天空の秘境、ベトナム・サパ。絶景の棚田とインドシナ半島最高峰のファンシーパン山へ

天空の秘境、ベトナム・サパ。絶景の棚田とインドシナ半島最高峰のファンシーパン山へ

ベトナム北部、ラオカイ省サパ県に属するサパ町は中国との国境にある小さな町。ザオ族、タイ族、モン族など、色とりどりの民族衣装を身にまとった少数民族たちが今でも多く暮らしています。19世紀のフランス植民地時代には避暑地として開発されたという歴史もあり、町並みはどこかロマンチック。トレッキングや棚田見学、少数民族との触れあいなど、さまざまな楽しみを満たしてくれる、魅力的な場所です。

標高3143m!ファンシーパン山へロープウェイでひとっ飛び

サパでぜひ行っておきたいのがファンシーパン山です。インドシナ半島で一番高い山で標高は富士山に匹敵する3143m。「インドシナの屋根」という異名をもちます。かつては頂上まで何日もかけて登っていた険峻な山ですが、2016年に全長6293mのロープウェイが完成し、わずか15分で行けるようになりました。これなら、登山上級者でなくとも大丈夫です。

サパの町から、ファンシーパン山のロープウェイ乗り場までは車で10分ほど。サパからは登山鉄道を利用することもできます。黄色と緑色のとっても可愛い建物がサパ駅。サパ大聖堂に近い、サパの町の中心地にあります。

サパ駅

ファンシーパン山へ向かうロープウェイの駅がこちら。山頂へはロープウェイとケーブルカーを乗り継いで行くのですが、ケーブルカーを使わず600段の階段を登ることもできます。料金はロープウェイの往復が70万ドン。ケーブルカーとのセット料金が85万ドン。ほかに子ども料金、団体割引などがあるのでチケット売り場で確認してください。

チケット売り場

ロープウェイは全面がガラス窓になっているので、360度すべてを見渡すことが可能。車中は広々としていて割と自由に移動することができました。

ロープウェイの中

驚いたのがこの景色!
眼下に広がる棚田の美しさに、ロープウェイの中で歓声がわきます。棚田が見られるのはロープウェイに乗った最初の数分だけなので、はじめが肝心。棚田は人の手で耕しているので、そこまで標高の高い土地は耕作できないんですね。
山へと続く小さな隙間までびっしりと耕されていることがわかって、ほんとうに感動しました。

斜面

ロープウェイは斜面に沿ってどんどん上昇していきますが、高度が上がるにつれて雲行きが怪しくなってきました。

ロープウェイ

15分程度でケーブルカーへの乗り換えポイントに到着。そこでケーブルカーに乗り換えて山頂を目指します。ロープウェイに比べてケーブルカーは小さめ。階段を歩いて登っている人もたくさんいました。

ケーブルカー

私は帰りに階段を使ったのですが、これが正解!階段ルートを通った人だけが拝める大きな大仏が鎮座していました。この日は視界が悪くぼんやり霞んでいますが、かなりの大きさです。

大仏

体力や時間に余裕のある方は、階段にチャレンジしてみてもいいでしょう。思ったよりはキツく感じませんでした。

ファンシーパン山の山頂

標高3143m、ファンシーパン山の山頂がコチラ。残念ながらあたりは真っ白!まるで雲の中にいるような感覚です。
標高が高いので寒いのかと思っていましたが、この日はそれほどでもなく軽装備の人もちらほら。ただし冬には雪も降ることがあるそうなので、事前に天候をチェックしたほうがよさそうです。

山頂

山頂には撮影スポットや、ちょっとしたフードコーナーもあって、観光地として整備された印象でした。
私自身、3000m級の山に登るなんて初めての経験。ロープウェイ&ケーブルカーでたった20分で到着というのも驚きですが、なんといっても上空から見る美しい棚田は絶景でした!この景色を見るだけでも70万ドンの価値はありました。

ファンシーパン山ロープウェイ

ファンシーパン山ロープウェイ
https://fansipanlegend.sunworld.vn/(ベトナム語)

少数民族といっしょに棚田をトレッキング!

サパの町中でも少数民族の人々をよく見かけますが、彼らが住んでいる村をトレッキングしながら見学するツアーが人気です。サパに滞在中、3回のトレッキングを楽しみました。

少数民族

ラオチャイ村

ラオチャイ村の入り口では、黒モン族のお姉さんが待ちかまえていました。観光客にそれぞれ担当が割り当てられて同行するシステムのようで、トレッキング中もずっと一緒でした。また、歩いていると村の子どもやお姉さんたちが商品を持ってやってくるので、気になるものがあれば購入してもいいでしょう。

ラオチャイ村

のどかな風景はまるで絵葉書のよう。

のどかな風景

軒先に布や小物を並べて販売している民家もあります。

軒先に布

村の麓から網の目のように広がる棚田を目にすると、人の手でないと耕作は難しいだろうなと、その苦労がしのばれます。
村全体が一昔前の映画を見ているようなのどかな雰囲気。物売りのお姉さんも押しの強さはなく、ただ黙ってついてくるだけ。のんびりとしたトレッキングが楽しめました。

ラオチャイ村

ラオチャイ村
交通:サパの中心地から観光バスやチャーター車で約30分
入村料:7万5000ドン

カットカット村

黒モン族が住むカットカット村は、ラオチャイ村に比べるとカフェや土産物店なども充実。民族衣装を着て村の中を歩けるレンタルショップもあり、観光に力を入れている雰囲気です。

石畳の道が多く、とてもきれいに保たれています。

石畳の道

美しい景色を背景にした撮影スポットも用意されています。

撮影スポット

絶景を眺められるカフェなどもたくさん。土産物を買わない観光客も、飲み食いはするし、撮影はしたい、ということがわかっているのかもしれません。

カフェ

ここでも棚田の美しさは感動的。家畜を飼っている家も多く、とても豊かな村だなと思いました。棚田を眺めながら絶景カフェで一息入れたい、そんな人にもおすすめの場所です。

カットカット村
交通:サパの中心地から徒歩で10分弱
入村料:7万ドン

バンホー村

バックハー市場に向かう途中、トウモロコシの栽培が盛んだというバンホー村にも立ち寄りました。ここは「観光をしてもいいよ」という程度で、それほど積極的に観光客を受け入れているわけではない様子。入村料はありませんでした。

バンホー村

どの家の前にも名産のトウモロコシがたくさん干されていました。

トウモロコシ

トウモロコシのウイスキーを造っている家もあり、その場で購入することもできます。

トウモロコシ

バンホー村
交通:バックハー市場から車で約10分
入村料:なし(家の中を見せてもらったらチップを払うのがベター)

今回は3つの村を回ったのですが、それぞれ違った景色や村の様子を見ることができました。民族衣装を着た人々が行き交うのどかな雰囲気は、ハノイやホーチミンとはまた違ったベトナムに触れられたという印象。食べ物も空気も美味しいし毎日歩いて健康的。スマホに備わった歩数計をチェックしたところ、1日で約2万~3万歩も歩いていました。
雨が降ると足元が泥だらけになるので、しっかりとした靴を準備しておくと安心です。

民族衣装が欲しい!そう思ったらバックハー市場へGO!

雑貨好きにはたまらないのが、毎週日曜日に開催されるバックハー市場。サパから東北へ約110km、車で2時間半ほどの場所にあるバックハーで開催されます。雑貨に興味があるならば、サパへの行程に日曜日を入れておくことをおすすめします。

今では交通の便もだいぶ良くなりましたが、以前はそれぞれの村から徒歩で何時間もかけて商品を売りにきていたそうです。そのため週1日が限界なのかもしれません。華やかな衣装を着た花モン族の人たちを多く見かけました。

市場

雑貨はもちろん、食材やペット、水牛にいたるまで、ありとあらゆるものが並ぶ活気ある市場は見ているだけでも楽しい場所です。

食材売り場

路上散髪や屋台、食材売り場など生活に密着しているお店も多く、地元の人と観光客とで賑わっていました。

路上散髪

なかでも感動したのが水牛の市場。まだまだ水牛による稲作が盛んということがわかります。ガイドさんの話によると、餌に科学飼料を使って早く育てられた豚や鶏よりも、草を食べてのんびり育つ水牛の肉を好む人たちが増えていて、水牛人気が高まっているのだとか。

そのため水牛の値段が上がっていて、だいたい1頭10万円くらいから取引されているそうです。この日も市場には100頭以上の水牛がひしめいていました。

水牛

華やかな花モン族の衣装や布、アクセサリーなど、たくさんの雑貨が並んでいて雑貨好きには天国のような場所。私はいろいろと迷った挙げ句、黒モン族の上着を購入。ジャケットとして合わせる予定です。

ハノイからサパへ寝台列車の旅

サパへのアクセスは、バス、夜行列車、車のチャーターなどになりますが、おすすめはヴィクトリア エクスプレス トレインです。サパの高級リゾートホテル、ヴィクトリア サパ リゾート & スパの専用車両で、ハノイからラオカイまでを結びます。ハノイの出発は22時。夜通し走り続け、早朝6時にラオカイ駅に到着します。

駅

ハノイ駅にはヴィクトリア エクスプレス トレインの利用者専用ラウンジもあり、出発までリラックスして過ごすことができます。

列車自体は連結していて長いのですが、各等級に分かれていてヴィクトリアの車両が一番先頭になります。車両間の往来はできないため、落ち着いた空間が確保されています。

ヴィクトリア エクスプレス トレイン

部屋はシックでベッドもふかふか。朝は飲み物とクロワッサンもサーブされます。旅の情緒は満点ですが、基本的には夜のため外の景色を楽しむというよりは、ぐっすりと眠って次の日のトレッキングに備えるのがよさそうです。

Victoria Express Train
https://www.victoriahotels.asia/en/hotels-resorts/sapa/victoria-express-train.html(英語)

山岳リゾート、サパでラグジュアリーステイ

電車が到着するラオカイ駅からサパの町中までは車で1時間ほど。これはハムロンの丘から見たサパの町並みです。湖と赤い屋根が可愛い、とても美しい場所。標高は1600mで朝晩は少し肌寒く、ベトナムの高原リゾートと言われるのも納得です。

ベトナムの高原リゾート

サパで宿泊したのが、サパ大聖堂の近くに建つヴィクトリア サパ リゾート & スパ。スイスの山小屋風の山岳リゾートで、客室はベトナムらしさを感じさせながらもシックにまとめられています。

客室

ホテル内の施設も充実していて、併設のショップには質の良い雑貨や民族衣装もそろっていました。値段は張っても良いものがほしいという人は、チェックしてみてください。

プールも気持ちのいい空間。スパ&プール棟はホテルの本館から100mほど離れた場所に建っています。

プール

スパではトレッキングで疲れた体をリフレシュすることができます。桶のようなお風呂が可愛い。サパの町中にはリーズナブルなマッサージ店もあるので、気分に応じて使い分けてもいいですね。

マッサージ店

土曜日の夜にはホテルのレストランでダンスパフォーマンスなどもあり、旅気分を盛り上げてくれます。ゆったりサパを楽しみたいという人におすすめのホテルです。

ダンスパフォーマンス

飛行機の中からベトナム気分を満喫

ハノイまでのフライトにはベトナム航空を利用しました。今回は贅沢にもビジネスクラスを体験。
フルフラットで眠れるので6時間のフライトも快適。ぐっすり眠ることができます。料理は一品ずつサーブしてくれるし、フルーツやデザートを選べるのも楽しい!

ビジネスクラス

いつものようにビールにしようかと思ったのですが、フライトアテンダントさんから「国際的なバーテンダーのヴォ・タン・シーさんが考案したオリジナルのカクテルもあるのよ」と教えいただいたので「愛しのフエ」をチョイス。ほかにも「ファンティエットの赤い砂丘」や「ゴングダンス」というカクテルがありました。機内からベトナムっぽさを満喫できるなんて素敵ですね。

フライトアテンダント

今回の旅は「成田→ハノイ(車中泊)→サパ(2泊&車中泊)→ハノイ(機内泊)→成田」の6日間。往復ともハノイを出るのが夜なので、1週間あればハノイとサパ、2つの町を楽しむことができます。いろいろな楽しみ方ができるサパは、ハノイから足を延ばしたいおすすめの旅先です!

ハノイのホテルを探すハノイへの航空券を探すハノイの旅行・ツアーを検索

取材協力 ベトナム航空