ベトナム料理と聞いてすぐに頭に浮かぶのはフォーと生春巻きでしょうか? 確かにこの2品はベトナムを代表する料理。でも、地元では同じくらいよく食べられている料理が、大げさではなく星の数ほどあるんです。

南北に長いベトナムでは、地域ごとに名物料理があり、同じ料理なのに味付けが異なるなんていうことも。そんな食の宝庫ベトナムで、まず食べておきたい定番料理を紹介します。

フォー・ボー(Pho Bo)

フォー・ボー(Pho Bo)

フォーは日本で最も知名度の高いベトナム料理。米粉の幅広麺は喉ごしがよく、鶏ガラと牛肉ベースのスープによくなじみます。日本では鶏肉をのせたフォー・ガーが有名ですが、ベトナムでは牛肉をのせたフォー・ボーのほうがポピュラー。茹でた牛肉とネギをたっぷりのせたフォーは、朝・昼・晩といつでも食べられるベトナムの国民食です。

ブン・ボー(Bun Bo)

ブン・ボー(Bun Bo)

地元ではフォーよりも好まれているのが、ブンという米粉の丸麺。フォーと同じようにツルツルとしたのど越しが魅力です。ブンを使った麺料理は種類が豊富ですが、なかでもいちばん有名なのが古都フエの名物料理ブン・ボー・フエ。牛ベースのスープはニョクマム(魚醤)とトウガラシを加えたピリ辛タイプ。牛バラやスジ肉、パテ、たっぷりの野菜をのせていただきます。

ゴイ・クン(Goi Cuon)

ゴイ・クン(Goi Cuon)

ライスペーパーで豚肉や魚介、野菜、ビーフンなどを巻いた生春巻き。日本ではベトナム料理店でなくてもよく見かけますよね。ダイコンやニンジンの甘酢漬け、キュウリ、モヤシ、ニラなど野菜もたっぷりなのでとってもヘルシー。刻んだピーナッツがコクを出してくれます。ピリ辛の甘酢ソースで食べるのがベトナムスタイルです。

チャー・ヨー(Cha Gio)

チャー・ヨー(Cha Gio)

ライスペーパーでエビのすり身や豚の挽き肉などを包んで揚げたスナックのようなメニュー。ホーチミンなどベトナム南部の名物料理です。同じような揚げ春巻きはハノイなど北部にもあって、ネム・ザン(Nem Ran)と呼ばれています。こちらは野菜やキクラゲ、春雨などを一緒に包んで揚げます。どちらも甘酸っぱいタレにつけていただきます。

バイン・セオ(Banh Xeo)

バイン・セオ(Banh Xeo)

ベトナム風お好み焼きといわれるバイン・セオですが、実際は米粉とココナッツミルクの生地で野菜を挟んだクレープのような料理。生地はターメリックを入れているため黄色をしています。豚肉やエビ、モヤシなどがたっぷり入っていてそのまま食べてもおいしいのですが、香草と一緒にライスペーパーに包んで食べるとあっさり感が増して食べやすいです。

ゴイ・バップ・チュオイ(Goi Pap Chuoi)

ゴイ・バップ・チュオイ(Goi Pap Chuoi)

バナナの花は、ベトナムだけでなくカンボジアやタイなどでも食べられる定番食材。バナナの花は細くスライスし、茹でてほぐした鶏肉や牛肉、エビ、タマネギ、ニンジンなどと一緒に和えます。ドレッシングはニョクマムベースで砂糖とレモン汁を加えたあっさりとした味わい。シャキシャキとした食感のバナナの花がアクセントになって食べごたえ十分です。

コム・セン(Com Sen)

コム・セン(Com Sen)

ご飯ものも充実しているベトナムで、ぜひ食べたいのがハスの実入りチャーハンのコム・セン。ハスの実だけでなく、豚肉やエビ、野菜などが入り、最後にハスの葉で包んで蒸しています。ハスの花が開いたような美しいプレゼンテーションが特徴で、フエの宮廷料理を代表するメニューとして知られていますが、今ではベトナム全土で食べられています。

トム・ハップ・ヌック・ズア(Tom Hap Nuco Dua)

トム・ハップ・ヌック・ズア(Tom Hap Nuco Dua)

プリプリのエビをココナッツジュースで蒸したシンプルな料理。爽やかなココナッツジュースの風味がエビの臭みを消し、甘味だけが残ります。ココナッツの器に盛られてくるのが定番で見た目もGood! レモンと塩、コショウであっさりいただくのが一般的ですが、ピリッと辛みを効かせた甘酢ダレで食べるのもおいしいです!

ラウ・ムオン・サオ・トーイ(Rao Muong Xao Toi)

ラウ・ムオン・サオ・トーイ(Rao Muong Xao Toi)

ベトナムのレストランで「もう1品欲しいな…」というときに最適なのが空芯菜のニンニク炒め。シャキシャキとした茎の食感がたまりません。ニンニクの香りとニョクマムの旨味が合わさってご飯がすすむ…。ビールもすすむ…。たっぷりの油で炒めるので、意外とヘルシー度は低いかも!? でも、おいしくって何度も頼んでしまうメニューです。

バイン・ミー(Banh Mi)

バイン・ミー(Banh Mi)

米粉入りのモッチリしたフランスパンに、レバーパテを塗って、チャーシューやハム、野菜の甘酢漬け、香草などを挟んだサンドイッチ。どの街にもバイン・ミー専門店があり、気軽に食べられるB級グルメの代表選手といえます。店によって具材が異なり、ソースのアレンジも多彩。迷ったら全部入りの「バイン・ミー・タップ・カム(Banh mi thap cam)を試してみて。

ホーチミンのホテルを探す
ホーチミンへの航空券を探す
ホーチミン旅行・ツアーを検索