シンガポール・セントーサ島3つのビーチでアクティビティを満喫!

シンガポール・セントーサ島3つのビーチでアクティビティを満喫!

都会的なイメージのシンガポールですが、本島と橋でつながっているセントーサ島はリゾート気分を手軽に満喫できます。セントーサ島のビーチはよく整備されており、アクティビティが豊富。季節を気にせず一年中訪れることが可能で、家族連れにもおすすめです。
そんな、手軽に行けるセントーサ島の3つのビーチの特徴とおすすめのアクティビティについてご紹介します。

セントーサ島のビーチはこんなところ!

セントーサ島

セントーサ島には、シロソビーチ、パラワンビーチ、タンジョンビーチの3つのビーチがあり、それぞれ異なった特徴があるので、誰と旅行するか、どんなことがしたいか、今の気分などでビーチを選ぶことができます。セントーサでは人工ビーチのため残念ながらサンゴ礁や熱帯魚は見られませんが、水は透明度が高いエメラルドグリーンで、小さなお魚も泳いでいます。

レストラン、バーや設備が充実!

セントーサのビーチには、公共のシャワーやロッカーが多数設置されていますし、レストラン・バー「ビーチクラブ」と呼ばれる施設が点在しており、ビーチを見ながら食事ができます。ビーチクラブはリクライニングチェア、プールなどを完備しているので、使用料を払ったり、規定以上の金額の飲食をすれば、設備を使うことができます。

設備や料金設定はお店によって異なりますが、プールやデッキチェアはお店で飲食をすれば金額を問わず使用が可能なことが多く、ラウンジソファやカバナ(屋根付きで囲いのあるソファ席)、デイベッド(マット付きでフラットになる広めのリクライニングチェア)は、お店によりますが、大体200~300シンガポールドル(約16,000~24,000円)分くらいの飲食が必要なところが多いです。

レストラン、バーや設備が充実

ほとんどのビーチクラブにプールがあるので、「海はちょっと……」という方も、ビーチの開放的な雰囲気の中プールを楽しむことができます。

市内から便利なアクセス!

ビーチがあるのはセントーサ島の南側。本島からタクシーで行けば市内から30分程度とかなり近くて便利です。タクシー以外にも公共の乗り物を使って行くことも可能です。

市内から便利なアクセス

モノレールの場合
ハーバーフロントの ショッピングモール VIVO CITY3階にある「セントーサ駅」、またはセントーサ島のリゾートワールドセントーサの「ウォーターフロント駅」からモノレール「セントーサエクスプレス」で「ビーチ駅」まで乗車時間10分程度。料金は3歳以上4シンガポールドル(約300円)です。

バスの場合
オーチャードから路線バスの123番に乗れば、チョンバルを経由してビーチ駅まで行けます。少々時間はかかりますが、モノレールのように人が多くなく、ゆったりと行けます。
オーチャードロードのラッキープラザ前のバス停からビーチ駅まで所要時間約1時間(道路の混雑状況によります)、運賃2.20シンガポールドル(約180円)。

ケーブルカーの場合
1回乗り換えが入りますが、ケーブルカーでシロソビーチに行くことでもきます。

マウントフェーバー駅

まず、ブキメラの小高い丘にある「マウントフェーバー駅」が始発駅で、ハーバーフロントタワーⅡ1階外に乗り場入り口のある「ハーバーフロント駅」を経由する「マウントフェーバーライン」に乗り、「セントーサ駅」まで行きます。

セントーサ駅から少し歩き、「セントーサライン」の「インビアルックアウト駅」でケーブルカーを乗り換え、「シロソポイント駅」で降りて到着。

乗車時間は、マウントフェーバー駅からセントーサ駅まで約15分、セントーサラインはインビアルックアウト駅からシロソポイント駅まで約5分です。

マウントフェーバーライン、セントーサライン両方への乗車が可能なチケットは、大人35シンガポールドル(約2,800円)、子供(4-12歳)25シンガポールドル(約2,000円)。3歳以下は無料。

バスの場合

ビーチ駅からどのビーチへも基本的に歩いて行けますが、タンジョンビーチなど少し距離があるところもあるので、行きたい場所により、ビーチ駅を基点に10分間隔でビーチ間を運航している無料の「セントーサビーチトラム」を利用すると良いでしょう。

タイプが違う! 楽しみ方それぞれ、セントーサ島3つのビーチ

それでは、セントーサに3つあるビーチの特徴とおすすめアクティビティを紹介しましょう!

アクセス最高シロソビーチはアドレナリン放出系アクティビティが充実

アクティビティが充実

ビーチ駅から西に歩いてすぐのシロソビーチ。アクセスの良さに加え、セントーサの3つのビーチの中で一番広く、エキサイティングなアトラクションが盛りだくさん。ビーチクラブや飲食店の数も多いのでにぎやかです。

シロソビーチでおすすめのアクティビティ

・人工波でサーフィンが楽しめるWave House Sentosa

人工波でサーフィンが楽しめるWave House Sentosa

人工波を起こすマシンでサーフィンをするスポーツ「フローボーディング」ができる2つの異なるマシンが設置されており、初心者・子供から上級者まで楽しめます。

Wave House Sentosaに設置されている、レベルに合わせて楽しめる2つのマシンは以下です。

The Double FlowRider
初心者向け。時速32㎞ほどの波がゆるやかな傾斜の上を流れます。インストラクターがついてくれるので、初心者でも安心。ボディボードもでき、子供でも楽しむことができます。

料金
・Catch a Wave(ボディボード)
1回利用: 平日12シンガポールドル(約970円)、土日祝日15シンガポールドル(約1,200円)
・Double Flow Rider(フローボーディング)
1時間:平日35シンガポールドル(約2,800円)、土日祝日40シンガポールドル(約3,200円)

The Flowbarrel
上級者向け。ダイナミックな時速48㎞の波が楽しめる!コツが学べるプライベートレッスンも実施。

料金
30分セッション 30シンガポールドル(約2,400円)
15分のプライベートレッスン 55シンガポールドル(約4,400円)

注意事項:
・The Flowbarrelは火曜・木曜休み。
・各セッションは3人以上の参加者が集まらないと行われません。
・登録・支払いは希望セッションの30分前に済ませていなければいけません。
・写真付きIDの提示が必要です。
・ボディボードは身長107㎝以上から参加可能。
・フローボーディングは身長133㎝から参加可能。
・酒気を帯びた方の参加はできません。

Wave House Sentosa
住所:36 Siloso Beach Walk, Sentosa, 099007
TEL:+65 6377 3113
営業時間:月~金 11:30am – 9:30pm、土、日、祝 10:30am – 9:30pm
(各マシンの稼働時間は要確認)
公式サイト(英語):https://wavehousesentosa.org/

・リゾート風景の中でスリルを味わえるアクティビティも豊富

リゾート風景の中でスリルを味わえるアクティビティも豊富

AJHackettでは、バンジージャンプ、ミッションインポッシブルばりに垂直に壁を降りるヴァーティカル・スカイウォーク、ワイヤーで吊るされ時速120kmで急降下するジャイアント・スイング、地上40mの遊歩道スカイブリッジ、と、スリルが大好きな人の欲求を満たすアトラクションを提供しています。

AJHackett
住所:30 Siloso Beach Walk, Sentosa, 099011
TEL: +65 6911 3070
営業時間:月~ 木 1:00pm – 7:00pm、金 1:00pm – 8:00pm、土、日、祝 12:00pm – 8:00pm
公式サイト(英語):https://www.ajhackett.com/sentosa/

Mega Adventure Park

Mega Adventure Parkでは、ワイヤーに吊るされて450mもの長さを時速60㎞の速さで急降下するジップラインや、子供も楽しめるバンジートランポリンなどで遊べます。

Mega Adventure – Singapore
住所:10A Siloso Beach Walk, Sentosa, 099008
TEL:+65 3163 4398
営業時間:11:00pm – 7:00pm
公式サイト(英語):https://sg.megaadventure.com/

・ビーチクラブもアクティビティを提供

ビーチクラブもアクティビティを提供

シロソビーチ沿いには、ジェット水流の力で海面に浮くジェットパックやバナナボート、スタンドアップパドルボードの設備を揃えたビーチクラブや、レストラン、バーがびっしり並んでいます。ハワイにインスパイアされたフードメニューのOla beach clubや、バリ風のメニューが楽しめるBikini Barなどフードにこだわったビーチクラブも多いので、気分次第で過ごす場所を選べますよ。

Ola Beach Club
住所:46 Siloso Beach Walk, Sentosa, 099005
TEL: +65 6250 6978
営業時間:月~ 金 10:00pm – 10:00pm、土・日 9:00am – 10:00pm
公式サイト(英語):http://www.olabeachclub.com/

Bikini Bar
住所:50 Siloso Beach Walk # 01-01, Sentosa, 099000
TEL: +65 6631 8938
営業時間:月-木 2:00pm – 11:00pm、 金 2:00pm – 1:00am、土 11:00am – 1:00am、日 11:00am – 11:00pm
公式サイト(英語):http://www.bikinibar.sg/

小さい子も楽しめる! ファミリー向けのパラワンビーチ

小さい子も楽しめる

パラワンビーチはビーチ駅から東へ向かって少し歩いたところにあります。パワランビーチには、子供の楽しめるアトラクションが多く、ファミリー向けの雰囲気です。

パラワンビーチでおすすめのアクティビティ

・無料で楽しめるThe Palawan Pirate Ship

無料で楽しめるThe Palawan Pirate Ship

The Palawan Pirate Shipは、なんと無料で水遊びのできる施設です! 無料ですが、シャワーやロッカーや休憩のできるベンチなどもあり、子供をゆっくりと遊ばせることができます。

・動物を身近に見られるThe Palawan Amphitheatre

動物を身近に見られるThe Palawan Amphitheatre

パラワンビーチから陸地に入ったところにあるThe Palawan Amphitheatreは、動物のショーを見せる小さなシアターで、毎日午後2時、3時、4時、5時に、動物(主に鳥類)を間近で見たり一緒に写真を撮ることのできるイベントをやっており、こちらも無料です。

Palawan Amphitheatre
住所:81F Palawan Beach Walk, Sentosa, 098524
TEL: +65 6250 6978
公式サイト(英語):https://www.sentosa.com.sg/explore/attractions/animal-bird-encounters

KidZania Singapore

水遊びだけでなく、パラワンビーチ近くには、子供たちが遊びながら、パン職人や地下鉄の運転士など様々な仕事を体験でき、社会の仕組みを学ぶことができることで大人気のキッザニアもあります。
使われる言葉は英語になりますので、子供にはチャレンジとなりますが、その分思い出に残ることでしょう。ビーチと合わせて、お子さんは大満足の一日となるのではないでしょうか。

KidZania Singapore
住所:Palawan Kidz City. 31 Beach View #01-01/02 Singapore 098008
TEL: +65 6653 6888
営業時間:10:00pm – 18:00pm
公式サイト(英語):http://kidzania.com.sg/

料金:
・子供 (4‐17 歳) 窓口:S$58.00(約4,700円)/オンライン購入:S$55.10(約4,400円)
・大人 (18-59歳) 窓口:S$35.00(約2,800円)/オンライン購入:S$33.25(約2,700円)
・トドラー (2-3歳) 窓口:S$25.00(約2,000円)/オンライン購入:S$23.75(約1,900円)
・シニア (60歳以上)窓口:S$25.00(約2,000円)/オンライン購入:S$23.75(約1,900円)
2歳以下は入場無料。
アクティビティは4歳から参加可能。

またパラワンビーチは、コンビニや、店舗数は少ないですが、全体的に価格設定が高めのセントーサ島の中では比較的リーズナブルで利用しやすいフードコートがあります。救護室も完備されているので、お子さん連れには嬉しいですね。

パラワンビーチは、ビーチ駅の近くに子供向けの施設が多く家族連れでにぎわいますが、駅から遠く離れるほど人の数が減っていきます。ビーチサイドの抜群のロケーションで本格スペイン料理がいただけるので人気のFOCというビーチクラブがある辺りまで来ると静かで大人の雰囲気です。

FOC Sentosa

FOC Sentosa
住所:110 Tanjong Beach Walk, Sentosa, 098943
TEL: +65 6100 1102
営業時間:11:30pm – 11:00pm(月曜定休)
公式サイト(英語):http://www.focsentosa.com/

のーんびりまったり過ごせるタンジョンビーチ

のーんびりまったり過ごせるタンジョンビーチ

タンジョンビーチは、ビーチ駅から最も遠くにあり、週末には広いスペースを利用してビーチバレーをする人たちが集まるものの、施設は公共のシャワーとトイレの他はビーチクラブが一軒あるのみで、ビーチは全体的に人が少なめ。まったりと過ごしたい方には最適な場所です。
ビーチ駅から歩くと結構距離があるので、行く場合はビーチトラムの利用をおすすめします。ビーチ駅から5分ほどトラムに乗り、5つ目の停留所「タンジョンビーチ」で下車です。

年々アクティビティや施設が増え、魅力を増しているセントーサのビーチ。シンガポールへ来られたら、大都会の魅力と合わせてリゾート気分も楽しんでみてはいかがでしょうか? ビーチへ歩いてすぐの距離に、カペラ シンガポールや、シャングリ・ラ ラサ セントーサ リゾート & スパソフィテル シンガポール セントーサ リゾート & スパなど、リゾートホテルもありますので、宿を取ってゆっくり過ごすのも一案ですね。

※記事中のレートは2018年5月のものです
1シンガポールドル=約80円 で換算

シンガポールのホテルを探す

シンガポールへの航空券を探す

シンガポールの旅行・ツアーを検索