ホーチミン旅行でスパを楽しむ!

東南アジアに位置するベトナムは、観光エリア内に多くのスパがあります。上質なサービスを提供してくれる店や、高いマッサージ技術を売りにする店など、旅行者は数多くの中から自分にあったスパを選ぶことができるでしょう。また、日本と比べて物価が安いため、比較的リーズナブルな料金で高級スパを楽しむこともできます。普段なかなか体験できないようなジャグジーやアロママッサージを体験するのは、女性の憧れでもあるのでは。

ベトナム旅行では、低予算でも目一杯楽しむことができるため、女子旅や学生の卒業旅行でベトナムを旅先に選ぶ旅行者も多くなっています。

そこで、今回はホーチミン旅行者が知って得する人気スパやチップ事情をご紹介します。

おすすめエリアと人気スパ店をご紹介

おすすめエリアと人気スパ店をご紹介

ホーチミン市内には旅行者の観光範囲だけでも数百のスパやマッサージ店があります。下調べなしに歩いて見つけたお店に入ってしまうと、満足いかないこともあるでしょう。そこで、今回は良いスパの多いおすすめのエリアと、そのエリアで女子旅、及びカップルにおすすめの人気スパをご紹介します。

ドンコイエリア

ホーチミンの銀座と呼ばれるショッピングストリート。高級ホテルから雑貨店、レストラン、ツアーデスクなど旅行者向けのあらゆる店がひしめく観光のメッカ。もちろんスパやマッサージ店も多くあります。ただし、相場より高い料金をふっかけてくる店も多いため、この界隈で店を探すなら事前に人気店の下調べをするのがおすすめ。

ビギナー旅行者に人気の「ユリスパ」

ビギナー旅行者に人気の「ユリスパ」

ドンコイエリアの目抜き通りの一つであるマックチブオイ通り沿いにあるスパ。とりわけ日本人に支持されている店で、「チップ込み」、「日本語メニューあり」のサービスがポイント。英語に自信がない旅行者やチップに不安がある方にはここがおすすめです。人気メニューの「百合コース」は4時間の長時間パッケージ。ボディマッサージからネイル、ヘアケアまで含まれている女性に人気のコースです。

人気メニュー:百合コース(4時間)
住所:18 Mac Thi Buoi St. Dist.1
営業時間:9:00~23:00
価格:VND 2,034,000(約9,500円)

レタントンエリア

レタントン通りは、サイゴン川傍を走るトンドゥックタン通りとの交差点からはじまり、ベンタイン市場のある西へと伸びていく大通り。道中、日本語の店看板が多数見えてきたら、そこは日本人町。在住日本人が多く暮らすエリアです。スパを探すなら、この日本人町がおすすめ。日本語メニューの他、日本語対応が可能な受付やセラピストが常駐している店が多くあります。

贅沢なフォーハンドマッサージが人気「フラミンゴスパ」

贅沢なフォーハンドマッサージが人気「フラミンゴスパ」

レタントン通りの日本人町にあるスパ。ジャグジーとサウナ付きのVIPルームがある非常に貴重なお店(要予約)。エスニックな東南アジアをイメージした置物やレリーフは雰囲気があり、異国情緒たっぷり。人気のフォーハンドマッサージは、2人のセラピストが丹念にボディマッサージをしてくれる人気のメニュー。普段身体に溜め込んだストレスは、ここですべて癒してもらいましょう。

人気メニュー:スペシャルパッケージforカップル(3時間)
住所:13B Le Thanh Ton St. Dist.1
営業時間:10:00~23:30
価格:VND 3,500,000(約16,500円) ※2名分の料金

1区郊外

ドンコイやレタントン、ベンタイン市場といった観光エリアは、すべて市内中心の1区にあります。旅行者の多くはこのエリア内のホテルに宿泊することになりますが、そこからタクシーで10~15分程度のところにある、1区の郊外エリアも見逃せません。旅行者や在住外国人に密かに人気のある高級スパは、南国旅行を盛り上げてくれる雰囲気のいいお店ばかりです。

タンディン教会傍に佇む「ボンスパ」

タンディン教会傍に佇む「ボンスパ」

ボンスパがあるのは、市内中心部から車で20分ほど北上した、1区の外れにあるローカルなエリア。とはいえ、最近注目されているピンク色の外観のタンディン教会から徒歩すぐの場所にあるため、じわじわと外国人旅行者にも知られてきています。フロア内は斜光が部屋に射し込む心地よい空間で、南国気分満載。自然とベトナミーズモダンが調和したスパです。マタニティメニューもあるので、妊婦さんも楽しめます。人気のメニューであるゴールドパッケージは火山岩から作ったホットストーンによるボディマッサージやハーブエキスたっぷりのアイケアが含まれていて、男性にも女性にもおすすめ。

人気メニュー:ゴールドパッケージ(2時間30分)
住所:95 Thach Thi Thanh St. Dist.1
公式サイト(ベトナム語): http://bongspa.com/
営業時間:9:00~20:30
価格:VND 1,990,000(約9,300円)

ベトナムでプチパリを体験「YKCビューティースパ」

ベトナムでプチパリを体験「YKCビューティースパ」

市民劇場から車で15分ほど北上した、路地中にあるフレンチコロニアルのビラスパ。フロア内は控えめの間接照明が効いていて、落ち着いたムードが漂っています。1階は在住外国人に人気のサロンで、らせん階段を上がった2階がスパフロア。プチパリを感じられる贅沢なひと時を過ごすことができます。「パッケージA1」はコラーゲンたっぷりの化粧品を使ったフェイシャルとボディマッサージが付いた人気コース。2時間という気軽に楽しめる時間設定も魅力です。

人気メニュー:パッケージA1(2時間)
住所:178B Hai Ba Trung St. Dist.1
営業時間:9:00~18:30(日曜:10:00~17:00)
価格:VND 1,755,000(約8,200円)

知って得するチップ事情

知って得するチップ事情

ベトナムの旅先でスパを楽しむ場合、旅行者の前に立ちはだかるのがチップ事情。欧米のような合計金額の〇%という計算ではないため、旅慣れた人でも現地の相場を知っておかなければ、痛い目に遭うこともあります。ベトナム旅行が初めてという方は、ここで紹介するチップ事情を参考にしてください。

フットマッサージとボディマッサージのチップの違い

観光中にふらっと立ち寄って楽しめる気軽さがあるのが、フットマッサージ。30分前後から体験することができます。一方、ボディマッサージは60分以上が普通。フットマッサージはボディマッサージと比べて、セラピストの手間もかからず、時間も短いため、チップの相場は2万~5万ドン(約¥93~¥232)程度。対してボディマッサージは、5万~10万ドン(¥232~¥466)程度が相場となります。では、フットマッサージ60分とボディマッサージ60分を比べた場合はどうでしょうか。時間は同じでも、チップの相場が違うので、フットマッサージはやはり2万~5万ドン、ボディマッサージは5万~10万ドンと考えてください。

単品メニューとパッケージのチップの違い

お店に入ったら、まず最初に受付でメニューを確認します。メニューは単品メニューとパッケージに分かれています。単品はボディマッサージのみ、フットマッサージのみ、といった具合。パッケージはボディマッサージやフェイシャル、スクラブなど複数のメニューが含まれているコースメニューとなります。単品メニューの場合は5万~10万ドン程度がチップの相場。パッケージは至れり尽くせりのサービスとなり、また多くのコースは2時間以上となるので、10万ドンほどチップをわたすのがいいでしょう。

日本にはあまりチップの概念がないので、初めての旅行者はいささか当惑することでしょう。しかし、チップの相場を知っていれば、あらかじめお金を用意することができるので安心だと思います。

今回紹介したスパは、いずれも旅行者に人気のお店。お店選びに困っている方は、ここで紹介したスパを検討してみてはいかがでしょうか。

ホーチミンのホテルを探す
ホーチミンへの航空券を探す
ホーチミン旅行・ツアーを検索

※1円=約215ドンで換算(2018年3月現在)