま袋に入れてテイクアウト。飛行機の出発を待つ空港内で食べました。

フランスパン

バインミーに使われているフランスパンは、外はカリッとしていて中がもちもち&ふわふわの絶妙な食感。日本ではこういうフランスパンがなかなか見つからないので、次回はパンをお土産に買って帰って作ってみたいなと思いました。

Banh Mi 25
住所 25 Hang Ca, Old Quarter, Hanoi
電話 (+84)97-766-8895
時間 7:00~21:00(月~土曜)、7:00~17:00(日曜)
http://banhmi25.net/

チョコレート好きの聖地「MAROU」のカフェ

ハノイ滞在中にぜひ行きたいと思っていたのが、日本でも高級チョコレートとしての地位を確立している「マルゥ(Marou)」の路面店「メゾン マルゥ ハノイ(Maison Marou Hanoi)」です。

メゾン マルゥ ハノイ

お店は奥に長く広がる、ゆったりとした空間。物品販売コーナーのほか、カフェスペース、スイーツ工房なども併設しています。

お店は奥に長く広がる、ゆったりとした空間。物品販売コーナーのほか、カフェスペース、スイーツ工房なども併設しています。

マルゥの板チョコは空港内の免税店でも購入できますが、店舗ではチョコレートの種類も豊富。ボンボンショコラやカカオニブなど、日本未入荷のチョコレートを探してみるのも楽しい!

チョコレート

せっかくなので、コーヒー&チョコレートをオーダーして奥のカフェスペースへ。ラテ75,000ドン(約375円)、モカ100,000ドン(約500円)と、ベトナムの物価を考えるとお値段も張りますが、この美味しさと可愛い空間なら納得です。

コーヒー&チョコレート

お店の中は観光客で混雑しているかと思っていたのですが、座席にも余裕があり、のんびりとくつろぐことができました。

店内

店舗の奥には工房があり、スタッフがせっせとスイーツを作っていました。見ているとまた食べたくなります…。

Maison Marou Hanoi

ベトナム料理をはしごした最後は、美味しいチョコレートでしめてみてはいかがでしょうか?

Maison Marou Hanoi
住所 91A Tho Nhuom, Hoan Kiem District, Hanoi
電話 (+84)24-3717-3969
時間 9:00~22:00(日~木曜)、9:00~23:00(金・土曜)
休み なし
https://maisonmarou.com/

今回のハノイ滞在はなんと1日! 駆け足でハノイの街を移動しましたが、美味しいものがたくさんで、やっぱり2~3日は滞在したいと思いました。街中の移動は、徒歩かタクシーになるのですが、配車サービスの「グラブ(Grab)」を使って移動。値段が明確に表示されているので分かりやすく、値段交渉も不要。現地の方に聞いたところ、タクシーの値段よりリーズナブルなことが多いそうですよ。時間を有効に使って食べ歩きを楽しんでください。

ハノイのホテルを探すハノイへの航空券を探すハノイの旅行・ツアーを検索

※1ドン=約0.0047円(2019年2月)
※取材協力 ベトナム航空