水餃子、焼き餃子、蒸し餃子! 台北のおすすめ餃子専門店3選

水餃子、焼き餃子、蒸し餃子! 台北のおすすめ餃子専門店3選

日本でもおなじみの中華料理の1つ餃子。具材や皮、焼き方などでそれぞれのお店の味が楽しめるバリエーション豊富な料理です。台湾では朝食のメニューとしても、さらに昼食、夕食にと老若男女問わず愛される伝統料理でもあります。台湾には屋台から餃子専門店まで無数の餃子店がありますが、今回は台北のおすすめ餃子専門店3選と台湾を代表する餃子チェーン店「八方雲集」をご紹介します。

台湾の餃子と日本の餃子の違いは?

台湾の餃子と日本の餃子の違いは

餃子は中国山東省発祥の料理と言われ、その歴史はとても古いと言われます。焼き餃子が一般的な日本と比べ、台湾では餃子と言えば水餃子が主流です。日本では、ご飯のおかずとして餃子を食べることが多いですが、台湾では餃子は小麦粉を使った主食の1つとして扱われており、皮が厚めにできていて食べ応えがあります。小麦粉を使った皮に豚肉や野菜を使った餡が入っているので、主食と副菜が1つになっている料理です。餃子に酸辣湯(サンラータン)などのスープを合わせて食べるのも一般的です。

台北でおいしい餃子が楽しめるおすすめのお店3選

台北でおすすめの、【焼き】【茹で】【蒸し】の餃子が美味しいお店をご紹介します。

【焼き】パリパリ焼き餃子がおすすめ「馥陽鍋貼水餃專賣店」

寧夏夜市の中にある餃子専門店、「馥陽鍋貼水餃專賣店」(フーヤングオティエシュイジャオヂュァンマイディェン)。焼き餃子(鍋貼/グオティエ)と水餃子(水餃/シュイジャオ)どちらも楽しめるお店ですが、特にパリッとした焼き加減の焼き餃子「招牌鍋貼」(ザオパイグオティエ/10個60元)がおすすめです。

馥陽鍋貼水餃專賣店

厚みがあって食べ応えのある皮はサクッと焼き上げられています。粗目に刻んだキャベツと豚肉の餡は、しっかりキャベツの甘みを感じることができ、にんにくも使用していないのでさっぱりとして食べやすい餃子です。そのままでもおいしいですが、タレコーナーにある醤油ダレやお酢、豆板醤などを組み合わせてお好みのソースをつけて食べるのがおすすめです。餃子1個あたりも大きくて、1皿でボリューム満点です。

酸辣湯

餃子のお供、「酸辣湯」(サンラータン/30元)もお忘れなく。こちらのお店の酸辣湯は千切りの筍がたっぷり入って具沢山です。酸味もしっかりきいて餃子との相性も抜群です。トッピングのコリアンダーが要らない人は先に「香菜不要」と書いて伝えてください。酸辣湯に水餃子を入れた「酸辣湯餃」(サンラータンジャオ/水餃子6個入り60元)なら水餃子と酸辣湯を一度に楽しめます。

馥陽鍋貼水餃專賣店

いつも焼きたて、茹でたてのおいしい餃子が楽しめる「馥陽鍋貼水餃專賣店」はいつも地元の人でにぎわっています。オーダーは注文票に書き込んでお店の人に渡します。餃子は10個単位での注文です。

馥陽鍋貼水餃專賣店(フーヤングオティエシュイジャオヂュァンマイディェン)
台北市大同區寧夏路26號之2
(寧夏夜市の南側エリアにあります)
MRT雙連駅より徒歩約10分
電話:02-2555-8960
営業時間:11:30~AM1:00
※不定休

【茹で】エビ&ナマコ入りジューシー水餃子がおすすめ「餃子樂」

30年以上続く老舗の餃子店の2代目が、おしゃれに餃子を楽しめるカフェ風の餃子専門店を作りたいと始めた「餃子樂」(ジャオズラー)は、伝統の味にモダンさを加えた新発想の餃子が楽しめます。焼き餃子もおいしく人気ですが、もちもちの皮にジューシーな餡が詰まった水餃子がおすすめです。

餃子樂

「三鮮海味餃子」(サンシェンハイウェイジャオズ/5個75元/写真手前)は、エビ、ナマコ、イカという3つの海の幸に、豚肉、セロリ、黄ニラなどを合わせた豪華な具材が特徴です。それぞれの具材の味わいが楽しめ、噛めば噛むほど旨味が広がります。「辣辣der高麗菜餃子」(ラーラーダガオリーツァイジャオズ/5個65元/写真奥)は、3種の唐辛子を使用したラー油ダレで食べる水餃子。スパイスがしっかり効いたピリ辛な味わいがクセになります。餃子はキャベツと豚肉の餡で、シャキシャキとしたキャベツの食感と素材の甘みが楽しめます。トッピングのコリアンダーが要らない人は先に「香菜不要」と書いて伝えてください。

水餃子は厚めのもちもちとした生地を使用し、焼き餃子は薄めの皮を使用するこだわりぶり。

什麼都想要煎餃子

こちらも人気の「什麼都想要煎餃子」(シェンマドシャンヤオジェンジャオズ/3味×各2個計6個130元/写真手前)は、エビ入り、シソ入り、ニラ入りの3種の豚肉焼き餃子のセットです。羽根つきになっていてパリパリとした食感や香ばしさも加わりおいしさも倍増。他にもスープや麺、小鉢などのメニューも充実しています。

まるでカフェのような雰囲気も新鮮な餃子店「餃子樂」、清潔感もあり、入りやすい雰囲気は旅行者にもうれしいお店です。日本語メニューもあるので安心ですよ。

餃子樂

餃子樂(ジャオズラー)  信義店
台北市信義區忠孝東路五段59號
MRT市政府駅4番出口より徒歩約30秒
電話:(02) 2765-7721
営業時間: 11:30~20:45
※日曜日定休

【蒸し】ボリューム満点もちもち蒸し餃子「頂好紫琳蒸餃館」

忠孝復興駅にある複合型施設「頂好名城」の地下一階に位置する蒸し餃子専門店「頂好紫琳蒸餃館」(ディンハオズーリンジェンジャオグァン)は、地元の若者たちに人気のお店です。看板メニューの「鮮肉蒸餃」(シェンロージェンジャオ/10個90元)は、豚肉餡の蒸し餃子。蒸した皮はもっちりとした食感で、水餃子よりも弾力があります。豚肉餡には葱も入っており、味わいのアクセントになっています。ソースコーナーには、醤油や酢、ごま油、ラー油など、様々な調味料があるのでお好みのたれを作って楽しめます。

頂好紫琳蒸餃館

オーダーが入ってから1つずつ包んで蒸しあげるため、少し時間がかかりますが、出来立ての蒸し餃子の皮のもちもち感は一度食べたらやみつきになるほどです。豚肉餡以外にも野菜を包んだ「花素蒸餃」(ホァスージェンジャオ/10個95元)もあります。

頂好紫琳蒸餃館

台北切ってのファッションエリアでもある東區エリアに位置し、ファッションショップで働くおしゃれな若者たち御用達のお店でもあります。おいしい蒸し餃子を食べながら台湾のトレンドを感じるのもいいですね。

頂好紫琳蒸餃館

頂好紫琳蒸餃館 (ディンハオズーリンジェンジャオグァン)
台北市忠孝東路四段97號B1之19 (頂好名城内B1)
MRT忠孝復興駅より徒歩約5分
電話:02-27520962
時間:11:00~21:00

台湾の餃子専門店と言えば! 国民的餃子チェーン店「八方雲集」もお忘れなく!

八方雲集

台湾で知らない人はいないと言える国民的餃子店「八方雲集」(バーファンユンジー)、赤と黄色の看板がトレードマークです。その店舗数は台湾全土約950店舗、さらに中国に約200店舗、香港にも約80店舗を展開しています。台湾のマクドナルドの店舗数は約400店舗、マクドナルドよりも店舗が多い餃子チェーン店です。日本全国のケンタッキー・フライド・チキンの店舗数が約1,100店舗、そして九州ほどの大きさの台湾に約1,000店舗となれば、その店舗数の多さと密集度を実感できます。台北では地下鉄各駅付近に1店舗以上の割合で店舗を構えていることになります。

1998年に創業した八方雲集は、台北の天母エリアに第一号店を構えました。当時ビジネスに行き詰まり困り果てた創業者が、母の好きだった餃子で新たなビジネスを始めてみることにしたのが始まりで、家族総出で始めた餃子専門店は、そのおいしさから評判を集め、支店を出すほどになりました。その後、フランチャイズ方式を取り入れ、店舗展開を広げ、台湾を代表する餃子専門店へと成長しました。

台湾全土に3か所あるセントラルキッチンにて餡と皮を製造し、毎日各店舗へと配送し、店舗で餃子を包むというシステムで新鮮な食材でおいしい餃子を提供しています。なんと毎日台湾全土の八方雲集で使用する豚肉は15t、キャベツは25tにも及びます。豚肉の一部はヨーロッパ産のものも使用しますが、野菜は台湾の提携農家から仕入れる台湾国産のものを厳選しています。

八方雲集

独自のデータ管理システムを取り入れ、毎日の正確な売り上げ予想に基づき、セントラルキッチンでの製造量を決定するため、毎日ほぼ在庫ゼロの状態を達成しているのも八方雲集がここまで成長を遂げた大きなポイントの1つです。

豊富な餃子のメニューも人気の秘訣。焼き餃子「鍋貼」(グオティエ)はオーソドックスな豚肉餡、ニラ入り、キムチ入り、コーン入り、カレー味、ベジタリアン餃子と6種のバリエーションがあります。豚肉餡は1個5元、それ以外は1個5.5元です。

焼き餃子「鍋貼」

水餃子「水餃」(シュイジャオ)は7種類。焼き餃子と同じく、豚肉餡、ニラ入り、キムチ入り、コーン入り、カレー味、ベジタリアン餃子に加え、エビ入りがあります。豚肉餡は1個5元、エビ入りは1個8元、それ以外は1個5.5元です。皮に色を付けることで、厨房のミスを予防する工夫もしています。カラフルな皮の色は、ニンジンの葉のエキス、しょうがなど、どれも天然の素材を使っています。焼いた時に皮がパリッとするように、焼き餃子の皮は薄め、水餃子はもちっとした食感を楽しめるように皮が厚めになっており、どちらもそれぞれ専用の皮があります。台湾では1人分10個以上から注文できるお店が多いですが、八方雲集ではどれも1個から注文可能で、少しずつ色々な味わいが楽しめるのも嬉しいです。

水餃子「水餃」

他にもサンラータンをはじめとするスープ、箸休めの小鉢、他にもワンタンなども取り扱っています。毎日食べても飽きないほどメニューの種類が多いのも、多くの人に愛される理由の一つです。

MRT公館駅から徒歩5分ほどの場所にある八方雲集台大店は、台湾全土に60店舗ある直営店の1つです。広々としたカフェのようなデザインで、一人がけ用のカウンター席も充実、気軽に利用しやすい雰囲気です。

八方雲集(バーファンユンジー) 台大店

台湾の餃子文化を代表するお店ともいえる八方雲集。台湾を訪れたら行ってみたいお店の一つです。

八方雲集(バーファンユンジー)
台大店
台北市大安區羅斯福路3段333巷9號
MRT公館駅から徒歩約6分
電話:02-2362-5189
営業時間:10:30~21:30

日本でも人気料理の餃子ですが、台湾の餃子は日本の餃子とはまた違ったおいしさがあります。それぞれのお店の個性が光り、食べ比べをしてみるのもおもしろいです。台湾を訪れたらぜひ焼き、茹で、蒸しのバリエーション豊富な餃子を味わってみてください。

台北のホテルを探す台北への航空券を探す台北旅行・ツアーを検索