ディナーの後に行く!? 歩いて楽しいハノイのナイトマーケット

ディナーの後に行く!? 歩いて楽しいハノイのナイトマーケット

ベトナム・ハノイは旧市街を中心とした街並みを歩くのも楽しいですが、夜まで楽しめるスポットもたくさんあります。そのひとつがナイトマーケット。そんなナイトマーケットの楽しみかたをご紹介。ディナーの後がスタート?!

週末にハノイに滞在するなら! ナイトマーケットに出かけてみよう

ベトナムの首都ハノイ。週末になるとホアンキエム湖周辺には多くの人が集まり、お祭りでも始まるかのような雰囲気。この賑わいの一角にあるのがナイトマーケット。ホアンキエム湖沿いから北に延びるハンダオ通り(Hàng Đào)がナイトマーケットの中心です。ドンスアン市場くらいまでの約1km、道路の中心に多数の露店が出て賑わいます。

ナイトマーケットの開催日は金曜〜日曜の週3日間のみ。時間は19時頃〜22時頃までが賑わいのピークです。ハンダオ通りの平日はバイクや車が多く走る比較的交通量の多い道ですが、週末の夜だけ歩行者天国になり、平日とは違う雰囲気が味わえます。

ちなみに、ベトナム旅行では人気の南部の都市ホーチミンシティにもナイトマーケットがあります。ベンタイン市場を挟んだ左右の通りで開かれるのですが、こちらは毎日開催。しかし規模が小さく一通り歩いて見るのであれば30分もあればひとまわりできるくらいの小さなナイトマーケット。ハノイのナイトマーケットの方が規模も賑わいも一段上、といった感じです。

ハノイのナイトマーケットでは主に、「洋服、服飾雑貨、お土産品、小型電化製品、おもちゃ、食べ物」といったものが売られています。特に洋服や、服飾雑貨(バッグ・小物)のお店が多め。思いの外食べ物の店が少ないのですが、どんなものが売られているのかな? と見て歩くだけでも楽しいはず。あまり気合を入れずにのんびり歩いてみましょう。ハンダオ通りは毎週末すごい人混みなので、手荷物などにはご注意を!

ちなみに、露店は道路の中央にあって、その左右が歩道スペースになります。ホアンキエム湖近くのハンダオ通り入口から歩き始めて北に歩くのがおすすめ。ドンスアン市場までお店が連なっているのですが、片道1km以上ある上に同じようなお店もたくさんあります。歩き疲れたら折り返してもどるか、そこで終了、といった気軽な感じで歩いてみましょう。

おすすめは食べ歩き! ディナーの後がおすすめ?!

全体のお店の数から見ると食べ物屋さんの数は少なく感じますが、それでも楽しいのが食べ歩き。ナイトマーケットのお店は道路の真ん中に出ていますが、食べ物の露店は道路の両サイドにあります。

ハノイのナイトマーケット

特によく見かけるのが、フランクフルトや焼鳥の露店。炭火で焼いているので煙がモクモクと立ち込めていい匂いを放っているので、ついつい足を止めてしまうはず。その場で焼き立てを食べることができます。1本1万ドン~(約50円~)ととてもリーズナブル。ちなみに、フランクフルトはチリソースがほしい! と言ったら付けてもらえました。ベトナムのチリソースは甘くなく、ニンニクも効いていてとてもおいしいです。ぜひお試しを。

ちなみにこのフランクフルト&焼き鳥露店は、同じようなお店がいっぱいあります。食べるなら、人だかりができているところがおすすめ。また、ナイトマーケットの食べ物屋さんの中では串揚げのお店もいつも人だかりができています。串に刺さった食材を選んでお店の人に渡して、あとは揚がるのを待つだけ。お腹に余裕があればトライしてみては。

最後に甘い物が食べたいなと思っていたときに見つけたのが、道路脇の豆腐デザートのお店。「Tào Phớ」という文字を見かけたら、それが豆腐屋さんの目印。豆腐デザートは日本ではあまり一般的ではないですが、実はベトナムには豆腐に甘みのあるシロップをかけて食べるデザート、よく見かけます。これがまたおいしい!

豆腐ミックス(Tào Phớ Thập Cẩm)

今回は「豆腐ミックス(Tào Phớ Thập Cẩm)」をオーダーしてみました。この店の価格は1万ドン(約50円)。注文後にお店のお姉さんが大きな寸胴に入れられた柔らかい豆腐をすくって器に入れ、その上からジャスミンの花で香り付けされたほんのり甘いシロップ、ゼリーなど数種類のトッピングを乗せて完成。「その場で食べるか持ち帰りか」を聞かれるのでお好きな方で。「その場で食べる」を選ぶと、ベトナムではおなじみの小さなプラスチックイスに座って行き交う人々を見ながらデザートタイム。これがまた楽しいのです。

豆腐ミックス(Tào Phớ Thập Cẩm)

ナイトマーケットにある食べ物屋さんは、全体的に片手で食べられるような軽食が多め。ここでディナーを食べるというよりは、まずは別のお店でディナーを食べてから(腹八分くらいで)ナイトマーケットをのんびり食べ歩きしてみる、というくらいで楽しんでみるのがよいでしょう。

お土産に買ってみる?! ハノイナイトマーケットで見つけたモノたち

ナイトマーケットをのんびり歩いていて見つけた、かわいい? 不思議な? モノたち。ベトナムの定番土産も売っているので、買い逃してしまった! という場合には、ここで買うのもアリかもしれませんよ。

■バナナとスイカ柄の洋服

バナナとスイカ柄の洋服

いま流行しているようで、本当にたくさんのお店で見かけました。シャツに帽子にと様々なアイテムで展開中。なぜハノイでバナナとスイカ柄なのか……。謎が残ります。

■不思議なおもちゃ

不思議なおもちゃ

子ども向けのおもちゃも売っているお店で見かけたシュールなおもちゃ。これ、手で前方へ進ませるとおもちゃの足が動いて自転車を漕いでる図になります。表情といい漕ぐ姿といい、シュールの極みでしばし見入ってしまった一品。

■お土産の定番品(立体ポストカード)

立体ポストカード

ベトナムでは定番のお土産品、立体ポストカード。アオザイを着ている女性の姿など、とても精巧なつくりで美しいので、自分用のお土産にもおすすめ。価格は1枚2万ドン(約100円)くらいで手軽に買えます。枚数によっては値段交渉できるのもナイトマーケットの醍醐味。たくさん買う方はぜひ交渉してみましょう。

■いま流行りの? カゴバッグ

カゴバッグ

ハノイではとにかくよく見かけた丸いカゴバッグ。お土産品店が多く並ぶハンガイ通り(Hàng Gai)にもこのカゴバッグは多くの店舗で取り扱っていました。女性はこういうカゴバッグ、大好きですよね。ベトナムのカゴバッグ、作りがしっかりしているのに1000円台~とお手頃価格で購入できるので、いくつも欲しくなってしまいます。あぶない……。

ナイトマーケットは買い物をするというより、食べ歩きしながら気楽に雰囲気を楽しむのがおすすめです。週末にハノイに滞在する場合はぜひ訪れてみてください。

ハノイナイトマーケット
住所 Hang Dao st(ハンダオ通り/ホアンキエム湖北部〜ドンスアン市場くらいまで)
営業時間 19時頃~22時頃まで(店舗によって異なる)
開催日 金曜・土曜・日曜

ハノイのホテルを探すハノイへの航空券を探すハノイの旅行・ツアーを検索