中華系が多いバンコクは飲茶天国だった!?

タイは、シンガポールやマレーシアほどではありませんが、中華系が多い国。人口の約15%が中華系で占められています。

それだけに食の世界でも中華の影響は濃厚です。町のあちこちには中華料理店がたくさんあります。飲茶の店も多く、町のちょっとした食堂で点心を扱っているところも少なくありません。タイの人々にとって、飲茶は「ハレ」の日限定の料理ではないのです。

そこで、舌が肥えているタイ人に人気がある飲茶のお店を5つピックアップしてみました。高級店あり、大衆価格のお店あり。タイでの「食」の選択肢にぜひ飲茶を加えてみませんか?

至福の味を楽しむなら満腹苑へ行こう!

バンコク 満腹苑

どれを食べてもはずれなしと、バンコクの飲茶ファンからも絶大な支持を受けているのが、満腹苑です。白とラベンダー色でまとめられた上質感漂う空間で食べる点心はどれも一級品。インテリアとコーディネートした食器も美しいです。

満腹苑の大根餅

料理はどれを頼んでも満足できる仕上がりですが、とりわけおすすめしたいのが大根餅。大根の質感を残しながらもちもちとした食感を楽しめる大根餅は、他のどんな飲茶のお店のものとも違います。

満腹苑 蓮の葉で包んだちまき

蓮の葉で包んだちまきも絶品の味。蓮の香りを楽しみながらいただきましょう。

点心以外の料理もオススメです。チャーハン一つとっても丁寧に仕上げたプロの味を満喫できますよ。点心の価格は150~200バーツ(約500円~650円)。価格以上の価値を感じられるお店です。場所も、BTSプロンポン駅直結のショッピングモール・エムクオーティエにあるので、旅行者にも行きやすくて便利です。

満腹苑 Man Fu Yuan Kitchen
住所:8/F, Emquartier, Sukhumvit Rd., Bangkok
TEL:02-003-6240
営業時間:10:00~22:00 無休
公式サイト(英語):https://web.facebook.com/ManFuYuanKitchen/
行き方:BTSプロンポン駅直結のエムクオーティエの8F

カントンハウスで中華街の老舗の味を楽しむ

カントンハウス

バンコクに広がるヤワラー(中華街)でもっとも有名で人気があるのが、ここカントンハウス。なんといっても点心がどれも20~30バーツ前後(約70円~100円)という手軽さがうれしいお店です。

カントンハウス メニュー

ただし、安かろうまずかろうではありません。焼売、腸粉、ニラ餃子などはもちろん、ブロッコリーや人参、カニカマをアレンジしたカラフルで可愛い点心が充実しているのは、タイの飲茶ならではの魅力です。ぜひ食べたいのが、緑色の翡翠麺で海老餃子(の中身)を包んだ一品。

鮮やかな色で目を楽しませつつ、飲茶の味を堪能しましょう。

カントンハウス 飲茶

カントンハウス Cantonhouse
住所:530 Yaowarat Rd, Khwaeng Samphanthawong,
TEL:02-612-9233
営業時間:11:00~22:00 無休
公式サイト(英語):https://web.facebook.com/TheCantonHouseYaowarat
行き方:MRTホアランポーン駅から徒歩10分ほど。ヤワラー通りの入口近くの右手にあります。

食べ放題ビュッフェならここ!名店中の名店の味を味わおう

Chef Man

バンコク一でもトップクラスとうたわれる飲茶の名店、Chef ManはBTSスラサック駅そばのイースティン・グランドホテル・サトーン内にありますが、そのChef Manの味を食べ放題の飲茶ビュッフェスタイルで楽しめるのが、Man Kitchen by Chef Manです。

Man Kitchen by Chef Man 飲茶

場所は、大型ショッピングモール・セントラルワールドのオフィス棟の1F。ブッフェの値段は2時間で、1人599バーツ(約2000円)。決して安い価格ではありませんが、飲茶あり、冷菜あり、本格的中華あり、寿司あり、デザートありで、目移りするほどバリエーションが豊富です。

Man Kitchen by Chef Man 飲茶

点心は、ショーケースから好みのものを選び、自分のテーブル席の番号札をつけてスタッフに渡すと、蒸しあがってからテーブルに持ってきてくれるシステム。あつあつの飲茶を味わえます。

鶏の足の豆鼓ソース蒸し、蝦餃、焼売、山竹牛肉球など、点心はどれもChef Manの味そのまま。お寿司はあぶりサーモンなどタイ人好みのネタ中心ですが、タイバージョンのお寿司を楽しむのも良い機会です。冬瓜のスープや焼きそばなども合わせて、2時間をフルに活用してお腹を美味しい飲茶と中華で満たしてください。

Man Kitchen by Chef Man
住所:Central World Office Tower 1F Rajdamri Phathumwan, Bangkok
TEL:02-646-1355
営業時間:10:00~22:00 無休
公式サイト(英語):https://web.facebook.com/Chefmanchineserestaurant/

こんなに安くていいの?庶民の飲茶、カイシンディムサム

カイシンディムサム

たくさん食べても信じられないほどの安さ、それでいて本格派の味と評判なのがカイシンディムサム。いつもお客さんでいっぱいの人気店です。

カイシンディムサムの飲茶

店に入ると、すぐ右側に点心が並んでいるショーケースがあるので、そこから食べたいモノを選んでお店の人に告げましょう。指でさして伝えればOKです。点心はすべて1皿25バーツ(約80円)。

カイシンディムサム 飲茶

おこわ、海老焼売、ブロッコリー焼売、ドラえもん(?)焼売など、愛らしい点心が充実しています。安さを感じさせないプロの味を思い切り楽しみましょう。

漢方のスープで豚肉を煮こんだ薬膳料理

忘れてはならないのがこの店のもう一つの看板メニューであるバクテー(漢方のスープで豚肉を煮こんだ薬膳料理)。柔らかく煮込んだ豚肉と体に良さそうな漢方のスープがよくマッチしています。ぜひ点心と合わせて注文してみてください。

お店は、ウドムスック駅から徒歩5分ほどの場所にあります。屋台や市場でいつも人が賑わっている極めてローカルな一帯です。駅からお店までに行く間、バンコク庶民の暮らしに触れられるのもこたえられません。

カイシンディムサム Kaixin Dimsum
住所:Udomsuk 5 (Sukhumvit 103),Bang Na,Bangkok
営業時間:11:00-21:00
公式サイト(英語):https://web.facebook.com/pages/Kaixin-Dimsum/183502571843059?_rdc=1&_rdr
行き方:BTSウドムスック駅番出口を出て、バンナー方面に少し歩き、スクンビット103(ソイウドムスック)を左に入ります。5分ほどで左手に赤い看板が見えてきます。

24時間食べに行ける!チョークディも要チェック

チョークディ メニュー

最後に紹介するのは、24時間営業の飲茶チェーン店、チョークディです。ファーストフードタイプの飲茶店なので、高級感はありませんが、食べたいときにいつでも食べられるそ手軽さは貴重でしょう。

チョークディ 飲茶

ファーストフードだからといって侮れません。ピータン焼売、コーン焼売、叉焼包(いわゆる肉まん)など、あつあつプリプリの点心が味わえます。価格はほとんどが30バーツ(約100円)。お酒を飲んだ後、ちょっと小腹が空いたとき、飲茶が無性に食べたくなったときにふらりと立ち寄れる気軽さがうれしいお店です。

お店はバンコク市内で12店。アーリーやアソーク、エカマイなど旅行者にも行きやすい場所にお店があるのも便利です。

チョークディーディムサム Chokdee Dimsum アーリー店
住所:1239-1241 Pahonyotin Rd,Samsen Nai, Phayathai, Bangkok
TEL: 02-278-2145
営業時間:24時間 無休
公式サイト(英語):http://www.chokdeedimsum.com/en/
行き方:BTSアーリー駅3番出口を出ると、すぐ通り沿いにあります

いかがでしたか? 豊富に揃ったメニューの中から食べたいモノを選んで、あつあつの点心をほおばる。これぞ飲茶の醍醐味です。ぜひバンコクで飲茶の魅力を満喫してください!

バンコクのホテルを探す

バンコクへの航空券を探す

バンコク旅行・ツアーを検索

*1バーツ=約3.2円(2017年4月末時点)