ジムトンプソンアウトレットで極上タイシルクを安く手に入れよう!

ジムトンプソンアウトレットで極上タイシルクを安く手に入れよう!

タイを代表する土産物ブランドの代表格といえば、ジムトンプソン。上品で洗練されたシルク製品の数々は、タイを訪れた観光客を魅了し続けています。そのジムトンプソンが、正規の店には並ばないサンプル品や型落ち、ちょっと傷がついたアウトレット品をバンコク市内で販売していることをご存知ですか?

ファクトリーアウトレットはバンコク中心部からちょっと離れた場所にありますが、年中無休のこの店に来れば、ベッドリネンやバッグ、ストール、小物類まで、憧れのジムトンプソン製品がおおむね3割~5割引きで手に入ります。「2個買えば1個無料」で販売されているアイテムも多数! 自分用として、家族や友人に配るお土産用として、ファクトリーアウトレットに出かけてみませんか?

ジムトンプソンファクトリーアウトレットの行き方をお教えします

ジムトンプソンファクトリーアウトレットの行き方をお教えします

ジムトンプソンファクトリーアウトレットは、バンコク中心部を走るスカイトレイン(BTS=高架鉄道)のバンジャーク(Bang Chak)駅から徒歩5分強の場所にあります。

バンジャークまでは、ベーリング行きのスクンビット線に乗りましょう。バンコク中心部のアソークやプロンポンから乗ると、オンヌット駅の隣がバンジャーク駅です。

駅に到着したら5番出口に向い、右手にある階段を降りて、スクンビット大通りをオンヌット方向に向かって歩きます。1分ほど歩くと、セブン-イレブンが見えてくるので、その手前の道(ソイ93)を右に曲がりましょう。やがて、通りの左手にうっそうと緑が茂る一帯が突助、出現します。ジムトンプソンの看板も目に飛び込んでくるはず。そう、ここが、ジムトンプソンファクトリーアウトレット!

駅からの道はわかりやすいので迷う心配はありません。BTSを使えば、誰でも気軽に足を運ぶことができます。

どこで何を買えばいいの? アウトレット店の中を徹底解剖

ジムトンプソンファクトリーアウトレットは1階~5階までの5層構成。それぞれのフロアで何を扱っているのか、ご紹介しましょう。

1階 シルク・絹織物
2階 綿&リネン織物
3階 シルク&ポリエステル織物
4階 ネクタイ・スカーフ・小物・かばん・衣類・その他
5階 毛布・カーペット・クッション&コーヒーショップ

どこで何を買えばいいの? アウトレット店の中を徹底解剖

ざっと分けると、1階~3階は絹や綿、リネンなどの反物が、4階小物や衣類などの服飾雑貨が、5階はインテリアやベッドファブリックが販売されています。1階~3階は、洋服のオーダー用やオリジナルのベッドカバーなどを仕立てる人が利用するフロア。必要な長さを告げれば、ジムトンプソンの生地を購入できます。スタッフにどれぐらいの尺が必要なのか、用途に応じた生地の種類などを相談することもOK。手作り派、オーダー派にはうれしいフロアといえます。

お土産用の既製品を買いたいという方は、1階の売り場の奥にあるエレベーターを使って、4階か5階にダイレクトに足を運んでみましょう。そこはジムトンプソン製品の宝庫。「3割~5割オフ」という価格設定が信じられないほど、商品は美しく優雅に整然と並べられています。

アウトレット店の中を徹底解剖

とりわけ、買いやすい価格のバッグや小物類が揃う4階は、旅行客で一番にぎわっているフロア。さまざまなサイズや形のポーチが集結した一画は必見です。手帳やミラーなど、バッグに入れておくとテンションが上がりそうなオシャレなデザインのアイテムもズラリ。ここに来れば、もうお土産選びに困ることはないでしょう。

ベッドファブリック類

5階は、価格が高めのベッドファブリック類やクッションなどがメインのフロアですが、食品も置いてあるので要チェック!

ジムトンプソン

知らない方も多いのですが、ジムトンプソンではオリジナルブランドのドライフルーツやスナック、チョコレート、紅茶、タイ料理の調味料なども発売しています。味もさることながら、パッケージが美しいのでお土産にはぴったり。「ジムトンプソンって食品もあったんだ」と驚かれること必至です。

ズバリ、予算別にオススメ商品をピックアップ!

タイ旅行でお土産にかけるあなたの予算はいくらぐらいですか?ここでは、500円以下、1000円以下、3000円以下、5000円以下に分けて、ファクトリーアウトレットでのオススメ商品をピックアップしてみました。ご参考にどうぞ。

①500円以下

*コースター

コースター

美しい柄が施されたコースターはいかが? 2枚セットで100バーツ(約320円)とお手頃です。柄がたくさん揃えられているので、何種類か買うと食卓がにぎわいを増しそうです。

*ライスクラッカー

ライスクラッカー

ジムトンプソンのお菓子「Tropicak Paradise」シリーズのライスクラッカーは140バーツ(約450)。さくさくとした食感とスパイシーな風味、上品なパッケージで人気です。味はトムヤム味、エビ味、スリラチャソース(激辛ホットソース)味、蟹カレー味の4種類。どれもタイらしい仕上がりです。商品の前には試食用の商品が展示してあるので、ぜひ味をチェックしてみてください。

②1000円以下

1000円以下ポーチ

*ポーチ
小さなポーチから、収納力のある大きなポーチまで、豊富なバリエーションを誇るジムトンプソンのポーチ。売り場をじっくり探せば、同じ柄でサイズ違いを購入することもできます。私の場合、艶やかなピンクのデザインが気に入り、同じ柄で大中小の3種類を手に入れました。

ポーチ

価格は、小銭入れにちょうどいい小さなサイズが250バーツ(800円)、バッグに入れるにはちょうどいい中サイズのポーチが330バーツ(約1000円)。ちょっと予算オーバーですが、大サイズは540バーツ(約1800円)。コスメのみならず、薬を入れたり、スマホ用のバッテリーを入れたりと、さまざまな用途に使えそうです。アウトレット店でも、色違い、柄違いのポーチが豊富に揃っているので、必ず好みの品が見つかるはずです。

*ドライマンゴー

ドライマンゴー

「Tropicak Paradise」シリーズのドライフルーツなら1箱250バーツ(約800円)。うれしいのは、このドライフルーツは「2個買うと1個無料」で販売されていることが多いこと。買うならやはり、タイらしいフルーツのマンゴーで! 500バーツ(約1600円)で3個ということは、1個あたり167バーツ(約530円)。ぐっとお手頃価格になります。

③3000円以下

*ストール

ストール

3000円以下のお買い得品なら、ズバリ、シルクのストールがオススメです。色・柄ともにジムトンプソンらしいデザインで、アウトレットで買えば1枚900バーツ(約2900円)〜。見逃す手はありません。大判のサイズになると、1500バーツ(約5000円)しますが、用途の広いストールをお探しの方にはこちらもチェックしてみてください。

④5000円以下

*トートバッグ

トートバッグ

この価格帯で手頃なアイテムを探すなら、トートバッグはいかがでしょうか。現代的なデザインをあしらいつつ、ジムトンプソンらしい風格も感じさせるトートバッグが多数揃っています。収納力もあり、ポケットもついて機能性も備えた上品なバッグなら、仕事にもオフタイムにもぴったり。アウトレット品が集結したワゴンの中身を吟味して、
満足のいくジムトンプソン製品を見つけてください。

ジムトンプソンファクトリーアウトレットがうれしいのは、アウトレット店にありがちなチープな印象がまったくないこと。落ち着いた空間の中で、お買い得価格の美しいタイシルク製品をお買い物できます。ただし、閉店時間が18:00と早いので要注意。時間に余裕を持ってお買い物に出かけてください。

ジムトンプソンファクトリーアウトレット(Jim Thompson Factory Sales Outlets)
住所:153 Soi Sukhumvit 93, Bang Chak, Phra Khanong, Bangkok
営業時間:09:00〜18:00 無休
公式サイト(英語):http://www.jimthompson.com/

バンコクのホテルを探す

バンコクへの航空券を探す

バンコク旅行・ツアーを検索