週末を利用してぷらっと運気を上げにいく……そんなお気楽なひとり旅が、片道4時間以内の台湾なら実現可能です。ここではご利益別に台北おすすめのパワースポット5カ所をご紹介。信心深い地元の人々が祈りを捧げる寺廟を巡って、ココロの浄化を目指しましょう。

 

まずは最強パワスポの「龍山寺」へ

「台北最強のパワースポット」と最も呼び声高いのが、市街西部の龍山寺(ロンサンスー)。1738年に着工した、台北で最も古い寺院です。度重なる災害や戦争を経て、何度も改修工事が行われていますが、特に本殿は目を見張るほどの美しさ。細やかな龍の彫りが施された銅製の柱や豪華絢爛な螺旋状の飾り天井は必見です。そして本殿中央には仏教の神様、聖観世音菩薩が鎮座しています。第二次世界大戦の米軍爆撃に正殿が被害に遭った際に唯一消失を免れたことから、除災のご利益があると信じられています。

後殿には道教の神像が多数祀られています。恋愛、安産、学業、病気平癒など、分野によって分かれているので、ご利益別にお参りするといいでしょう。出口付近の売店では数珠やお守りも多数見つかります。

 

縁結びを期待するなら「霞海城隍廟」!

恋愛運をアップさせたい人に絶大な人気なのは、乾物問屋が軒を連ねる迪化街(ティーホアジェ)に立つ霞海城隍廟(シアハイチェンファンミャオ)。ここに祀られている神様「月下老人」が男女の良縁を取りもつとして、恋愛成就を願う女性が多く訪れます。初めて参拝する際はお供えセットを購入し、日本語で書かれた参拝手順に沿ってお参りを。その中にお守りが封入されているので、大切に持ち帰りましょう。ちなみに既婚者にとっても夫婦・家庭円満のご利益があるので、訪れる価値アリですよ。

 

占いも有名な「行天宮」で商売運アップ

『三国志演義』読者なら知らない人はいない将軍、関羽。現在では「関聖帝君」と神格化され、商業の神として崇められています。行天宮(シンティエンコン)はそんな関羽を主神とし、仕事運のアップを願う人々が集まる霊廟。商売繁盛を願う地元の人々も多いので、熱のこもったお祈りが端々から感じられます。さらに、ここは地下道にある占いストリート「行天宮算命街」が評判。お参りの後にぜひ個性的な占いにも立ち寄ってみて(日本語OKのブース多数!)。

 

受験生は「孔子廟」で合格祈願を

学業成就を願うならば、儒教の創始者である孔子を祀った孔子廟(コンツーミャオ)へ。孔子廟は台湾各地に点在しますが、台北のそれは民間から国に寄贈された(後に台北市に移管)由緒正しい廟。受験シーズンともなると多くの学生が参拝に訪れます。難しい試験に合格することを意味する「金榜題名」と書かれたクッキーや学業御守は、おみやげに好評だとか。

 

穴場の「保安宮」で無病息災をお祈り

孔子廟まで足を運んだならば、一緒に参拝したいのが保安宮(バオアンコン)。医療・医学の神様で実在した名医「保正大帝」を主神として祀っており、健康運アップや長寿祈願に訪れる人が後を絶ちません。さらに建物自体もユネスコから文化資産保存賞を授与されるほど、歴史的に貴重なもの。寺廟の美しい装飾芸術にも注目しながら、お参りをしましょう。
台北のホテルを探す

台北への航空券を探す

台北旅行・ツアーを検索

Photo by Tourism Media