バンコクはいま空前のラーメン人気に湧いています。日本全国各地から、人気店、繁盛店、行列店が続々とバンコクに上陸を果たし、美味しいラーメンの選択肢が急増しているからです。

ほとんどの店がバンコク中心部に店を構えているので、狭いエリア内で手軽に食べ比べできます。日本ではなかなか食べられないラーメン目当てにバンコクに来るという熱狂的ファンも少なくありません。現地に住む日本人ばかりではなく、ラーメンに目がないタイ人をも虜にしているオススメラーメン店5店を紹介しましょう。

つけ麺のあの名店がやってきた!麺屋一燈

麺屋一燈

食べログでも常に上位にランクインしている東京・新小岩のつけ麺の超人気店、麺屋一燈が2017年7月にバンコクにやってきました。

麺屋一燈といえば看板商品はその独特のスープが魅力の「濃厚魚介つけめん」。甲殻類の風味が生きている濃厚スープに、もちもちとした麺をつけていただきましょう。

濃厚魚介つけめん

濃厚なスープと麺のコンビネーションに加えて、チャーシューの美味しさも特筆もの。真空低温調理したレアチャーシューと鳥チャーシュー、豚チャーシューの3種類はいずれも柔らかく、滋味にあふれています。

日本では常に行列必至の「濃厚魚介つけめん」の価格は350バーツ(約1100円)。決して安くはありませんが、納得の味です。

場所はBTSチットロム駅直結のエラワンバンコクの地下1階。カウンター席もあるので、一人でも入りやすいのがいいですね。日本で麺屋一燈の味をまだ体験していないという方はタイで名店の味を体験してみては?

麺屋一燈
住所:494 Erawan Bangkok Room LG-01 Ploenchit Road, Patumwan
TEL:02 250 7669
営業時間:11:30~14:30 18:00~21:00 無休
行き方:BTSチットロム駅直結する商業施設・エラワンバンコクの地下1階
公式HP:https://www.facebook.com/menyaittobkk/

コラーゲンたっぷり、女子にも大人気のたけいち

たけいち

コラーゲンたっぷりのラーメンを食べて美肌になる!? 女子にうれしい「濃厚鶏白湯ラーメン」を提供しているのが、ラーメンファンからの評価も高い麺屋 武一。タイでは「たけいち」の名前で営業しています。

濃厚鶏白湯は鶏をどろどろになるまで炊いて、塩ダレと合わせたコラーゲンたっぷりのスープは濃厚なのに、まったくしつこくなく後味が良いから不思議です。青ネギや刻み玉葱、メンマ、鶏チャーシュー、鶏つくねとの相性もばっちり。鶏のうまみを堪能できるラーメンにファンが多いのも納得です。

たけいち 濃厚鶏白湯ラーメン

値段はレギュラーサイズが195バーツ、スモールサイズが135バーツ。ボリューム控えめのサイズが用意されているのも女性にはうれしい点ではないでしょうか。

場所は、高級ショッピングモールのKビレッジ2階。Kビレッジは最寄り駅のBTSプロンポン駅から歩くと20分以上もかかってしまうので、タクシーの利用をおすすめします。歩くのが苦にならない方はのんびりとスクンビットのソイ26を歩いていくのも楽しいかもしれません。

麺屋たけいち

住所:2F K-Village 93,95 Sukhumvit 26, Klongtan, Klongtoey
TEL:02-259-9300
営業時間:11:00~23:00 無休
行き方:スクンビット通りとラマ4世通りの間にあるKビレッジの2階。BTSプロンポン駅からタクシーで行くのが一番簡単です。
公式HP:http://noukou-torisoba.com/shop/

庶民的価格で味は本格派 七星ラーメン

七星ラーメン

行列必至の千葉の人気ラーメン店、七星ラーメンが庶民的な価格をひっさげてバンコクに上陸しました。

タイに進出している日本のラーメン店の多くは価格を150~300バーツ(480円~960円)ほどに設定していますが、七星ラーメンは「ネギ鶏そば」は80バーツ(260円)、「七星鶏そば」は99バーツ(320円)と格安。ローカルな値段で勝負しています。

価格は庶民的でも味に妥協はありません。とろりと濃厚なのに、最後まで飲み干せる鶏白湯ベースのスープはもちろん、スープがからむ麺の食感もちょうどいい。やみつきになりそうな仕上がりです。

七星ラーメンのランチメニュー

七星ラーメンは、ご飯と組み合わせたランチメニューも充実しています。「ネギ鶏そば」や「七星鶏そば」「スペシャル鶏そば」などミニサイズの麺のメニューと、「温玉ごはん」「ネギご飯」「鶏そぼろご飯」などのご飯メニューからそれぞれ1品を選ぶランチセットは、
99~154バーツ(320円~500円)とリーズナブル。ランチどきを狙うのもおすすめですよ。

お店は、トンローの1号店を始め、プロンポン駅近くやタニヤ(BTSサラデーン駅そばの繁華街)などにあります。どの店も駅から徒歩5分ほどなので便利ですが、もっとも駅から近いのはトンロー店です。

七星ラーメン トンロー店
住所:1095 Sukhumvit Road, Klong Tan Nua, Wattana
TEL:02-013-4159
営業時間:11:00~24:00 無休
行き方:BTSトンロー駅から徒歩2分。スクンビットソイ55と57の間にあります
公式HP:https://www.facebook.com/Nanase.Ramen/

黒マー油でおなじみ!秦野生まれの人気ラーメン なんつッ亭

神奈川県秦野市で人気を博し、都内にも店を開いてラーメンファンの胃袋をわしづかみしているなんつッ亭。バンコクでは2013年に店をオープンしました。

なんつッ亭

なんつッ亭の魅力といえば、なんといっても黒マー油の香ばしい風味が効いている豚骨スープ。クリーミィでコクがあるスープと香ばしいマー油の香りが食欲をそそります。初めて黒いスープを見るとびっくりしますが、コシのあるストレートな麺とスープとのコンビネーションが冴えてます。味が染み込んだ柔らかなチャーシューもさすが人気店の仕上がり。

値段は、看板メニューの「らーめん(黒マー油)」のスモールが150バーツ(480円)、レギュラーサイズが210バーツ(680円)。

お店は、BTSサイアム駅直結のショッピングモール・サイアムパラゴンと、BTSプロンポン駅直結のショッピングモール・エムクオーティエにあります。どちらも駅直結なので行きやすいです。

なんつッ亭 サイアムパラゴン店
住所:991 Rama 1 Road, Pathumwan, Bangkok
TEL:02-610-7635
営業時間:10:00~22:00 無休
公式HP:https://www.facebook.com/NantsutteiThailand/

タイ限定のプレミアムラーメンはいかが?一風堂

一風堂

一風堂は、積極的に海外進出をしている豚骨ラーメンの人気店。ニューヨークでも人気を呼んでいますが、バンコクでもラーメン好きなタイ人を魅了しています。

タイ一風堂

タイにおける一風堂は、プレミアムな存在。キラキラ輝くゴージャスな空間で食べる「ちょっとオシャレな日本のラーメン」という位置づけなのです。

人気メニューはもちろん、一風堂が創業当時から提供している「白丸元味」と、豚骨ラーメンの可能性を広げたとされる「赤丸新味」。前者は、麺もスープも具もいわゆる博多ラーメンらしいラーメンです。後者は、豚骨スープに香味油と辛みそを加えてインパクトを出した革新的な味。

値段は「白丸元味」のスモールが150バーツ(約480円)、レギュラーサイズが200バーツ(640円)、「赤丸新味」のスモールが160バーツ(510円)、レギュラーサイズが220バーツ(700円)です。

タイ一風堂 トムヤムクン豚骨

タイならではのラーメンもおすすめです。タイの一風堂でしか食べられない「トムヤムクン豚骨」は、豚骨とトムヤムクンが見事に融合しています。豚骨スープとココナツミルクが効いたトムヤムクンスープの相性の良さにはびっくりです。

大きなエビ2尾や卵、トムヤムクン味の挽肉などが乗ったビジュアルもインパクトがあります。値段は280バーツ(900円)と少し高いのですが、ここでしか体験できない味。ぜひチャレンジしてみてください。

一風堂のお店は、セントラルエンバシーやエンポリウム、シーロムコンプレックス、ターミナル21など、BTS直結の大型ショッピングモール内に入っています。

一風堂 セントラルエンバシー店
住所:3F Central Embassy 8 1031 Ploenchit road Lumpini Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon
TEL:02-160-5672
営業時間:10:00~22:00 無休
公式HP(英語):http://www.ippudo.co.th/en/
行き方:BTSプルンチット駅直結のセントラルエンバシー3F

いかがでしたか。バンコクにはこのほかにも、地方の名店が勢揃いしています。これだけバリエーション豊かな人気ラーメン店の味をコンパクトに体験できる都市はそうないのでは。タイに来たらぜひラーメン店に足を運んでみてください。

バンコクのホテルを探す

バンコクへの航空券を探す

バンコク旅行・ツアーを検索