旅の楽しみであり、ときには面倒なタスクにもなりうるおみやげ探し。

でも、とにかく「相手が喜んでくれるもの」が見つかればいいわけですよね。そういう意味では、リーズナブルな食品やかわいい雑貨がそろったベトナムは、おみやげを探しやすい国といえます。ただ、問題はおみやげの種類が多すぎるということ……贅沢な悩みではありますが。

そんなわけで、今回は「チョコレート」「コーヒー」「インスタントヌードル」という、ベトナムみやげの定番食品のなかから「コレ!」という逸品を探ってみました。

お菓子なら世界が注目する高級チョコレートに注目!

ベトナムでは最近、高級チョコレートがちょっとしたブームになっています。

ベトナムのカカオは、生産量こそ多くはないものの質は高く、非常においしいチョ コレートができるんだとか。そんな上質なカカオに目をつけたのが、国内外の実力派ショコラティエたち。彼らが手がけたチョコレートは、世界的にも評価されているんです。

国際コンクール金賞受賞 「マルゥ(MAROU)」のチョコレート

世界が注目する高級チョコレート

最注目は2014年にロンドンで開催されたインターナショナル・チョコレート・アワードで金賞を受賞した「マルゥ(MAROU)」。創業者は2人のフランス人。彼らがベトナムを回って見つけてきたカカオに、サトウキビからとれる砂糖だけを加えた濃密なチョコレートが魅力です。

ひとつのチョコレートに、ひとつの産地のカカオしか使わないシングルオリジンがこだわり。素材のもつ香りや味わいをストレートに感じられる、存在感たっぷりのチョコレートは自分へのご褒美にもぴったりです。

世界が注目する高級チョコレート

基本フレーバーは5種で、カカオマス70~78%のダークチョコレート。爽やかな口あたりと雑味のない香りが上品なんですよね。ワインやシャンパーニュとの相性は抜群でしょう。カカオの色に合わせたパッケージもおしゃれなので、プレゼントにもよさそう。

残念ながらハノイに直営店はないのですが、アンナム・グルメ・マーケットで売っており、24g板が5万ドン(約275円)、100g板が1枚10万ドン(約550円)。少し高いですが、空港でも買えます。

アンナム・グルメ・マーケット(Annam Gourmet Syrena Tower)
住所:51 Xuan Dieu St., Quang An Ward, Tay Ho Dist., Hanoi
TEL:+84-4-6673-9661
営業時間:7:00~21:00 / 定休日:なし

ハノイみやげの新定番と評判 「フェーヴァ(PHEVA)」のチョコレート

ハノイみやげの新定番と評判 「フェーヴァ(PHEVA)」

もうひとつ、ハノイみやげの新定番と評判なのが「フェーヴァ(PHEVA)」のチョコレート。2014年にダナン、2015年にはハノイに直営店をオープンさせるほどの人気ぶりです。

こちらも、ベトナム南部のベンチェーで栽培したトリニタイリオ種カカオ豆を使う、シングルオリジンの本格派。ダークチョコレート、ミルクチョコレート、ホワイトチョコレートをベースに、フーコック島産の黒コショウや、伝統農法の餅米、粗挽きのゴマ、香り高いショウガなど、18種のフレーバーを楽しませてくれます。

ハノイみやげの新定番と評判 「フェーヴァ(PHEVA)」

世界が注目する高級チョコレート

6・12・24・40個のボックスがあり、自分の好きなフレーバーをセレクトすることも可能。値段は12枚で8万ドン(440円)です。

カラフルなボックスがあり、選んだ箱と同じ色の紙袋に入れてくれるという、おみやげに最適なサービスも好印象。このボックスも手作りだそうです。

フェーヴァ ハノイ店(Pheva Hanoi)
住所:8b Phan Boi Chau, Hoan Kiem Dist., Hanoi
TEL:+84-4-3266-8579
営業時間:8:00~19:00 / 定休日:なし

華やかな香りを楽しむ濃厚ベトナムコーヒー

「ハイランズ・コーヒーHighlands Coffee」

フランス植民地時代にベトナムに持ち込まれたコーヒーですが、今ではすっかりカフェ文 化が定着。コーヒー豆の生産量では、ブラジルに次いで2位を誇ってい ます。気候の変化や病害虫に強いロブスタ種がメインになっていて、これに上品な風味のアラビカ種を混ぜたタイプが一般的です。

豆は深めにローストし、細かい穴を開けたアルミやステンレス製のフィルターを通し、ゆっくりと抽出するのがベトナムスタイル。濃厚なコーヒーにコンデンスミルクを加えて飲みます。

スー パーマーケットにいくと、たくさんのベトナムコーヒーが置いてありますが、2大ブランドといえば「ハイランズ・コーヒー(Highlands Coffee)」と「チュングエン・コーヒー(Trung Nguyen Coffee)」。どちらも赤いパッケージがスーパーの棚で目立っています。

ハイランズ・コーヒー(Highlands Coffee)

ハイランズ・コーヒーはベトナム旅行で必ず目にするカフェチェーンでもあります。

ロブスタ種70%、アラビカ種30%のグルメブレンドは、ベトナムでも人気の商品。200gで6万6300ドン(約365円)。バターローストの華やかな香りが、フレンチコロニアルなハノイの町並みにマッチします。

コンデンスミルクを入れると、濃厚な風味が甘さと融合して、ちょうどよい余韻に。上品とまではいきませんが、豊かな香りで飲みやすいコーヒーといえそうです。

チュングエン・コーヒー(Trung Nguyen Coffee)

チュングエン・コーヒーは、より地元色の強いブランド。ロブスタ種メインのシリーズのなかで、Sang Tao5はアラビカ種100%の高級品です。といっても340gで10万8400ドン(約596円)。リーズナブルですね~。

やや泥臭さのあるロブスタ種に比べて、アラビカ種の品のある香りが印象的。ただ、ベトナムコーヒーらしい、荒々しい力強さは少ないかも。バターローストの香りはしっかりするので、濃いめに入れるとよいです。

「ハイランズ・コーヒーHighlands Coffee」

ベトナムコーヒーを入れるときに使うアルミやステンレス製のフィルターは、スーパーマーケットでも売っています。ベトナムコーヒーは、やっぱりこれがないと 雰囲気がでませんよね。ペーパーフィルターだとバターローストの油分が紙に吸収されてしまうので、味的にもこのフィルターを使うのがベスト。ゆっくり濃厚 に抽出できるのもポイントです。

大きさはいくつかありますが、小さめのコーヒーカップ1杯分(直径7.5㎝)のものが、2万4000ドン(約132円)で買えます。

意外とおいしい!インスタントヌードル

意外とおいしい! インスタントヌードル

ベトナムには多種多様な麺料理があります。そんなベトナムの名物ヌードルを、日本でも気軽に味わいたいときに重宝するのがインスタントヌードル。お湯をかけるだけで簡単にできちゃうアレです。

スーパーマーケットにいくと多種多様な商品があって、どれも30円前後と激安!おすすめはフォー(Pho)とブン(Bun)。写真でいうと、左側がフォー(4,100ドン)、右がブン(5,900ドン)。

ベトナムグルメの定番 「フォー(Pho)」

意外とおいしい! インスタントヌードル

最も有名なのは日本にも専門店があるフォーでしょう。米粉を使った半透明の麺で、きしめんのように平らな形。

コシは少なく、つるんとした食感が特徴です。日本人には鶏のフォーが人気ですが、フォーの本場といわれるハノイでは牛肉とネギのシンプルなフォーが好まれています。

独特な風味が特徴 「ブン(Bun)」

意外とおいしい! インスタントヌードル

現地でフォーよりも人気なのが、ブンという細い麺。こちらも米粉の麺なのですが、発酵させた米を使っているため独特の風味があります。街を歩くと、いたるところに「BUN」という看板を掲げた小さな店を見かけます。

フォーもブンも乾麺なので、インスタントとの相性はばっちり。特にフォーは時間がたってもおいしいので失敗が少なそう。蒸し鶏やチャーシュー、茹で豚などをのせると本格的になりますよ。パクチー(香菜)もたっぷりのせてどうぞ!

ハノイのホテルを探す

ハノイへの航空券を探す

ハノイの旅行・ツアーを検索

※1,000 ベトナム ドン=約5.5円(2015年12月現在)

取材協力:ベトナム航空