バンコクのタイスキの人気店、MKとコカを徹底比較

タイには名物料理がたくさんあります。その一つが、鍋料理のタイスキ。特製スープに肉、魚介類のほか、野菜やつみれをたくさん入れて、ちょっぴりスパイシーなタレをつけて食べるタイスキは、ヘルシー志向の人にもぴったりです。美味しくて、栄養バランスにも優れ、タイらしさにあふれたタイスキの人気店を紹介します。

タイスキとはタイ風しゃぶしゃぶ料理

タイスキとはタイ風しゃぶしゃぶ料理

タイ人が大好きな鍋料理、それがタイスキ。その名前から「タイ風すきやき」をイメージしますが、出汁の効いたスープに具材を入れて火を通し、タレにつけて食べるそのスタイルはすきやきよりも、しゃぶしゃぶによく似ています。そう、タイスキはタイ風しゃぶしゃぶ料理なのです。

タイスキとはタイ風しゃぶしゃぶ料理タレ

では、日本のしゃぶしゃぶと何がどう違うのでしょう。まずはタレが違います。しゃぶしゃぶはポン酢やごまダレが一般的ですが、タイスキのタレは、タオチオというタイの大豆調味料にオイスターソース、チリソース、シーズニングソースを加えて作ったベースに、ライムやにんにく、唐辛子を各自の好みで合わせて、自分仕様のタレを完成させます。

タイスキとはタイ風しゃぶしゃぶ料理具材

具材はどうでしょうか。タイスキの具材は、薄切りにした豚肉、牛肉、鶏肉、エビ、イカ、野菜(白菜、人参、ベビーコーン、ネギ、空芯菜、えのき茸など)、春雨、豆腐、きくらげ、ワンタン、つみれ類などがメイン。日本のしゃぶしゃぶの具材と共通点はたくさんありますが、つみれ類が充実しているのはしゃぶしゃぶにはない点でしょう。魚の形のつみれや、海苔で巻いたつみれなど、タイスキには目でも楽しめる個性派つみれがたくさん揃っています。

食べ方も、日本のしゃぶしゃぶのようにお肉をスープにくぐらせてさっと食べるのではなく、他の具材と合わせて一気に鍋に入れ、火が通ったところで「いただきます!」というパターン。器に具材を取ったらタレを少しかけていただきますが、タレはかなり濃厚なので、鍋のスープを少し取ってタレを薄めて食べる人も多いようです。

タイスキとはタイ風しゃぶしゃぶ料理「麺やご飯で鍋を〆る」

タイ人には「麺やご飯で鍋を〆る」という発想はあまりありませんが、ご飯やうどん、卵がメニューに用意されているので、それらを頼んで「〆」で食べることも可能です。

もちろん、どんな食べ方でも構いません。具材に火がちゃんと通ったことを確認した上で、ぱくぱくと好きに食べられるのがタイスキの醍醐味。お店によって異なるタレの味を食べ比べてみるのも一興です。

店舗数No.1!いつでも美味しいMKのタイスキはこう食べたい!

店舗数No.1!いつでも美味しいMKのタイスキはこう食べたい!

大きなショッピングセンターや百貨店に行けば、必ずといっていいほど目にするMKレストランの看板。見たことがあるという方も多いはず。このMKこそ、タイ一番の店舗数を誇るタイスキの専門店チェーン。薄味の出汁のスープと独特のタレは老若男女を問わず、多くのタイの人々に愛されています。

一部のお店ではタッチパネルのタブレット端末から注文するスタイルを採用していますが、まだメニュー表から注文するお店も少なくありません。どちらにしても、写真付きなので、旅行者でも迷うことはないのでご心配なく。

店舗数No.1!いつでも美味しいMKのタイスキはこう食べたい!

メニューには、鍋のアイテムはもちろんのこと、点心や麺料理も揃っています。タイスキのスープは、チキンベースのオリジナルスープのほか、白湯スープ、チゲスープ、すき焼きスープが揃っていますが、オススメはやはりオリジナルスープ。タレとの相性が抜群です。

店舗数No.1!いつでも美味しいMKのタイスキはこう食べたい!

タイスキの具は、野菜セットやマッシュルームセット(きのこのセット)をベースに頼むもよし、アラカルトで注文するもよし。豊富なメニューから好きなアイテムを見つけて注文しましょう。私のオススメは、空芯菜や豆腐、きくらげ、人参、春雨など約10種類の具材がセットになった野菜セット(265バーツ=約800円)に、つみれやお肉類、エビなどをプラスするスタイル。ヘルシーにタイスキを楽しめます。たくさんあるつみれの中では、海苔巻きつみれ(Special Seaweed Rolls)やすり身のカニボール(Crab Ball)は要チェックです。

MKのタレ

MKのタレの特徴は辛さ、酸っぱさがとんがっていること。メリハリの効いた風味で、あまりとろみはなく、どちらかといえばさらりとしています。門外不出のこのタレがMKの人気を不動のものにしているといっても過言ではありません。ちなみに、このタレは販売していませんが、具材が余った場合に持ち帰りを頼むとタレをつけてくれます。自宅でMKのタイスキを楽しみたい方は具材を多めに頼んでみてはいかがでしょう。

価格が手頃なのもMKのうれしいところ。ビールも頼んで、一人300バーツ(約900円)~400バーツ(約1200円)もあればお腹いっぱいになります。庶民の味を心ゆくまで満喫してください。

MK レストラン
店舗:バンコクのセントラルワールド、シーロムコンプレックス、BigC、テスコロータスなど大型量販店や主要ショッピングモールに203店。スワンナプーム空港にも店舗あり
営業時間:店舗によって異なりますが、おおよそ10:00~22:00 無休の店がほとんど
公式サイト(英語):https://www.mkrestaurant.com/en

たまにはワンランク上のタイスキをMK GOLDでいかが?

たまにはワンランク上のタイスキをMK GOLDでいかが?

MKレストランのワンランク上のブランドが、MKゴールド。バンコクに5店舗しかありませんが、店内のインテリアや食器、スタッフのサービスなど、すべてが上質で、ちょっぴりセレブ気分を味わえるお店です。

MKレストランのワンランク上のブランドが、MKゴールド。バンコクに5店舗しかありませんが、店内のインテリアや食器、スタッフのサービスなど、すべてが上質で、ちょっぴりセレブ気分を味わえるお店です。

スープや具材、タレは、レギュラーのMKレストランと同じですが、「ニラワンタン」や「エビ入り衣笠竹」「すり身たこボール」など、MKゴールドにしかない具材もあります。ぜひチェックしてみてください。

スープや具材、タレは、レギュラーのMKレストランと同じですが、「ニラワンタン」や「エビ入り衣笠竹」「すり身たこボール」など、MKゴールドにしかない具材もあります。ぜひチェックしてみてください。

価格はMKレストランより高く、予算は一人500~600バーツ(約1500~1800円)前後。5店舗中、サイアムパラゴンを除く4店舗は食べ放題のビュッフェを実施しています。11:00~17:00は485バーツ(約1500円)、17:00~20:00は535バーツ(約1600円)。優雅な空間の中で思い切りタイスキを食べたいというときはビュッフェタイムを狙いましょう。

たまにはワンランク上のタイスキをMK GOLDでいかが?

MK GOLD
店舗:バンコク市内に、サイアムパラゴン、セントラルワールド、サラデーン、エカマイ、エスプラネードの5店あり
営業時間:店舗によって異なりますが、おおよそ10:00~22:00 無休の店がほとんど
公式サイト(英語):https://www.mkrestaurant.com/en

コカレストランは大人のタイスキ?

コカレストランは大人のタイスキ?

MKが庶民の味・万人向けの味なら、コカレストランは大人の味。タイ人ファミリーや日本人ビジネスマンのハレの日や接待時によく利用されているタイスキのお店です。店舗数はMKと比べると圧倒的に少なく、バンコクに8店あるだけですが、ちょっと贅沢な気分を味わいながらタイスキを食べたいというときにピッタリです。

コカレストラン

それだけに店舗の外観もインテリアも非常に高級感があり、落ち着いた雰囲気。優雅な気分に浸れます。個室も用意されているので、内輪だけで盛り上がりたいときにはオススメです。

肝心のタイスキの中身はどうでしょうか。コカレストランの特徴の一つは、スープの種類が多いこと。一番ベーシックな野菜スープのほかに、トムヤムクンスープ、肉骨茶(バクテー)スープ、魚スープ、朝鮮人参スープが揃っています。仕切りのついた鍋で2種類のスープを楽しめるのもうれしい点です。ただ、トムヤムクンスープや肉骨茶スープは食べているうちに飽きてくるかもしれません。たくさん具を食べるなら野菜スープがオススメです。

コカレストランは大人のタイスキ?タレ

タレは、MKよりもややとろっとしていて、かなり甘め。タイらしい甘さが感じられる味付けになっていますが、にんにくや唐辛子をプラスして自分好みの味に仕上げられる点はMKと同じです。

コカレストラン具材

具材のラインナップを見ると、セットの充実ぶりに驚かされます。野菜セット、コンボセット、肉セット、シーフードセット、野菜と肉とシーフードがほどよくミックスされたコンボセット、豪華版のスープリームセットの5種類が揃っています。私のオススメは598バーツ(約1800円)の肉セット。2人~3人前で、野菜もたっぷりと入っているので、ヘルシーにかつお腹いっぱいにタイスキを楽しめます。

アラカルトの具材の顔ぶれはMKとほぼ同じ。人気があるのは、エビワンタンやイカの魚のすり身詰めなど。つみれ類の豊富さはMK同様、タイスキの大きな魅力です。

コカレストランサイドメニュ

タイスキ以外のサイドメニューにも魅力的な料理が用意されています。ぜひとも食べたいのは、ごまの海老トーストやアヒル肉の燻製など。サイドメニュー目当てでコカレストランに通うファンもいるほどです。

予算は、アルコールを頼んだ場合、一人あたり1000バーツ(約3000円)前後。決して安くない値段ですが、スタッフのサービスも良く、上質な空間の中でゆったりとタイスキを味わえます。一度ぜひ出掛けてみてください。

コカレストラン
店舗:サイアムセンター、サイアムスクエア、セントラルワールドなどバンコク市内に8店
営業時間:店舗によって異なるが、おおよそ10:00~22:00 無休の店がほとんど
公式サイト:http://www.coca.com/coca_group/cocagroup.html

いかがでしたか。MK、MK GOLD、そしてコカレストラン。それぞれ独自の魅力にあふれています。タイスキは、大勢でわいわいとおしゃべりしながら食べられるタイ料理の定番。火をしっかり通すため、衛生的にも安心で、消化が良い具材が多いのもうれしい料理です。タイを旅行するなら、MKやコカレストランでタイスキを味わってみませんか?

バンコクのホテルを探す

バンコクへの航空券を探す

バンコク旅行・ツアーを検索