ギラギラと照りつける太陽に、湧き上がる入道雲…いよいよ夏本番!今年も待ちに待ったマンゴーの季節がやってきました。台湾旅行の目的といえば、真っ赤に熟したマンゴー!という人も多いこの季節。ボリュームたっぷりのマンゴーかき氷もいいですが、ちょっと違うマンゴーを楽しんでみませんか?

台湾南部に位置する台南では、甘くて新鮮なマンゴーをたっぷり使ったスイーツが、リーズナブルに楽しめます。南国ならでは、夏ならではのマンゴーを、いろいろな形で味わっちゃいましょう!

マンゴーの産地は台南にあり!

マンゴーの産地 台南

夏のフルーツであるマンゴーは、だいたい5月の終わりごろから9月の初め頃まで市場に出回ります。ただ、出始めと終わりの頃のマンゴーは酸味が強く、最も甘くておいしいマンゴーが味わえるのは、最盛期の7、8月と言われています。
そして、台湾で最も多くマンゴーが生産されているのが南部の都市台南で、中でも玉井はマンゴーの聖地として名高い街です。夏真っ盛りの玉井の青果市場では、赤や黄色、緑など色とりどりのマンゴーが、カゴにどっさりと積まれ、売られている様子を見ることができます。マンゴーというと真っ赤なアップルマンゴーを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、その色や形、大きさはさまざまです。

玉井から車で1時間ちょっとの場所に位置する、台南市中心部では安くて良質なマンゴーが手に入りやすく、夏には期間限定でマンゴースイーツを提供するお店もたくさんあります。

台南でリーズナブルに楽しめるマンゴースイーツ5選

究極のクオリティーを求めたマンゴーミルクレープ
藍咖啡館(シェンラァン カァーフェィグゥァン)

マンゴーミルクレープ

薄いクレープの生地を40層にも重ねた程よい甘さのミルクレープは、口の中ですぐ溶ける繊細な味わい。旬のマンゴーをサンドした芒果千層蛋糕(マンゴー チィェンツァン ダァーカァォ)(250元 約900円)は、マンゴーシーズンの夏だけしか出会えない期間限定商品です。台湾にミルクレープを浸透させたお店として名高い深藍咖啡館の女性オーナーは、日本で食べたミルクレープに衝撃を受け、何度も試行錯誤を繰り返し、やっと今のクオリティーにたどり着いたそう。タマゴや生クリームなど、原料にもこだわったこのお店のミルクレープにはファンも多く、カラフルポップな店内はいつもたくさんのお客さんでにぎわっています。

深藍咖啡館(シェンラァン カァーフェィグゥァン)

この味に出会ったら、もう他のミルクレープは食べられませんよ。

深藍咖啡館
住所:台南市東區府連東路55號
電話:06 238 7722
営業時間:8:00~20:00
公式サイト:http://www.deepblue-cafe.com.tw/

モチモチ&ジューシーな組み合わせが癖になるマンゴー大福
福樂屋(フゥロゥーウー)

マンゴー大福

大ぶりの完熟マンゴーを、とろけそうなほど柔らかいおもちで包んだマンゴー大福は、ひとつ50元(約180円)。
クリームチーズが隠し味のマンゴークリームに、ジューシーで甘酸っぱいマンゴーが絶妙にマッチしています。

福樂屋(フゥロゥーウー)

マンゴーの他にキウイやバナナなどのフルーツ大福が看板メニューの福樂屋は、創業1968年の日本のテレビ番組でも紹介されたことがある有名店。おもちを使ったスイーツは台湾でもよく見かけますが、マンゴーとのコラボは珍しいので、試してみる価値ありです。

福樂屋
住所:台南市中西區忠義路二段113號
電話:06 221 2727
営業時間:9:00~21:00
公式サイト:http://www.flmg.com.tw/

素材のおいしさを活かしたマンゴーソルベ
得意吉義式冰淇淋專賣店(ドゥーイーヂィーイーシィーピンチィーリィン )

マンゴーソルベ

玉井産の愛文マンゴーをたっぷりと使った得意吉のソルベは、色からもわかるほど濃厚で、口当たりも滑らか。
マンゴー本来の甘酸っぱさを、ひんやりソルベで楽しめるので夏におすすめ。写真はマンゴーとバナナの組み合わせです。

ミルクをベースにしたジェラートと、フルーツをベースにしたソルベを販売する得意吉のショーケースには、毎日顔ぶれの替わるカラフルなアイスがずらりと並んでいます。1フレーバーは70元(約260円)で2フレーバーなら100元(約370円)。15元(約55円)でプラスできる香ばしいワッフルコーンももちろん手作りです。

得意吉義式冰淇淋專賣店(東豐店)
住所:台南市北區東豐路323號
電話:06 236 5377
営業時間:12:00~22:00
公式サイト:http://dishege.com.tw/

プルプル!素朴な甘さのマンゴープリン
韓金婆婆(ハァンヂィン ポォーポォー)

マンゴープリン

食欲のない暑い日でもプリンは別腹! 酸味の効いたソースと、素朴な甘さのプリンの組み合わせが絶妙な芒果布丁奶酪(マンゴープリン/35元 約130円)は、韓金婆婆の人気メニューです。「豆腐酪」と呼ばれるこのお店のプリンの歴史は、日本統治時代にまでさかのぼります。まだプリンというものが珍しかった時代、日本人から独自に教わったというプリンが、豆腐のような食感と四角い形をしていたことに由来するそう。今では丸い形になったものの、プリンのような、豆花のような食感が楽しめる一品です。

韓金婆婆(赤崁店)
住所:台南市中西區赤崁街1號
電話:06 222 0237
営業時間:10:00~21:30(土日は9:00~22:00)
公式サイト:http://www.2826089.com.tw/

南国の恵みをお持ち帰り!贅沢ドライマンゴー
玉井之門(ユーヂィンチィーメェン)

ドライマンゴー

フレッシュなマンゴーは、日本へ持ち帰ることができません。それなら、マンゴーのおいしさをギュッと濃縮したドライマンゴーでお持ち帰りしましょう!

ドライマンゴー

完熟の愛文マンゴーを贅沢に使ったドライマンゴーは、風味豊かでお土産に喜ばれること間違いなしです。色素や防腐剤などの添加物を使っていないこともドライマンゴーを選ぶ際のポイントになりますが、玉井之門のドライフルーツはもちろん無添加。無糖タイプでも、素材本来の甘さが十分味わえます。夏限定の無糖愛文芒果乾(1パック280元 1,025円)は、チャンスを逃すと1年待ちになってしまう人気商品なのでお早めに!

玉井之門(赤崁店)
住所:台南市中西區民族路二段325號
電話:06 221 8713
営業時間:10:00~21:00
公式サイト:http://www.5755918.com.tw/

真夏の台湾には、フレッシュなマンゴーを使ったスイーツがめじろ押し!リーズナブルにお腹いっぱい食べられるのは、南国ならではの特権です。ぜひこの季節をお見逃しなく!

台南のホテルを探す

台南への航空券を探す

台南旅行・ツアーを検索