近ごろ台湾リピーターの間で、人気急上昇中の観光都市「台南」は、台北から新幹線で約2時間弱。古い街並みの残る台湾最古の街であり、美食の街としても有名な都市です。そんな台南へご旅行をお考えの方に、朗報です!2017年より、公共レンタサイクル「T-Bike」の導入が始まり、レンタルステーションも続々と増えて、移動が便利になっています。細い路地が多く、見どころがコンパクトにまとまっている台南では、自転車での観光が効率的。今回は、T-bikeの利用方法と自転車でめぐるおすすめコースをご紹介します。

台南に新しく導入されたT-Bikeって?

T-Bikeは、台北で以前から運営されているレンタサイクル「YouBike」の台南版です。グリーンの車体でワイヤーロック、スマホホルダーも装備しているシンプルですが機能的なつくりです。現在、市街地を中心にあちこちでステーションの設置が進められており、借りた場所と異なるステーションでの返却もOKです。ステーションの位置情報や、リアルタイムでの自転車の在庫情報は、ホームページにて確認することができます。料金は30分ごとに10元で、24時間の最大料金は100元と定められています。

T-Bike
公式サイト(英語): https://tbike.tainan.gov.tw/Portal

実際に借りてみよう!

それでは、さっそくT-Bikeを借りてみましょう!
借りるためには、悠遊卡(Easy Card)または一卡通(iPass)などのICカードを使用する方法と、クレジットカードを利用する2種類の方法があります。それぞれの利用方法をご紹介します。

悠遊卡(Easy Card)・一卡通(iPass)を使ったレンタル方法

①会員登録をする

T-Bikeのステーション

コンビニや駅などで購入&チャージできる悠遊卡と一卡通ですが、T-Bikeを利用する前に、このカードへの会員登録が必要になります。その際に電話番号を入力が必須な為、台湾で利用できるSIMカードの入った携帯電話も必要なのでご注意ください。

会員登録方法は、T-Bikeのサイト内にある「開卡註冊」から事前に行うこともできますが、各ステーションに設置された「キオスク」という縦長の端末で行う方が、日本語で操作できるので簡単です。案内に従い、携帯番号を打ち込むとショートメッセージでパスワードが届きます。それを入力し、カードをセンサーにかざせば登録完了です。

②自転車を選ぶ

次に借りたい自転車を選びます。この時にタイヤの空気量もしっかりチェックしておきましょう。

③カードに情報を登録する

T-Bike 自転車が接続してあるバーの端末

自転車が接続してあるバーの端末にカードをかざし、借りたい自転車の停車位置番号を矢印で選びOKボタンを押します。

T-Bike 自転車の接続口

すると、選択された自転車の接続口に赤いランプが点滅します。ロックを解除するには、赤いボタンを押して自転車を引き出せばOKです!

旅行者におすすめ!クレジットカードを利用したレンタル方法

①カード情報を入力し自転車を選ぶ

T-Bike ステーション

クレジットカードは、登録などが必要ないため旅行者におすすめです。

まず、ステーションに設置された「キオスク」にカードを挿入し認証番号を入力します。

クレジットカードの場合、自転車の停車位置番号の入力もキオスクで行うので、操作を行う前に借りたい自転車を選んでおきましょう。そうすれば、不意にクレジットカードが盗まれ悪用される…といったことを防ぐことができます。

②自転車を取り出す

取り出し方法は、iPassと同じです。選択された自転車の接続口に赤いランプが点滅するので、赤いボタンを押してプラグを引き出してください!

T-Bikeでめぐりたいおすすめコース

T-Bikeをレンタルしたら、さっそく台南街散策に出かけましょう! 台南の見どころは駅の東側に多く集まっています。台南駅をから歴史ある建物や、古民家カフェ、おいしいと評判の小吃店などをめぐる、約4㎞のおすすめコースをご紹介します。

それほど長い距離ではありませんが、南国の日差しは強烈なので、十分に日焼け対策を行い、こまめに水分補給を心掛けながら、楽しんでくださいね。

台南火車站〈駅)の東側ロータリーにあるステーションで、T-Bikeを借り出発します!!

赤崁樓(ツーカンロウ)

赤崁樓 (ツーカンロウ)

中山路から民族路を右手に曲がり「赤崁樓」へ。

台南のランドマーク的存在である赤崁樓。このあたりには古跡が多く、近くにある「大天后宮」と「祀典武廟」も縁結びの神様がいることで有名です。

國華街(グゥオフゥアヂィエ)

國華街 (グゥオフゥアヂィエ)

民族路を東に進み、老舗B級グルメ店がひしめく「國華街」との交差点へ。

朝市が隣り合わせになっている為、早朝からにぎわうこの通りには、台湾式生春巻きの「金得春捲」や、フカフカの中華バーガーの「阿松割包」、それに碗粿というプルプルとした食感のお米茶碗蒸しが楽しめる「富盛號」などが並んでいます、どちらもごはん時には行列覚悟の有名店です。

國華街(グゥオフゥアヂィエ)

正興街(ヂァンシィンヂィエ)

正興街(ヂァンシィンヂィエ)

國華街を南下し、若者たちに人気の通り「正興街」へ。

半分にカットしたメロンの上に、季節のアイスをのせた贅沢スイーツが味わえる「泰成水果店」や、ソフトクリームの有名店「蜷尾家」など、スイーツのお店が多く軒を連ねるこのエリアでちょっと一息つきましょう。

泰成水果店

近くの西市場にも「凰商號」「Chun純薏仁」「杏善本」など、レトロな雰囲気のスイーツ店があります。

林百貨(リンバイフォ)

林百貨 (リンバイフォ)

中正路を東に進み、台南らしいレトロなデパート「林百貨」へ。

林百貨はリバイバルされた昭和のデパート。台南みやげやメイドイン台湾の雑貨などがそろい、見どころ満載です。

孔子廟(コンツーミャオ)

孔子廟 (コンツーミャオ)

忠義路二段を南下し、友愛街を左手に曲がると見えてくるのは「孔子廟」。

台湾の各地にある孔子廟ですが、台南の孔子廟が台湾で最も古く歴史ある孔子廟であり、台湾最古の学校です。

窄門(ジァィメェン)

窄門 (ジァィメェン)

そこから南門路ぞいにある孔子廟の入り口の、斜め向かいにある「窄門」へ。

ここは、お店への入り口となる門が驚くほど狭いことで有名なカフェです。店内も異国情緒たっぷりでフォトジェニックな場所です。

府中街(フゥージォンヂィエ)

府中街 (フゥージォンヂィエ)

孔子廟の東側に位置する「府中街」へ。

ここはノスタルジックな雰囲気のある商店街。休日は出店も並び、にぎやかになります。一串2元のおでん屋「台湾黒輪」がおすすめです。

開山路、中山路を通り台南駅へ戻り自転車を返却しましょう。

返却の手続きも簡単!

最後に返却手続きをして、街散策は終了です。

①赤いランプが点灯している空の停車位置へ返却

赤いランプが点灯している接続口にプラグをセットすると、ランプが緑に切り替わります。自転車を後ろに引き、ロックされていることを確認してください。

②カードで返却登録

悠遊卡と一卡通は、バーに設置されている端末にカードをかざせば、返却終了。

クレジットカードの場合は、キオスクで返却の操作を行えばOKです。お疲れ様でした!

ICカードかクレジットカードがあれば、とっても簡単に利用することができるT-Bike。ステーションと、行きたいスポットの位置関係を確認しておくだけで、時間もお金も有効に使うことができますよ。
台南の新しい観光スタイル、T-Bikeをぜひ体験してみてくださいね。

参考:https://tbike.tainan.gov.tw/Portal/Instruction/RentalInformation

台南のホテルを探す

台南への航空券を探す

台南旅行・ツアーを検索